ここ数日の独り言

ここ数日の独り言_f0106597_435515.jpg



一昨日の夜と、昨日の朝は、ちょこっと医療通訳の仕事がありました。
入られた保険のランクにもよりますが、医療搬送が必要な場合、日本から医師と看護師がイタリアに来て、日本までの患者さんの医療搬送を行います。

今回は、随分前に何度かお仕事でご一緒したベテランS看護師と久しぶりに再会することが出来ました。ここで書けないのが残念ですが、彼女の武勇談を聞いていると、本当にこの華奢な体の何処にそんなエネルギーがあるのだろう?と思ってしまうほど、かなり極限の状況に直面した経験のある方です。そんな凄い方なのに、とってもしなやかにテキパキと業務をこなす姿には敬服します。

初めてお会いしたA医師もとても優しそうな方で、患者さんとお話をされながら、安心感を与えてくれます。

長いフライト、そろそろ日本にお着きなった頃でしょうか?
どうかお大事に・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by tomomato at 2013-06-11 06:08
ご旅行の途中で搬送される程のご病気に、あるいはおけがをなさることになるとは、何と大変な事でしょう。  昔、友人(オランダ人)が一緒に旅行中、フィレンツェで意識喪失になり、1週間、フィレンツェ病院の緊急病棟に入院、その後、オランダにヘリコプターで搬送されるということがあり、オランダ搬送まで病院での付き添いをしたことがあります。 風邪の菌が脳にはいったとか。 いつ亡くなってもおかしくない状態で、両親がすぐに呼ばれました。 その時の緊迫感を思い出すと、Chihoさんがどれだけ大切なお仕事をなさっているか想像だにつきます。   日本までのフライトは、健康な私でも辛いのに、 患者さんがどうぞ無事にご到着なされたことを、 部外者ながらも心から祈らせていただきます。
Commented by crystalkika at 2013-06-11 16:31
@@大変ですね。
イタリアから日本へ旅は長いからしんどいだろうね。
ご無事で日本へ帰れるように・・・
Commented by ゆうら at 2013-06-11 22:25 x
医療通訳のお仕事、ご苦労様です。異国の地で医師にかからねばならなくなった患者さんの気持ちを思うと、そこに、日本語通訳をしてくださる方がいるというのは、本当にありがたいものだろうなと思います。患者さん本人が意識がないなどの重篤な場合は、お連れの方もまた大変心細いでしょうし。
医療に関してはいつもすべてがうまくいくとは限りませんが、そんな中でも、気持ちが落ち着く出来事があると、人間、頑張ろうと思えるものですよね。この分野でのお仕事は気苦労などもあると思いますし、時間も問わないので大変なお仕事だと思いますが、今後もできれば続けていただければなと思います。
Commented by ローマのひろりん at 2013-06-13 16:51 x
こんにちは。私もローまでちょうど昨日、医療通訳に行きました。先月、同じくイタリア人の看護士、医師付きで日本まで行かれた方がありました。日本からも来られる事もあるんですね~。病院と言う場所にいるだけで、精神的ストレスがある上、言葉がわからない環境にいるストレスで患者さんは、本当に疲れると思います。イタリア語がわかる私たちでさえ、そうなんですから。お疲れ様でした。
by lacasamia3 | 2013-06-11 04:50 | 私の独り言 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho