水車小屋でテアトロ

水車小屋の仲間と一緒に色々な事をやるとき、イタリア人のアイデアの豊富さに驚かされます。
もともと、最後の粉挽き職人だったトーニオさんが91歳で亡くなる直前に行なわれたインタビューが載った地元新聞の記事をオーナーさんの奥様が見せてくれたのが始まりでした。そこには粉挽き職人としての毎日、昔は人が沢山水車小屋に集まって賑やかだった事、粉は挽いても代金の支払いの受け取りは遅れるばかりだったこと、貯水池に洗濯に来た村の女性達が場所選びで喧嘩をしたりしていたこと、などが活き活きと、トスカーナの方言で綴られていました。

「これを水車小屋に来た人に聞かせてあげたいよね」という一言から始まったイベント。
てっきり1人の人が朗読するのかと思いきや・・・

水車小屋でテアトロ_f0106597_06180891.jpg

上手にインタビューを切り分けて、それぞれの水車小屋プロジェクトのメンバーが昔の人の服装で、会話形式で語るというお芝居になりました!

水車小屋でテアトロ_f0106597_06251106.jpg


たった5回しか練習していないのに、皆凄い上手。(あ、アントネッロは裏方専門なのでいません)

水車小屋でテアトロ_f0106597_06261188.jpg

写真がたくさんあるので、どんどん行きますね。


水車小屋でテアトロ_f0106597_06265461.jpg
多分、日本人が侍の格好をしたらシャレにならない位、本物感が出るのだと思いますが、この方達も同じく。

水車小屋でテアトロ_f0106597_06292387.jpg

水車小屋でテアトロ_f0106597_06280713.jpg


実は、フィレンツェの有名な劇場の演出家が我々の水車小屋グループの中に居るのです。で、衣装の一部は劇場からお借りしました♩でも自分たちで手作りした衣装もあります。

水車小屋でテアトロ_f0106597_06310720.jpg

えへへ、私も案内役としてガルツォーネのチョイ役を頂きました。
カウベルをガランガランと鳴らしながら、見に来てくれた人たちを先導する役です。

水車小屋でテアトロ_f0106597_06321966.jpg

お部屋に入りきれない程、多くの人が水車小屋に来てくれました。
皆で大笑いしたり涙ぐんだり・・・演じる方も観る方も1つになれるお芝居って最高。

いやいや、本当は本番前日のリハーサルがメタメタでどうなる事か?と本当に心配していたのですが、本番はバッチリ。
奇跡的な出来でした。

今年亡くなったオーナーさんに見せてあげたかったねって、皆心の中で思っていたと思う。
水車小屋のグループ内には、フリマグループ、メンテナンスグループ、粉挽きグループ、パン焼きグループがありますが、演劇グループも出来てしまったようです。演じる方はこれに味をしめて、来年の春にもまたやるのだとか。

そして先週末のイベントはまだまだ続くのです・・・


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







Commented by ベベアン at 2018-09-26 15:29 x
お芝居なんて素敵ー。
昔の事もわかるし、いいですよねーこういうの。
羨ましいです。
みなさん本物っぽいし(知らないけど 笑)
アントネッロさんにも出てほしかったなあ。
仲代達矢さん似の人が居る 笑
Commented by すぷーん at 2018-09-26 15:45 x
まー すばらしいの一言です!
見せて下さって ありがとうございます

そして
「今年亡くなったオーナーさんに見せてあげたかったね
きっと この状況を喜ばれて観ておられますね*
Commented by Momo Ireland at 2018-09-27 09:42 x
舞台セットがないのに時代背景に違和感ないってところがすごい。時間が経って変わったのは洋服だけ?みんなが進んで参加するという、このコミュニティの絆、すばらしいですね。
Commented by chiyo at 2018-09-27 15:52 x
大人がとことん楽しんじゃってる!
いいですね~
楽しさがこちらにも伝わってきます。
Commented by sinsheim at 2018-09-30 05:20
うちの水車小屋でもお芝居やコンサート、朗読会をすることがありますが、趣のある背景に衣装まで揃うとパーフェクトですね!いつかイベントにお伺いしたいです。
by lacasamia3 | 2018-09-26 06:39 | 水車小屋物語 | Comments(5)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho