ピサのカンポサント~死と中世の栄華

ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_5541641.jpg



7月にピサに行った時、訪れたカンポサント。その時のご報告&感想がまだだったので、今更ですが・・・。
いやー、久しぶりに訪れたカンポサントは非常に素晴らしかったです。私にとっては、ダントツ、ピサでのメインかも。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_5565399.jpg



1203年の第四回十字軍遠征の際に、ピサ人が聖地エルサレムのゴルゴダの丘の土を船でここまで運ばせ、その上に建築した納骨堂と言われています。
それを聞いただけでも、ググッとテンションが上がるような伝説。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_5594435.jpg



そして、ここには素晴らしいフレスコ画が残っています。
Buonamico di Martino (通称ブッファルマッコ)作 「死の凱旋」 1336-1341年


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_602120.jpg



1400年代初頭フィレンツェに花咲いた文芸復興ばかりがもてはやされ、それ以前の芸術文化を「中世」という、何か暗く暗黒の世界のようにひとくくりにしてしまいがちですが、実は優雅でとても美しい世界でもあったのだと思います。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_604744.jpg



実際には、「メメント・モリ」(死を想え)、キリストの教えに従わず、現世の欲に溺れる者は、永遠の死をこうむるであろうというメッセージを持つ宗教画です。
そうしたメッセージとは少し離れて、でも彼が生き生きと描いた当時の人々の表情は(死者の表情までも)、今も私たちを惹きつけます。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_612970.jpg



場面設定としては、狩りに出掛けた貴婦人、貴族が、偶然、死人の亡骸を見つけてしまうというもの。
3つの棺おけのなかの亡骸は、3段階の腐敗過程が描かれています。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_621622.jpg



描かれている人物は、当時のピサの貴族たちで、この出来事の舞台となったオレンジ畑もまた、当時ピサに存在していた可能性があるのだそうです。
このような絵を見ると、なんとなくイタリアでの1300年代半ばのペストの流行と関連付けたくなりますが、実際には、ブッファルマッコは1347年のペスト流行の前に亡くなっています。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_645111.jpg



ワンコがクンクンしているのが可笑しい(笑)。まるでラーラみたい。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_655951.jpg



こちらは第二次大戦中のカンポサント。連合軍の爆撃により、鉛製の天井が火事で焼け、完全に落ちてしまったのだそうです。フレスコ画も大部分が損傷し失われてしまいます。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_67032.jpg



写真のこの男性、当時のこの瞬間、何を思っていたのでしょうか。もしかすると、彼がこうして何とかフレスコ画を救出しようとしている間にも、爆撃があったのかもしれません。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_675818.jpg



そして、今のカンポサント。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_68276.jpg



戦後、イタリア各地で、戦争により破壊されてしまった建造物を全く元通りに復元する工事が急ピッチで行われます。資材だって、重機だって乏しかったと思うのに・・・。人間って素晴らしい。


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_692674.jpg



光と影


ピサのカンポサント~死と中世の栄華_f0106597_6101485.jpg



カンポサント
3月 9時ー18時
4、5,6,7,8,9月 8時ー20時
10月 9時ー19時
11、12、1、2月 10時ー17時

オススメです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by gantou at 2013-08-29 08:23
千穂さん! 人気ブログランキングのクリックが無いですよ~ォ! 今回の書込はアントネッロファミリー(ラーラを含む)のストーリーと同様にとても素晴らしい! また、この類を書いて下さい。
Commented by mattfrafra at 2013-08-29 08:35 x
いつもながら、残すことの大切さ、残す作業の大変さを感じるなあ。ピサにも斜塔だけでなくいいところがあるのですね。
イタリアゆっくり行きたいが、結構忙しくて。
Commented by くろべ〜 at 2013-08-29 11:19 x
chihoさんの、こういう記事、大好きです。
byくろべ〜
Commented by crystalkika at 2013-08-29 14:44
^^  行きたいな~
Commented by la_mia_coccolina at 2013-08-29 16:37
chihoさん、こんにちは^^
これは圧巻ですね!
chihoさんのピサの記事を読んでいて、俄然興味が湧いてきました。
このカンポサントは是非じっくりと見てみたいなぁ~
イタリアの修復の技術や人々の想いは本当に素晴らしいと思わずにはいられませんね。
Commented by tekkoku-ya at 2013-08-29 22:24
さすがですね~。
説明が丁寧で分かりやすく行ってみたくなりました。
興味深く読ませていただきました。
Commented by ゆかり at 2013-08-30 00:18 x
待ってました♪ピサ話の続き。芝生とのコントラストも美しいカンポサントの歴史と共に、建物内部の冷んやりとした空気が伝わってくるようです。千穂さんのこういう視点、感性も大好きです! 心に響きます。
by lacasamia3 | 2013-08-29 07:12 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(7)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho