「ジヴェルニーの食卓」

f0106597_05145151.jpg

ここ数年間、「宮部みゆきループ」から抜け出せないでいた私(その前は「ガルシア・マルケスループ」だったのです)。やっと脱出できそうな兆しがっ!
4度目だった「小暮写真館」を読み終え、3度目の「ソロモンの偽証」を開こうとしていた時、お友達からこの本を頂きました。

「ジヴェルニーの食卓」 原田マハ著

最初は、仕事に行く途中の列車の中やバスの中で読んでいたのですが、言葉の1つ1つが余りに美しく、涙が出てしまうので(泣かせるシーンではないのですが)、家でしか読めない本です。
まだ、一話目を読み終えた所です。晩年、アンリ・マティスが過ごしたニースでの話。
f0106597_05282331.jpeg
原田マハの本の中で味わって頂きたいので、彼女の言葉は敢えて引用はしません。これは、話の軸となる作品、マティスが描いた「マグノリアのある静物」(1941年)。
主人公であるマティスの家政婦が彼と出会うのはかなり後になってからですが、1941年という、世界が戦争へと向かって行こうとしていた不穏な時代に、自らも闘病中であったにもかかわらず、マティスは、この作品で、目の覚める様な赤を背景にし、見事に咲いたマグノリアの花を中心に描きます。
決して、苦しみや悲しみから目を背けるわけではなく、でも心の暗闇にとらわれてしまわない様に、ひとときでも美しいものに恋をすることを忘れない様にと。

昨今の色々な出来事の中で、余計に心に響く言葉でした。

f0106597_05533156.jpg
彼女が紡ぎ出す言葉の1つ1つがとても美しくて、読み進むのが勿体無いほど。
あと3話残っていて、ちょっと嬉しい♩

f0106597_05563596.jpg
人との出会いも縁、本当の出会いもまた縁ですね。

ブログでのお知らせが遅くなりましたが、7月23日に「ハレタル」で2回目の投稿が掲載されました。
今回のテーマはズッキーニです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented at 2016-07-25 16:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2016-07-26 00:57
鍵コメyさん、海外に住んでみたいと思われるお気持ちとても良くわかります。観光ビザで滞在出来る3ヶ月未満であれば、言葉が出来なくても楽しめる長さだと思いますし、1週間の滞在では見えてこない部分が見えて来るので、言葉が出来なくても楽しみながら、でもより深く色々なことを知ることが出来ると思います。一方、何年も長く暮らすには、やはりイタリア語は必要不可欠です。イタリア語でその国の最低限の法律を理解すること、理解出来る様に努力することは、イタリアという国に長く住まわせてもらう為の1つの最低条件だと思います。厳しい様ですが、「暮らす様に滞在してみたい」か、「ずっと暮らしていきたいか」によって、イタリア語を勉強された方が良いのかどうかが変わってくると思います。
Commented at 2016-07-26 19:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2016-07-27 17:36
とてもすてきな本のようですね。最近ジヴェルニーを訪ねたばかりなので、モネの家の美しい台所や食卓を思い浮かべながら拝読したのですが、ノルマンディー旅行でマティスにも興味を持ったところなので、今度日本の本を購入する機会があれば、わたしもぜひ取り寄せて読んでみたいと思います。ご紹介をありがとうございます。バラもとってもきれいですね♪
Commented by lacasamia3 at 2016-07-29 07:23
鍵コメyさん、頑張って下さい!
Commented by lacasamia3 at 2016-07-29 07:24
milletti_naokoさん、この本を読んで、是非いつか睡蓮の花が咲く時期に、ジヴェルニーに行ってみたいなと思いました。パリから列車とバスで行ける様ですね。彼女の言葉1つ1つが美しく、心に残る1冊です。是非、読んで頂きたいです。お勧めです。
Commented by mon at 2016-07-31 08:06 x
『ジヴェルニーの食卓』 私も3年前に読みました。
この本はもともと母に頼まれて図書館で予約していたもの。芸術と文学を愛した母が、亡くなってから、我が家に届きました。
音楽をする両親のもとで大きくなり、自分は別の道を選んだ私も、決して芸術が嫌いなわけではありません。
手に取って、パラパラと読み始めると、ぐいぐいと惹き込まれていきました。
どの章も素敵ですが、どれかひとつを選ぶとしたら、やはりジヴェルニーの食卓でしょうか。
ユキちゃんが大人になっていくのを、いつもワクワクしながら応援しています。
Commented by tawaraya at 2016-07-31 15:12 x
こんにちわ。早速、アマゾンで取り寄せました。まだ、マテイスの章を読んだだけですが・・・素敵な本を紹介していただきありがとうございました!(追伸:ハートのへら、活躍しています。)
by lacasamia3 | 2016-07-25 06:03 | 私の本棚 | Comments(8)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho