アントネッロ風ガスパチョ

f0106597_04560276.jpg

キュウリとプチトマトが沢山採れています。
f0106597_04580242.jpg

12本の苗は、2家族で丁度良い量。但し、一昨日、8月、9月の収穫の為に、あと6本追加で若い苗を植えました。写真は最初に植えたキュウリの苗。私の背の高さくらいになりました。この位で先端は切り落とし、脇芽を伸ばします。
f0106597_04593968.jpg
特大のキュウリが毎日2〜3本採れるスピード。お隣のパオロとラウらにも「キュウリ食べろー」と毎日持って行っています。
f0106597_05004743.jpg
プチトマトも順に赤くなってきました。来週あたりに一気に熟しそうです。

トマトとキュウリの組み合わせで最近はまっているのがガスパチョ。
本場のガスパチョは食べたことがないけれど、アントネッロが作るこの冷たいスープが、今日みたいな暑い日の夜にはとても美味しく感じます。

f0106597_05155242.jpg

材料:食いしん坊2人分
キュウリ 大2本、
トマト 適量
赤玉ねぎ
パプリカ半個
レモン
イタリアンパセリ
オリーブオイル、塩

キュウリは皮を剥き(日本のキュウリは剥かなくても良いと思います)、一口大に切る。
キュウリ、トマト、パプリカ、レモン、オリーブオイル、イタリアンパセリをミキサーにかける(トマトとパプリカの一部はトッピング用に残しておく)。
最期に塩を調節する。
好みの温度に冷やす(冷やしすぎると味が分からないので、程々に)
食べる前に、食べ易い大きさに切ったトマト、パプリカ、赤玉ねぎを上に飾る。

最近、これを1日おき位に食べているかも。美味しいパンと畑の野菜のガスパチョだけで十分満足。
野菜の旨味が体に沁みて、一日の疲れが吹き飛びます。
f0106597_05175240.jpg
ユキが居ないので、何だかノンビリゆったりと料理したり畑をやったりして、最近、夕食を食べるのが遅い!いつまでも明るいので、うっかりすると9時半とか10時になってしまいます(汗)

さあ、明日も元気で頑張ろう♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪









Commented by africaj at 2016-07-30 10:36
トマトが味が濃くて甘くって、何を作っても美味しいよね。
写真のは完成形かと思った~。
スペインも色んなガスパチョがあって、日本で知られてるのはアンダルシア式なんだけど、野菜をミキサーにかけないでゴロゴロ入った水割りのビネガーみたいなエクストレマドゥーラ式もあるんだよ。
アントネッロ式はこれをミキサーにかけるのね?
うちも毎日のように作って飲んでるー。今朝もガスパチョ♪

畑が広くていいなー。chihoさんの畑ってお水どうしてるの?私の畑、断然小さいけど、今朝は水やりに2時間かかったー。
Commented at 2016-07-30 10:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2016-07-30 16:25
africajさん、畑の季節だよねー。毎日が楽しいっ!水割りガスパチョ、食べてみたいなあ。アントネッロはミキサーにかけた冷たいスープに、プチトマトとか赤玉ねぎをゴロゴロトッピングにして上にのせて、一緒に食べるの。美味しいよ。水遣りはプラスチックの一滴ずつ出るTテープって言うのをつかっています。プラスチックを畑に使うのは嫌いなんだけど、これだとホースで水やりするよりも土の中にゆっくり浸透して行って、土の状態も良く維持出来るの、日本にもあると思うな。蛇口を開くだけで畑全体に設置したTテープが水やりしてくれるから、その間に色々出来て便利よ。
by lacasamia3 | 2016-07-29 05:19 | 密着レポートレシピ集 | Comments(3)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho