新しい仲間

水車小屋に行く途中、小麦を売ってくれる農家さんに寄った時のこと。農家のおじさんに、「chiho、この人も昔、水車小屋をやっていたんだよ」とある方を紹介されました。
その方は、いつも杖をついて犬を連れていて、農家さんの所で何度かお見かけした男性でした。「こんにちは、私たちはこの近くの水車小屋を直しているんです」ってご挨拶したら、ロベルトさんは私たちを見て、すぐに「粉挽き職人は誰だい?」って(笑)。

彼の名前はロベルトさん。1937年生まれで、現在81歳。水車小屋の家に生まれ、1968年まで粉挽き職人として水車小屋を守っていたのだそうです。1966年11月のフィレンツェ大洪水の際、周辺地域も大きな水害があり、彼の水車小屋の水路も回復出来ない程、濁流で破壊されてしまいました。当時、家庭でパンを焼く人が居なくなり、大量生産の粉が流通し始めた為に、既に粉挽きの仕事が激減していて、残念ながら長く続いた粉挽き所を閉めてしまったのだそうです。

私たちがやっていることを伝えたら、瞳を輝かせて「来週、絶対見に行くから!」と。
そして、先日、私たちの粉挽きを見に来てくれました。

f0106597_05453584.jpg

考えてみれば50年前に廃業されたはずなのに、メチャメチャ現役のロベルトさん。
椅子を勧めても、「ここが良い」と小麦の槽の角にちょこんと座る。どうやら粉挽き職人の定位置のようです。


f0106597_05453427.jpg

ロベルトさん、段々力が入って来て、既にここで杖はバーンと投げ捨ててる(笑)


f0106597_05453533.jpg

粉のチェーック!


f0106597_05453466.jpg

「まだまだだね」と言われるアントネッロ(苦笑)
周りから、えーそうなの?って言われて、笑いながら「キリストが老衰で死んだって言えないだろ。それと同じことさ(ウソは言えない)」だって。よしっ!ロベルトさんから合格点をもらうという新たな目標が出来て、俄然やる気になるアントネッロ。めちゃめちゃ真剣。


f0106597_05453538.jpg

この方は、ロベルトさんのワンコ、キアラちゃん。一応リードつけてますが、ロベルトさんが杖をつくのに忙しい時は、自分でリードをズルズル引きずって、彼について行きます。この時も、リードはぷらーんと地面に落ちてて、粉挽き所の入り口でじっと我慢強く待っていました。

f0106597_05453414.jpg


ね、嬉しそうでしょ。


f0106597_05453566.jpg


私たちも嬉しい。
ようこそロベルトさん。これから私たちに沢山のことを教えて下さい。


美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






Commented by maka at 2018-08-15 07:36 x
凄くいいお話‼
Commented by コアラケイコ at 2018-08-15 08:34 x
感動的なシーンの数々!朝から胸が一杯!いいですね ほんとうに 美しい光景ですね 
Commented by shiro at 2018-08-15 08:39 x
悲しい別れの後には、新たな出会いがあるんですね。
人生って素晴らしい!
Commented by いずみ at 2018-08-15 10:25 x
ステキですね!昔の先輩の知識を受け入れて現代に活かしていく、大切なことだと思います。今までの水車小屋復活までも素晴らしかったですが、またさらにステージアップですね。これからも投稿楽しみにしています。我慢強く入り口で「待て」ができているキアラにも感心してます!かわいらしい!
Commented at 2018-08-15 11:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by epix at 2018-08-15 16:34 x
涙脆くなってるのかな。なんか目から汗が・・・
短い映画を見せてもらったような感じ。
Commented by junjun at 2018-08-15 20:13 x
どんなに(o^_^o)嬉しい事かしら、ロベルトさんの心躍るお気持ちが伝わってきました(*^^*)
アントネッロ御主人の真剣な笑顔が😃印象的です!
文章を作る千穂さんのドキュメント\(^o^)/素晴らしい(*^^*)
ロベルトさんの愛犬もお利口ちゃん(^_-)
千穂さん充実してますね(@^▽^@)
Commented by tawaraya at 2018-08-15 20:43 x
すごくおりこうさんなワンちゃんですね~ロベルトさんのお話、BS日テレの小さな村からイタリアみたいですね~
(追伸)インゲンのサラダ作りました!インゲンはついついくたくたにゆでること忘れます・・・がおいしかったです。定番になりそうです。
Commented at 2018-08-16 12:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chiyo at 2018-08-16 14:26 x
素敵な出会いですね~!
楽しみながら本気で何かやってると、人だったり場所だったり、必ず良い出会いがあるような気がします。
Commented at 2018-08-16 21:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かなぴょん at 2018-08-21 01:11 x
素敵ですね。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:14
makaさん、イタリアに住んでもう20年が経ちますが、この水車小屋の活動を2年間やって来て、イタリア人との距離がグンと近づいたような気がします。日本人と同じなんだなーって。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:15
コアラケイコさん、水車小屋も美しいんです。長い間少しずつ大切に手入れされながら年を重ねて来た美しさだと思います。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:16
shiroさん、誰も決していわないけれど、今やっていること、やれていることをジュゼッペさんに見せたかったなって全員がいつも思っていると思います。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:18
いずみさん、キアラ可愛いでしょ〜。お爺ちゃんがリードのこと忘れて杖をついてひょこひょこ歩いて行っちゃうと後ろから、「しょうがないなあ」って感じでリードを引きずりながらついて来るの(笑)
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:20
鍵コメcさん、高齢の方の知識はそれはそれは素晴らしいものがあって、いつまででも話を聞いていたい程なんです。何故か、私、シルバー担当で、グループにお爺ちゃん仲間を増やして平均年齢を上げています(笑)
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:21
epixさん、これだけ団結するイタリア人を見るのは初めてかも(爆)。いやいや、それぞれは好き勝手なことをしているのですが、同じ方向に向かっているみたいな・・・・
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:22
junjunさん、パン焼き、是非お見せしたいです(冬は寒いですが)。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:24
tawarayaさん、おおーインゲンのペポーゾ、美味しいでしょ?お弁当にも良いかも。炒めないで茹でるだけだからとってもヘルシーです。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:25
鍵コメAさん、いえいえ、のんびり更新なのに見に来て下さって有り難うございます。そしてコメントも感謝です。これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:26
chiyoさん、そうそう、その通り。宣伝しなくても、楽しそうに何かを本気でやっていると、良い出会いが自然とやって来るものなんですよね。不思議。
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:27
鍵コメkさん、あはは、母達は11本ずつ持って帰りました。ゴーヤのサラダ、定番になって嬉しいです。kさんにも水車小屋とパン作りお見せしたいな。またいつかトスカーナにいらして下さいね
Commented by lacasamia3 at 2018-08-28 00:28
かなぴょんさん、お金で解決しない楽しみをジワジワ感じています。イタリア人のグループ行動って面白過ぎ(笑)誰もまとめないのに、同じ方向に皆向いていて、結果オーライなんです。
by lacasamia3 | 2018-08-15 06:16 | 水車小屋物語 | Comments(24)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho