土を考える

土を考える_f0106597_04332504.jpg


先日は、お隣のパオロと久しぶりに「畑倶楽部」。
刈り取った庭の草を利用して、グリーンコンポストをきちんと作ろうっ!ということで、パオロがこんな物を作ってくれました。
土を考える_f0106597_04375173.jpg
ちょっと地表から浮かせて作ってあるので、下から分解された草で出来た良い土をかき出す事が出来ます。
コンポストには、適度な太陽、適度な酸素、適度な水分が必要条件。空気を入れる為に、たまに、クワでかき混ぜて、夏の乾燥した暑い日は、上から水を撒きます。

中に入れるのは、パオロの家から出る野菜くず(我が家のは鶏にやってしまうので)、刈り取った庭の草、枯れ葉、鶏小屋を掃除した時に出る鶏糞。
土を考える_f0106597_04390879.jpg
コンポストの本を読むと、「茶色いもの(枯れ葉や細かくした木の枝など)」と「緑のもの(抜いた雑草や刈り取った草)」のバランスが大事なんだそうです。なので森から集めて来た枯れ葉も混ぜました。
土を考える_f0106597_04402693.jpg
枯れ葉は、集めたバケツに水をジャバジャバかけて水に浸してからコンポストに混ぜ込むと、分解され易くなります。
これを作ってから、たった1週間。それでも、下の方はホカホカかなり温かくなっていて、活発に発酵&分解が進んでいる様子。微生物、頑張れー!!
最近、微生物とミミズの活動がとっても気になります。
今週は、ちょっと気温が下がって、雨がしとしと降っています。たっぷりと水分を吸収して、来週気温が上がったら、凄いスピードで分解が始まるのでは、と期待しています。日本のサイトでは、腐葉土を作る場合、雨にあてないようにと書いてありますが、雨水も利用しながら出来るかどうかちょっと試しています。でも雨が長引くようであれば、ビニールシートをかぶせた方が良さそうですね。
今までの経験で感じるのは、低い気温から、グンと気温が上がる時が一番、微生物が活発な気がします。冬から春にかけての3月、4月の分解スピードの方が、お天気が続く6月、7月よりも、早いのです。

土を考える_f0106597_04432309.jpg
森に行く途中にペルビンカが咲いていました。日本ではツルニチニチソウと呼ばれているそうですね。
うちにも植えたいな。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by wilmslow at 2016-04-25 13:33
久しぶりにコメント残します。
我が家もコンポスト作っています♪
コンポストを作り出すと、自然のリサイクルのシステムをもっと身近に感じます。自然界の中で作られたものは、生まれ育ち死に、そしてまた土にかえる。この循環の中で私達は生かされているのだなぁと感じます。
コンポスト、最初、分解?をはじめた時は湯気がモクモクとでるのですが、冬など気温が寒い時に分解が始まったものは、混ぜるときに温かいので、暖をとりながらかきまぜることができます(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2016-04-25 17:26
wilmslowさん、コメント有り難うございます。コンポストって、本当に自然のエネルギーを感じさせてくれます。確かに、あのモクモク、凄いですよね。2年くらいかけてじっくりと作りたいと思います。あと2カ所ぐらい作らなきゃ!!
Commented by Mueri at 2016-04-25 20:31
コンポスト、我が家の畑も、刈り取った草でやりたいのですが、いつも草取りが遅すぎて種をばら撒くところまで放置してしまうため、コンポストにできないんです。草の種を畑中にばらまくことになるので・・・(涙)でも病原菌のない腐葉土を作るのに、庭の落ち葉で作るときには米ぬかを撒き、水を少々撒いて、あとは自然任せにします。菌糸の成長が早く、土も団粒化して空気が入りやすくなっていいです。やっぱり自然のものは安心できまよね。落葉帰根。自然のサイクルってすごいです。
Commented by africaj at 2016-04-26 14:20
コンポスト、面白いな―。
やってみたいけど、今は場所がないから、いつか引っ越したら。
日本の作り方、どうして雨水はダメなんだろ?しっとりの方が活発になりそうなのに。
Commented by lacasamia3 at 2016-04-26 15:11
Mueriさん、判るー。でもうちの場合は、どの季節でも何かしらの植物の種が付いているから、気にしているとコンポストに出来ないので気にしない事にしています(笑)。米ぬかって便利ですよねー。凄く欲しい・・・。
Commented by lacasamia3 at 2016-04-26 15:13
africajさん、コンポスト作り、凄いく楽しいよ。どんどん分解されて行くのを見ると、嬉しい。ジャンジャン上から雨が降るとせっかくの養分が下に流れ出てしまうからなんだって。あと、過度な水分も良くないのと、雨でコンポストの温度が下がってしまうからなんだそうです。程々に温かくて、程々に湿っていて、風通しも良くて、食べ物(分解する材料)があってというのが好条件らしい.天然酵母みたいだね。
by lacasamia3 | 2016-04-25 04:54 | フィレンツェで畑 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho