イタリア風資金調達


f0106597_02275860.jpg
水車小屋の仲間とのNPO設立、ゆっくりですが着実に進んでいます。
今までは、物々交換や人の助けを得てここまで資金ゼロで来れたのですが、会計士と公証人への礼金には2000ユーロ(日本円で約30万円)どうしてもお金が必要。
1人15ユーロずつの年会費を前倒しで集めてもほんの一部の足しにしかなりません。その後、パンを売るイベントで、ベースになる資金を随分と集めました。それでもあと3万円程足りない(涙)。

3万円だったら、有志から1人3000円ずつ集めても良いんじゃない?って思うけど、ココはイタリア。「足りないなら稼ごう」ということで、メンバーから古着や鞄、電気製品やベビー用品などを集めて、フリマで売って資金を集めることにしました。
こういう時のイタリア人の団結力って凄い。そしてアイデアも豊富。こうしたら良い、ああしたら良いと色々工夫して、ジャーン!売り上げの合計は7万円に達しました(パチパチ)

率先して参加していたのは同じ名前のダブルSちゃん。二人とも、普段は事務職ですが、洋服が大好きで、ショップスタッフをしてみたかったんだそうで、大張り切り。フリマだから1ユーロ〜5ユーロのものなのに、大量に売って合計で500ユーロになりました。途中、「水車小屋直してるんだって?これも売ってよ」と近所のおじさんがいらない物を寄付してくれたり。集まった資金もだけれど、こうして繋がった縁もまた収穫の1つ。全員が楽しんで、素晴らしい日曜日を過ごせ、やって良かったなあって思いました。

早速、集まったお金を持って昨日、会計士の所へ(汗)。
すぐに払うつもりだったけど、先ずはNPOを設立して、銀行口座を開いて、そこにお金を入れて、設立資金と計上することを進められました。ふーん、なるほど。
来月の半ばに公証人の前でサインをして正式に設立です。

色々楽しみ♩


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






Commented by えん at 2018-06-27 16:50 x
マネキンのさりげないコーディネートにさすがイタリアって感じがします。
Commented by tawaraya at 2018-06-28 20:31 x
本当にすてきなお話。憧れます。
Commented by lacasamia3 at 2018-07-03 20:34
えんさん、ショップスタッフに憧れているSさんが(普段は事務職)何回も着せ替えして楽しんでいました(笑)
Commented by lacasamia3 at 2018-07-03 20:35
tawarayaさん、お金集めも楽しんじゃうのがイタリア風だなあって思います。
by lacasamia3 | 2018-06-26 17:41 | 水車小屋物語 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho