月に一度のフィレンツェの蚤の市、サンタンブロージョ市場

f0106597_22371857.jpg
昨日はアパートのチェックインの前に、サンタンブロージョの蚤の市に寄りました。昔はチョンピの市場と呼ばれていましたが、今はサンタンブロージョの朝市の建物の周りで毎月第四日曜日に開かれます。
丁度、私が良く車を停める地下駐車場の目の前なのです。
f0106597_22442835.jpg
やっぱり楽しい。
それぞれに専門があって面白いんです。このお店は玩具専門。
ミニカーを真剣にじーっと見つめるおじさん達。
f0106597_22454087.jpg
ボロボロの人形とか家具とか、一見するとガラクタですが、中には面白いものが隠れています。

f0106597_22504591.jpg

家具ばっかり見ている人、古着専門の人、壊れた電話とかラジオをしきりと触りまくる人(笑)。来る人にもそれぞれこだわりがあって可笑しい。
f0106597_22471611.jpg



私はここが好き。陶器専門店。リモージュやジノリのカップ&ソーサーが大体8ユーロ均一。特に陶器好きという訳ではないのですが、それでもあれこれと見るのは楽しいもの。

f0106597_22515675.jpg


で、出会ってしまった!見つけてしまった!
ちょっと前から紅茶用のカップが欲しかったのですが、大きめのものは苦手でうーんと思っていたのです。そしたら、私の好みの大きさにピッタリの2客セットを見つけてしまいました。実は、朝、車を停めて仕事に行く途中に一回見て、「もし帰りにまだ売れ残っていたら買おう」って決めていたんです。で、私を待っててくれたの(喜)。これは出会い。1客8ユーロ×2客で、16ユーロのところを15ユーロにオマケしてくれました。

マイセンっぽいけれど、これはかなり昔のブルーダニューブという、マイセンのコピー品で日本製です。

f0106597_22552801.jpg

REG U.S. PAT OFFと書かれていて、きっとアメリカ市場に輸出する用に作られたのでしょう。
コピー品でもそれなりに古いもの。日本で生産されて、長い年月をかけてイタリアのフィレンツェで私と出会ったのも何かの縁、大切にしたいと思います。

以下に蚤の市情報をまとめたので宜しければ読んでみて下さい。



しばらく新刊のお知らせを表示します。
2月22日Amazon、書店にて発売開始しました

美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ (旅のヒントBOOK)

奥村 千穂/イカロス出版

undefined




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by kyoko at 2018-03-29 10:58 x
いつも楽しく読ませていただいています。
7月にフィレンツェに行く予定なのでサンタンブロージョの蚤の市に是非行きたいと思いました。が、別のサイトをに開催は最終日曜日で、7月は休みとの記載を目にしました。7月22日は開催予定か、もしお分かりのようであれば教えていただければ幸いです。よろしくお願い致します。
Commented by kyoko at 2018-03-31 09:02 x
いつも楽しく読ませていただいています。
サンタンブロージョ蚤の市に7月第4日曜日に行く予定にしています。いろいろ調べていましたら、最終日曜日(5週目も有り)の開催で、7月は開催されないとの内容の記載がありました。果たして7月22日は開催されるのでしょうか?教えていただければ幸いです。
Commented by lacasamia3 at 2018-04-02 18:19
kyokoさん、5週あっても第4週だと思います。7月後半は夏休みに入る人が多いので、街に居る人が少なくなり、こうした蚤の市もお休みになります。7月、8月の両方がお休みになるか、果たして7月22日は開催されるのか分からないのですが・・・
by lacasamia3 | 2018-03-26 23:19 | フィレンツェお薦め処 | Comments(3)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho