挽きたての粉で最初に作ったものは・・・

f0106597_19510983.jpg

今日はどよーんと朝から雨でした。
フィレンツェは明日まで雨。その後は暫く晴天が続くようです。インゲン豆を蒔かなくては!

さて、土曜日に挽いた粉をすぐに使いたかったアントネッロは、日曜日のランチに使いました。何を作ったかと言うと・・・

f0106597_19514931.jpg
じゃーん!パスタ(パンじゃないのね)
挽きたての粉で焼いたパンも美味しいけれど、パスタだって美味しい。粉の香りが強いです。
f0106597_19533013.jpg
グレーっぽいのは、粗い目のふるいで一度しか粉をふるっていないから。
イタリアでは小麦粉(軟質小麦の場合)は強力粉、薄力粉という区分けではなく、0(ゼロ=日本の強力粉に相応)、00(ゼロゼロ=日本の薄力粉に相応)という区分になります。実際には2〜00まであって、それぞれ、ふるいの網目の細かさを示すのだそうです。00はとても細かくて大量生産の製粉工場でないと作れない細かさ(小麦の栄養価は殆どありません)。通常、小さな製粉所では2〜0の間です。この粉はきっと2だと思う。最低限、人間が消化しにくいふすまの部分だけを取り除いて、残りは細かく挽いているので栄養価がかなりあるはず。いつか、この粉の栄養価を検査してもらいたいな。

味は・・・お、美味しいっ!(自画自賛ですみません)
水車小屋云々は抜きにしても滋味深く、香り高い粉です。小麦の種類はヴェルナ(Verna) というトスカーナで昔から栽培されて来た古代小麦。

アントネッロはすっかり粉挽きにはまってしまい、今週末も水車小屋に行くそうです。

しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by nanonano036 at 2018-05-23 08:30
自分でひいた粉でパスタ!
手がかかっている分、味もひときわ、なんでしょうね。
私は料理があまり好きではなかったのですが、この5年くらいは、やはり手作りにはかなわない!と思い、楽しんで料理しています。
昨夜、初めてのスロークッカーで、煮豚を作りました。
今日頂きます。
Commented by africaj at 2018-05-23 23:36
何作ったのかと思って楽しみにしてました。
水車で挽いた古代小麦のパスタなんて、そりゃあ美味しかっただろうな~。
これでパンを焼く記事も今から楽しみ!
あはは我が子のように可愛いでしょうに。アントネッロ、水車小屋に泊まり込んじゃったりしてねw
Commented by chawatamago77 at 2018-05-25 08:46
はじめまして、ちゃわと申します。
美味しそうなパンやパスタ、そして雄大な景色に魅了されました。
行ってみたいです。フィレンツェへ。
フォローさせてください(*'ω'*)
Commented by momo at 2018-05-25 13:34 x
小麦粉の解説、とても勉強になりました。
イタリア料理教室でいつも『ティーポ00』を使ってました。
パスタもお菓子も。
先生は「日本の小麦粉で作るなら薄力粉で」「強力粉で」と教えてくださるのですが、
決め手となっている違いがわからなくて。
小麦粉の世界って奥深いですね。
ひきたての濃い色の小麦粉で作るパスタは、しっかりした風味で美味しそうです。
『バッボの手作りプーリア料理』を拝読しています。
お料理も美味しそうですが、エッセイが大好き。
あちこちに登場するユキちゃんの姿に、
「こんなにちっちゃかったのにねえ」って、
親戚のおばちゃんのような気持ちになってます。
Commented by lacasamia3 at 2018-05-28 06:46
ちゃわさん、こんにちは。フィレンツェって外側は豊かな緑で囲まれています。フィレンツェにいらしたら是非、街を飛び出して、郊外にも行かれてみて下さい。フォロー有り難うございます♩どうぞ宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2018-05-28 06:48
momoさん、小麦粉の違いってふるいの網の目の細かさで決まるって、私も割と最近知りました。粉の世界は奥が深くて、目からウロコの連続です。本を読んで下さったんですね。大変有り難うございます。プーリアはトスカーナと違って硬質小麦(グラーノ・ドゥーロ)の文化なんですよ。
by lacasamia3 | 2018-05-23 02:37 | 水車小屋物語 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho