ノンビリ列車の旅~ピサ

ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_23401886.jpg



昨日は、フィレンツェからトントコとローカル線に乗り、ピサに行きました。
大概、ピサやルッカ行きの列車って、進行方向に向かって左端の1番線から4番線あたりから出ます。3番線、4番線は付け根から出ておらず、5番線ホームを少し進行方向に向かって進んだ先にあります。
片道あたりの切符は7.1ユーロ、ホームにある新聞屋さんで売られています。行きも帰りも同じ切符なので、一人2枚買って、使う毎に乗る前にガッチャンと検札すると良いでしょう。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_23412011.jpg



車窓から見る風景が、まっ平らでいかにもピサ方面に向かっているという感じ。線路は川に沿って走っているので、時折アルノ川も見えます。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_2342896.jpg



1時間ほどでピサに到着。
ピサの駅前から、斜塔やドゥオーモがあるPiazza dei Miracoliまで市バスでも行けますが、時間がまったく当てにならないので(30分待っても来なかった)、歩いて行ってしまった方が早いです。平らな道、1.8キロ、時間にして約20分。フィレンツェの中央駅からサンタクローチェ教会の距離です。

↑こちらアルノ川。ほぼ海に流れ出る手前なので、川幅もかなり広く水量もあります。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_2343574.jpg



橋を渡って、やや左手のほうの小道に入ると、地元の野菜市場が出ていました。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_23445436.jpg



こういうの見るとグーンとテンションがあがります(笑)。ピサって良い町。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_23452131.jpg



イタリアの国立大学であるピサ国立大学スクオーラノルマーレ。ノルマーレと言えども、全然ノルマーレ(普通)じゃないっ!イタリア中から秀才が集まる超少人数制の国立大学です。作家アントニオ・タブッキもここの出身。それぞれの専攻で初年度が30人、4年生になれるのが5人から8人という厳しい世界。
ここから天才が生まれるのだなあ。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_23454136.jpg



もともとこの建物は、聖ステーファノ騎士団の建物として、コジモ1世がジョルジョ・ヴァザーリに建てさせたもの。
勿論、広場の中央にある像はコジモ1世です。
歩いていったほうが、色々と小さな発見があって楽しいです。


ノンビリ列車の旅~ピサ_f0106597_2346734.jpg



プラプラしながら小道を抜けると・・・あっ、斜めってる!

続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by fumieve at 2013-07-27 15:21
Pisanini, なんでしょ?気になる!
そうそう、フィレンツェからそんなに遠くないってわかっててもなかなか行けなくて、この2月、ヴィアレッジョのカーニヴァルついでにようやく十数年ぶりに行ったピサはどしゃぶりの大雨・・・(カーニヴァルの日は幸い好天でしたが)。傘をさしながらようやくとった写真も、そういえばブログにもアップしてません。リベンジしなくっちゃ!
Commented by s_helga at 2013-07-27 16:03
斜めってる“あれ”の前に、ピサ国立大学スクオーラノルマーレも斜めってますよね?!若干V字?!(笑)
さすが、天才を排出する大学あってV字なんだ!(笑)
by lacasamia3 | 2013-07-27 11:00 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(2)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho