水車小屋プロジェクト、またちょっと前へ

f0106597_20202720.jpg

アントネッロが仕上げたタービンの芯を、いよいよ水車に取り付けることになりました。
f0106597_20225213.jpg

力仕事が多いタービンの作業は男衆が中心になって進めています。

f0106597_20251874.jpg

かなり重いので数人がかりで。
なんか楽しそう。全員、電気ドリルとかチェーンソーが使えて、溶接も出来る頼もしい仲間です。
f0106597_20315784.jpg

一番の力持ちはやっぱりアントネッロ。「タービン部」でも親方やってる。皆、子供の頃のボーイスカウトみたいに楽しんでいます。

f0106597_20340263.jpg

ここが石臼の真下の部分。ここにタービンを取り付けて、羽を付け、水を流して回します。
私はここで時間切れ。午後の仕事のため、駅までAちゃんに送ってもらって、フィレンツェ行きの列車に乗りました。

さて今年は果たして水車が回るのか?!
お楽しみに....


しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by Corvallis at 2018-05-02 14:01 x
水車小屋プロジェクト、楽しみにしてます!
Commented by take at 2018-05-02 17:56 x
トンネルの水路の中にタービンを設置するのですね!
臼を回す仕組みが分かってきました。同時に作業の大変さも。

頑張れ~
Commented by lacasamia3 at 2018-05-04 00:17
Corvallisさん、急がずゆっくり、でも着実に前にすすんでいます。いよいよ羽根もつけますよー
Commented by lacasamia3 at 2018-05-04 00:18
takeさん、そうなんです。2枚目の写真が建物の一階にあたり、最後のトンネルはその真下、地下の部分です。ここに水が流れるのです。
by lacasamia3 | 2018-05-01 20:18 | 水車小屋物語 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho