イタリア中学生日記

イタリア中学生日記_f0106597_2241878.jpg



我が家の中学生は、毎日楽しく学校に行っています。
小学校では先生のことは、マエストロとか、マエストラと呼ぶのですが、中学生からはプロレッソーレ、プロフェッソレッサ。子供たちは生意気に、先生が居ない所では、略して「プロフ」など呼んでいます。
カリキュラムが随分と日本(といっても私が中学生の頃の)と違い、製図があったり、詩の時間があったり。
詩はウンベルト・サバから始まり、毎回、近代の各詩人の詩を暗唱する宿題が出されます。暗記するだけでなく、詩の内容を理解した上で、抑揚を付けて読むべしという面白い課題。先生が黒板に書いた詩をノートに書き写して来るので、どの詩が出されるかはお楽しみ。毎回、どんな詩を持って帰ってくるか私も楽しみです。
歴史は、今は、ローマ帝国(皇帝時代)。今のうちに学ぶ楽しみを沢山感じて欲しいな。


イタリア中学生日記_f0106597_227694.jpg



相変わらず読書好きのユキ。好きなジャンルはファンタジー。今は、「ナルニア国物語」を読んでいます。

沢山読んで、沢山学んで下さい。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by la_mia_coccolina at 2013-10-11 07:37
chihoさん、こんにちは^^
イタリアの中学校のお話もとても興味深いのでこれから楽しみです。
専門的な内容の授業がいろいろとあるのですね。
それにローマ帝国の歴史やヨーロッパ史を自分の国の歴史として学べるなんて楽しそう~
本当、楽しんで勉強することが出来るって一番ですものね^^
ユキちゃんのこの場所での「行ってきます」の写真。。。今までの「行ってきます」の写真を思い出して、わぁ~お姉さんになったのね~としみじみと感じました^^
Commented by ぽん at 2013-10-11 07:41 x
えー⁈トリエステのサバ⁉
Commented by tomomato at 2013-10-11 07:48
ぐっと大人っぽい学科が増えるのですね。 でも製図にしろ詩にしろ、とても良いと思います。 詩の暗唱に抑揚をつけて暗唱するのも素晴らしい。 それでイタリア人のテアトロ的な反応が育つのかもと一瞬思いましたが。
Commented by kanmyougam at 2013-10-11 09:04
おはようございます。早いものですね。中学生ですか。
ヤッパリお姉さんになりましたね。
沢山勉強して沢山お友達を作ってください。
Commented by machiiihi at 2013-10-11 10:19
いつも楽しく読ませていただいてます。
ユキちゃんを通してしるイタリアの学校教育は日本の学校と較べて考えさせられますね。詩の暗唱の時間があるのも興味深い。こうして子供たちは言葉の美しさ、言葉が伝える力や深さを身体にしみこませていくんでしょうね。言葉、言語を大切にするという意識はとても大切だと思う。尊敬語も丁寧語も謙譲語もなくなってきている今の日本語の貧しさを思うたび、イタリアと日本の学校教育の視点の違いを痛感します。
いつも素敵なフィレンツェ便りありがとうございます。
Commented by ミーヤン at 2013-10-11 11:58 x
いいですねぇ。「イタリアに住む者、イタリアを理解し、愛する」という明確な方向が見えますね。ユキちゃん、紫色お好きですか?我姪っ子来年小学1年生のユキちゃんは紫色、特に「すみれ」色が好きで、ランドセルもこの色を買ってもらいました。赤色のみの我が年代とは全く異なる世界です。
TV「小さな村の物語 イタリア」が好きでよく見ていますが、
中学生、高校生の荷物の多さにびっくりします。簡易な小型のスーツケースみたいなものを引っ張ってスクールバスに乗る姿も多々見かけ。。。イタリアの村々も少子化・高齢化が目に付きます。もっと深刻な日本の未来はどうなるのでしょうか!
Commented by SEKIHIKO at 2013-10-11 12:41 x
わたしも小学校高学年~中学生にかけてナルニアシリーズに夢中になりました。お話自体の面白さはいう事なしですが、食いしん坊のわたしにとっては、食事のシーンのおいしそうな描写が魅力的で…いまだに愛読書です。
Commented by junjun at 2013-10-11 16:49 x
ゆきちゃんの可愛さは勿論だけど(#^.^#
バッポの後ろ姿にブンブン尻尾を振っているラーラ(^^)vかぁわいい♪ー
其からアプローチの石張り!!!アントネッロさんデザイン、施工!!!流石ですね∞おっ洒落ぇ♪♪♪木製生け垣が石の犬走にグッド(^^)d
素敵な毎日ですね\(^-^)/
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 16:49
la_mia_coccolinaさん、イタリアの歴史、長いですからねー。しかも複雑だし。まあ、本人も歴史好きなので、楽しんでいます
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 16:51
ぼんさん、当たりっ!かなり王道なチョイスです。これからちょっとずつ現代に近づいて来るあたり、先生の好みが感じられるようで親としても楽しみです。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 16:52
tomomatoさん、カリキュラムを見ていると「ふーん、そこに力を入れるのか」となかなか新鮮で面白いです。国が違うと教育の仕方も随分違うものですね。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 16:53
kanmyougamさん、お陰様でもう11歳になりました。イタリアは日本よりもちょっと中学生になるのが早いです。良いお友達に恵まれてユキは幸せです。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 17:13
machiiihiさん、いつもブログを読んで下さって有り難うございます。「言葉の意味、詩の美しさをかみしめながら暗唱すること」が出来るって、人間として結構大事なことかもと新鮮に感じました。詩は人間の長い歴史の中で常に存在していたものですもんね。のんびりしているけれど、イタリアの中学校は、結構本質を突いた教育を実践しているのかもしれません。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 17:14
ミーヤンさん、当たり(笑)。ユキは紫色とピンクの組み合わせが大好きです。荷物多いですよー。多分、10キロ近く(汗)。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 17:15
SEKIHIKOさん、あ、うちの子も食いしん坊だから、きっとその辺りに惹かれているのかもしれません。
Commented by lacasamia3 at 2013-10-11 17:16
junjunさん、あはは、ラーラ尻尾を360度プロペラみたいにブンブン振っています。アントネッロと一緒だったら何をするのも嬉しい、ラブラブです。
Commented by mattfrafra at 2013-10-11 20:08 x
日本で言えば小学校5年生がサバの詩を読んでいるのがすごい。詩を暗誦するのはある意味言葉の基本。イタリア語が読めない身としてはせいぜい須賀敦子さんエッセイでも読んでサバの世界に浸るか。
Commented by crystalkika at 2013-10-14 15:45
可愛い中学生ですね。

イタリアでは中学校は何歳からですか?

ブラジルでは11歳です。    小学校は4年(1年生~4年生)、中学校4年(5年生~8年生)、高校3年 です。

家のの長男は今日本で中3です。
by lacasamia3 | 2013-10-11 02:47 | イタリア中学生日記 | Comments(18)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho