ハーブ博物館〜サンセポルクロ


ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06170621.jpg
さて、今回の大人の遠足の目的地はサンセポルクロという街。
ここで、マルケ州側から、ウルビーノの近くの住んでいるyukikoさんと待ち合わせをして、ランチをご一緒し、この博物館を訪れました。
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06270377.jpg
イタリアの野草に詳しいyukikoさん、日本の野草に詳しいakikoさんと一緒に、私もsawakinaちゃんにとっても、とても興味深い見学となりました
ここのミュージアムは、Abocaという企業が運営しているらしく、公立の博物館よりもちょっと豪華なんです。展示が素晴らしい。
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06295373.jpg
このシャンデリア♩
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06352437.jpg

ボタニカルアートがお好きな方に是非見て頂きたい植物図鑑の部屋。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06341335.jpg

写真や映像がない時代、植物の特徴をいかに記録するかということに魂を注いだ人々の傑作です。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06365845.jpg
本当に細かくて、緻密。
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06384173.jpg

好奇心おう盛な4人で見ると、それぞれ面白いものを発見。sawakinaちゃんが、本の展示ケースの端に必ず置いてあるドライフラワーを発見しました。きっと虫除けの効果があるのでしょうね。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06400947.jpg
薬草にとっては容器も大切。
ガラスの容器と、陶器の容器はそれぞれの展示室に分かれています。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06412456.jpg
壷の中には、真ん中に中に入れたハーブの名前を書き込むスペースがあるものもあります。
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06425146.jpg


そして、このお部屋。
じゃーん。思わず、海老反りになって写真を撮りたくなっちゃう。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06435630.jpg

昔を再現して、天井から色々な種類のハーブがぶら下がっています。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06455519.jpg

展示室のあちこちには、こうして実際のハーブやスパイスが置いてあり、手で触ったり匂いをかいだりすることが出来ます。yukikoさん曰く、この右下のpsillioは今もエルボリステリーアで売られていて、水にふやかして飲むと便秘に良いらしいです。便秘で悩んでいる訳ではないけれど、月1でデトックスが出来るらしい・・・とちょっと興味あり♩

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_06582408.jpg
蒸留の道具や鍋なども展示されています。ハーブを潰すのも大量に行なうのは大変なので、滑車のし組みを利用した道具が使われていました。
ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_07010670.jpg
注ぎ口も全てガラスで出来ている容器。Vino con acqua marina ( 海水入りワイン)だって!「もの凄く不味いものとか臭いものを飲ませると、意識が戻るんじゃない?」とか、皆勝手なことを言いながら大笑い。
Teriaqueと書いてある容器を見て、これは「照り焼きソースが入ってる壷だ」とか(笑)。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_07034680.jpg

これは、病気と、その病気に効く聖人、その聖人のお祭りの日の早見表。
Disperati dai Medici (医者に見放された人)は聖パンタルコ、Poverta' ( 貧しさ) には聖サビーノ、なんていうのもありました。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_07095140.jpg

ワンフロアーのみで9部屋の展示室だけの小さな博物館なのに、じっくり2時間半かけてみてしまった私たち(笑)。楽しかったなあ。
私とsawakinaちゃんは日帰りで戻り、akikoさんはyukikoさんと一緒に車で南マルケに向かいました。

ハーブ博物館〜サンセポルクロ_f0106597_07112873.jpg



アボカミュージアム ABOCA MUSEUM
無休(但し、12月25日、12月26日、1月1日は休館)
4月1日〜9月30日 10:00-13:00 15:00-19:00 10月1日〜3月31日 10:00-13:00 14:30-18:00
Via Niccolo' Aggiunti 75, Sansepolcro ( AR)
www.abocamuseum.it

フィレンツェからこの美術館のある街サンセポルクロとアンギアーリを周るワンデイトリップを組んでいます。
詳細はページが出来上がり次第お知らせします。
しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by la_mia_coccolina at 2018-04-30 12:25
chihoさん、こんにちは~
この美術館、本当に興味深くて面白そう!
昔ながらの道具にも惹かれるし、病気に効く聖人の早見表だなんて面白い!
わくわくしてしまいました♪
Commented by lacasamia3 at 2018-05-02 03:10
la_mia_coccolinaさん、ここの美術館、全てが美しくて素敵でした。昔から大切に使われて来た道具の美しさがあります。是非是非、アンギアーリとセットで訪れてみて下さい。
by lacasamia3 | 2018-04-30 07:23 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(2)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho