洗剤はこんな風にして詰め替えます

洗剤はこんな風にして詰め替えます_f0106597_02245513.jpg
ちょっと分かり難かったと思うので、昨日スーパーに行った時に、洗剤を買ってみました。
これは私のマイボトル。これを注ぎ口に置いて、ボタンを押すと適量まで洗剤が出て来るのです。左が洗濯用洗剤で、右が食器用洗剤。
そして出て来たレシートのシールをぺたっと貼っておしまい。
これをしたくて、毎回,もう何年もこのスーパーに行っています。まんまとスーパーの戦略にひっかかっていますが(笑)、このスーパーのゴミに対する姿勢に共感出来る部分もあり。

例えば、歯磨き粉。あれ、どうして紙の箱に入っているんだろう?って思いませんか?紙の箱は全く必要がなくて、買ったらすぐに捨てちゃうのに。しかも、ちゃんとプラスチックのチューブに入っているのだから、練り歯磨きの容器としては全く関係ない訳で。
ここのスーパーオリジナルブランドの練り歯磨きは、紙の箱が付いていなくて、ツルッとチューブ入りで売られています。

ゴミ対策は個人もそうだけれど、量販店がもっと積極的に取り組むべきだと思うんです。
イタリアでは、生分解性プラスチックという微生物によって分解されるレジ袋(有料)以外、通常のプラスチックのレジ袋の使用は法律で全面禁止されました。有料のエコレジ袋はすぐ破れちゃうので(笑)、皆、マイショッピングバックを持って買い物に行きます。
通常、野菜は種類別に好きな量を袋に入れて、量りで重さを量るのですが、この袋もまた生分解性プラスチック袋です。

これらのエコ袋は分解されるので、生ゴミを出す時に使えます。我が家では生ゴミはコンポストにしているので、ゴミとして出した事はありませんが、市街地には生ゴミ用のゴミ箱があって、このエコレジ袋や量り売りの野菜の袋に生ゴミを入れて、そのゴミ箱に捨てる事が出来ます。これらも最終的にはコンポストになります。

買った商品は自分が持って来たマイショッピングバックに入れる事が普通になってしまっているので、敢えて言わないとエコ袋はくれないし、袋代は、お会計に加算されます。

段ボール箱もバシバシ貰って良いので、私はいつも、カートで、売り場で商品を並べている店員さんから段ボール箱を貰って、それに商品を入れ、自動レジで自分でお会計をして、段ボールごと車に積んでいます。この方が安定して運び易いので。
勿論、段ボールは巻きストーブや石窯の焚き付けに使います。火を点けるのに必要の無い人は、紙ゴミとして出せば良い訳です。

この国では、日常生活の中で、ゴミを出さない工夫が割と沢山見つかります。

大量に生産して、消費して回転して行く経済世界の中では、だからイタリアは経済が発展しないのか(笑)車はトコトン長く乗る、ちょっとやそっと物が壊れても捨てない、お歳暮やお中元がないし、流行もない国なので・・・。

日本では、色な所でビジネスを考える人が居るから、ゼロウェイストの発想が何かのビジネスに繋がって、もっとその意識が広まれば良いなって思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by sn0115 at 2017-03-03 06:44 x
Sono d'accordo ! 賛成です。そろそろ落ち着いた国であって欲しいです。
Commented by salam2002 at 2017-03-03 10:27
そうですね。
普段は生協を利用しているので、買い物にはあまり行かないのですが、外出時、帰りに立ち寄る買物時には、レジ袋をもらうことになれてしまいました。
もう一度、マイバッグ持ち歩くことにします。
3月3日再スタート。良いかも。
Commented by africaj at 2017-03-03 17:04
こういうのいいなー。
イタリア偉いな。
これについてくる人がいるから始められるのだものね。
日本も洗浄してプラの日に分別して出せるんだから、
マイ容器持って買いにいけるはずなのにな。
そろそろ始まってもいいよね。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-03 17:29
sn0115さん、日本の良い所も沢山あるし、逆に丁寧できちんとしている日本人だからこそ、こういうシステムは可能なのでは?と思うんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-03 17:31
salam2002さん、マイバックとか、マイ箸って日本は何だか使うのが勇気が居る様な感じもありますが(レジの人の手際が良すぎてマイバックを出すタイミングを失ってしまうみたいな・笑)、逆に、「言わないとくれない」方式になると自然と持って行くものなんです。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-03 17:34
africajさん、手間で言うと、洗って、プラスチックの日まで溜めておいて、その日に決められた場所に捨てに行かなきゃいけないのと、洗って、それを持って直接スーパーに液体を買いに行くのだと、後者のほうが一手間少ないんだよね。しかも、そのスーパーに行く癖がつくから、スーパーの売り上げアップにもなるし。効率とか、新しい発想の先端を行く日本で、これがメジャーなスーパーで取り込まれていないのは結構不思議だなあと思います。
Commented by itc at 2017-03-03 19:11 x
はじめましてのコメントです。
いつも楽しく拝見しています。
細かい点は詳しくないのですが、日本ですと、詰め替え容器の洗浄・殺菌など、衛生面の制約があって事業化が難しい。。。と聞いたことがあります。
このようなアイデアを試みた会社はもちろん日本にもあったのですが、食品だけでなく、化粧品等でも条件をクリアして事業にするのは大変なのだそうです。
水が無料で汲めるスーパーはあるんですけどね。
規制が緩和されていけばいいなと願っています。

一方で、確かに高温多湿な季節もある日本では、
容器をしっかり乾燥させずにカビが出たりしそうなので、
慎重になるのも然り、とも思います。
こういうシステムを導入する製品なら、きっと保存料無添加でしょうから。
Commented by patola at 2017-03-04 12:57 x
今回のこと少々考えてしまいました。私はマイバッグを持ち歩いています。容器は詰め替え用にしダンボール箱だけでなく紙や箱やロール芯なども全て回収に出します。最近の箱は解体すると一枚の紙の様になり考えた人は天才!なんて思いながら。もちろん瓶や缶も回収です。確かに不必要なものは多いかもしれませんね。でもここにも様々な仕事が生まれ雇用ができ経済が活性化している。全て要らないとなると事業や雇用者は今度はどこに行くのだろうかと考えるのです。とても難しい。とりあえず私は問題意識を持ちながら自分のやれる事をし続けようと思っています。でも素敵なパッケージで店員さんがにこやかに手渡ししてくれたりすると日本ていいなって思うのも事実なんです。
Commented by Yuko at 2017-03-06 06:46 x
こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いています。とても気になる話題で、コメントも興味深く読ませて頂きました。私はミラノに住んでいますが、私の家の近くのcoopには、この洗剤はないです。でも薬局で、同じように1Lごと売っています。9種類くらいの洗剤がありますが、台所洗剤と洗濯洗剤を使っています。こちらは普通の洗剤よりは少し高いかなと感じます。他の薬局では見ませんし、認知度は少ないと思います。
イタリアのゴミ分別についてはちょっとがっかりなことがありました。アパートの下にそれぞれのゴミを分けて持っていったとき、可燃ごみと生ゴミ、プラなど分けて持っていっていたのですが、たまたま可燃ごみの回収中でした。収集者の方が親切に、「ゴミこっちによこして」と直接言ってくれたのですが、可燃ごみ以外の袋も生ゴミも渡すように言われ、「これは生ゴミとプラスチックなんです」、と言っても「いいからいいから」、と一緒に車に放り込まれてしまいました。あれ?私たちは分別しているのに、もしかして行き着く先は同じなの?という疑問でもやもや…。
ゴミ置き場もいつもめちゃくちゃ。市はちきんとゴミの分別の紙を配ってくれますが、こちらがこれでは集める人のやる気もでないですね!…まだまだ向上の余地ありです!
イタリアの昔ながらのやり方も大好きですし、日本は日本でエコロジーな商品を生み出すところが好きです。両方のいいところから学んだり、利用したりして、うまくやっていきたいです。またこんな記事待っています。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-09 07:17
itcさん、いつもブログを見て下さって有り難うございます。日本ではそんな規制があるんですね。レストランの衛生法はイタリアの方が日本よりも厳しいなあと思いますが、こういう容器に関しては日本の方が厳しいんですね。洗剤は・・・多分保存料は入っていないと思います。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-09 07:21
patolaさん、日本はきっと、リサイクルを1つの産業にして、上手く循環させて行く方向に進んで行くのでしょうね。今後のイタリアの課題は、無駄な物を作らないで、いかに経済を回して行くかという事だと思うんですが、私はきっと道があると思っています。
Commented by lacasamia3 at 2017-03-09 07:26
Yukoさん、いつもブログを読んで下さって有り難うございます。同じコープでも、週によって随分と違いますね。トスカーナでは大きめのコープには大体この機械が置いてあります。逆に薬局では見た事がないので、ちょっと見てみたいです♩
ゴミ分別は世界中、殆ど信用出来る所は少ないのでは?と思います。混ぜて収集してしまったり、焼却するにしても、リサイクルをするにしても、その行程で、どうしても汚染物質が出てしまう。一番のエコは、資源ゴミも含めて、各家庭から出るゴミの量を減らす事だと思うんです。
by lacasamia3 | 2017-03-03 02:50 | イタリア・ゼロウェイスト話 | Comments(12)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho