フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

親友

f0106597_0421038.jpg

昨日の晩、寝る前に珍しくユキが、「マンマ、ちょっと来て〜」とベッドから呼びました。
二人で天井を見ながらベッドに横になったら、一昨日の晩、仲良しの女の子3人で近くの村の公民館にピッツァを食べに行ったときの話をしてくれました。どうやら、その中の1人の女の子のお父さんとお母さんが、離婚されたのだそうです。多分、今のその子の気持ちとか、色々と聞いて来たのでしょう。

それを聞いて、こう言った語弊が有るかも知れないけれど、少しホッとしたというか。その子のお母さんから離婚の話は随分前に直接聞いていて、家庭の事情は知っていたのですが、その子が少なくともユキやもう1人の仲良しさんに、自分の心の内を話す気持ちになってくれた事で少し安心しました。もしかしたら、彼女のそんな心境を察して、ユキともう1人の子がピッツァを企画したのかも。

そして、私に、「マンマとバッボは喧嘩とかしないの?」と聞きました。「仲いいよ。バッボは私とユキの事が大好きだし、私もバッボとユキの事が大好きだから」と答えたら、安心して寝ました。
うーん、うちの場合は、余り派手な喧嘩はしないかなあ?かといって、我慢している訳ではなくて、割と言いたい事を常に言っているから溜まらないのかな? 
うちの場合は二人とも自営業の共働きだから、家庭内でも家庭外でも、お互いに支え合う部分が沢山あって、夫婦であり、遊び仲間、仕事仲間であるような関係かも。

イタリアでも残念ながら別れてしまう夫婦も沢山居ます。でもその後、再婚して新たな家庭を築く人も多いし、1人で子供を育てて頑張っているお父さんやお母さんも沢山居ます。
人生の中で、そう言うこともある訳で、子供が思春期にそうした状況に直面した時、心の揺れを話す事が出来るお友達は大切だなと思います。そして、ユキがそうした、友達として選んでもらったことを、少し嬉しく感じます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by mika-atori at 2014-12-02 07:08
ユキちゃん、大人になってきたのね、って思います。
それに、心配してあげられる友達がいるのは幸せなことですね。残念ながら、心の底では自分のことばかり考えてしまう子供も多いのが現実ですが、人を思いやってあげられるのは、とても素晴らしいことだと思います。そのお友達もつらい思いをしたでしょうけど、かけがえのない友情の強さを感じることができたのではないでしょうか。いえ、もし今気づかなくても、きっとこの絆は、一生モノのように思います。
ご両親が仲がいいのは素敵なことですが、親も人間。子供のために離婚しないで、子供の前で迄けんかするようになるよりは、決心して別れて、穏やかに子供を育てるという選択肢もありかな、と思います。子供もその時は分からなくても、大人になったらわかってくれるでしょうし。
いろんな経験をして大人になっていくんだな~と、ユキちゃんのお話を聞かせてもらって、感慨深いです。
Commented by junjun at 2014-12-02 09:25 x
ユキちゃんもデリケートな感情を胸に抱えて、ベットに( ´_ゝ`)でも眠れず、
そんなとき、自分を力一杯抱き締めて、心を包んでくれるマンマが子供に求められる千穂さ~♪ん
素敵なマンマをしていますね♪(*^^*)
御夫妻が仲良しがいちばん\(^o^)/
Commented by africaj at 2014-12-02 10:37
ほんとだね。
親である前に、1人の人間だものね。どうしても修復できずに別れることもあるし、子供は否が応でも巻き込まれちゃう。
せめて、心の拠り所が友達との中にあって本当に良かった。ユキちゃんがそんな友人関係を持ってることも。
しっかり土地に根付いてるなあ。
Commented at 2014-12-02 14:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まりか at 2014-12-02 16:25 x
一昨日の晩の出来事を昨晩話したという気持ち、なんだか分かるような気がします。
すぐに「聞いて聞いて!」という気分にはならなかったのですね。
一日じっくりとユキちゃんの中で整理していたのかな?と思うととても愛おしいです。
離婚という結果は残念ですが、そのお友達にとってユキちゃんがこれからも支えでありますように。
Commented by ココナッツ at 2014-12-02 17:31 x
相手の子にとってもユキちゃんにとってもいいお友達ができてよかったですよね。人生には自分ではどうしようもないことって沢山あって、親の離婚もそうだと思います。そういうことを乗り越えていくのに話を聞いてくれる友達の存在って特別ですよね。ユキちゃんも大人の階段上りつつ、いい仲間に恵まれていますね。友達って人生の宝物だと思います。青春っていいなぁ〜!
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 17:53
mika-atoriさん、そうですね。イタリアも離婚はかなり多く、親が離婚したり再婚したりしている家庭はもう普通になってしまいました。何でもアリアリなイタリアだから、国際養子縁組で繋がった肌の色が全く違う親子だって居ます。そう言う意味では、特別な目で見られたりする事はない様です。
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 17:54
unjunさん、こういう時はバッボじゃなくて私なんですよねー。後でアントネッロが「何だった?」ってしきりに気にしていました(爆)
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 17:55
africajさん、そうね。クラスでは派手な方では決してないけれど、転校生とか落第生とか、外から来た子とすぐ友達になっちゃう。がっちり保育園時代からの友達と固まっている割に、その輪に不思議と新しい友達が混じってたりするのよ。
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 18:00
鍵コメKさん、きっと親には言いにくい事でも、友達同士には言えちゃったりする事って色々有るみたいです。この子の場合、お母さんと住んでいるのですが、下の弟がお父さん方のお婆ちゃん、お爺ちゃんに懐いていて、でもその子曰く、「玩具を色々買ってもらって、甘やかしてくれるから。絶対叱らないし。でもそれは間違ってる!私は嫌」って言ってたんだそうです。そういう心のさざ波を誰かにぶつけたい時、話せる相手が居るって大事な事ですね。うん、きっと息子さんにもそんなお友達が居ますよ。
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 18:01
まりかさん、本当の友達ってこういう事を打ち明けられる仲なんだと思います。嬉しい事は倍、辛い事は半分こですね。
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 18:02
ココナッツさん、ホント、人生には自分ではどうしようもない事が沢山あると思います。こういう状況に直面して、グルグル色々考える姿を見ると、我が子ながら成長したなあと思います。
Commented by たかちん at 2014-12-02 18:26 x
人生では、自分でどうしようも無い事が大人だろうが、子供だろうが起きる物なんですね。じっくり考えても、答えが出せない時に家族の温もりが有る事は、当たり前の様で本当はとても大切な事なのだと、このブログを読み痛感しました。そして、今以上に家族や友人を大切にしようとユキちゃんに学ばせて貰いました。ありがとう!(^_^)v
Commented by lacasamia3 at 2014-12-02 18:39
たかちんさん、人生には答えが出せないもの、正しいのか正しくないのか判断できないことって沢山あって、話したからって解決する訳ではないけど、人に話す事で心が楽になる事も沢山ありますよね。そんな時、家族とか友達が大切ですね。
Commented by もっち at 2014-12-03 12:12 x
温かくなるお話ですね~。
チホさん家族は私の憧れです!
by lacasamia3 | 2014-12-02 00:57 | イタリア中学生日記 | Comments(15)