蜂の巣も冬の準備

蜂の巣も冬の準備_f0106597_21543499.jpg



第二の春と呼ばれる9月、10月は5月ほどではないにしろ、秋の花が咲き、蜂たちも忙しそうにブンブンと飛んでいます。
これから冬の支度。冬が越せるようにしっかりと蜜を集める必要があります。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_2158428.jpg



養蜂で人間が夏の間に蜂に蜜を分けてもらった場合は、蜂たちが越冬できるように、人間が砂糖水を差し入れしてあげます。
↑このような容器に砂糖水を入れて、巣箱1箱につき1枚ずつ、縦に差し込むのです。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_222032.jpg



プラスチックは滑りやすいので、蜂たちがおぼれてしまわないようにと、中にこのような網を入れてあげます。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_2222445.jpg



巣箱を開けて容器を巣箱に取り付ける作業には必ず、煙が必要。
麻布を切ったものに火をつけて、煙を出します。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_2241915.jpg



これはオーガニックの煙を出すもの。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_22104515.jpg



煙を吸うと蜂は大人しくなります。人間の勝手な想像で「蜂は気持ちよくて大人しくなり刺さない」と思いがちなのですが、実はその逆。人間と同じで、煙でケホケホして動きが鈍くなるのです。
だから、煙をまき始めると、蜂の巣の入り口では、煙臭さを消臭するために、蜂たちがお尻を上げて、一生懸命「良い匂い」を発します(ある意味ちょっと不思議ですが・笑)。

だから余り沢山の煙を振り掛けるのは、本当は蜂にとっては迷惑なことなのです。


蜂の巣も冬の準備_f0106597_22111583.jpg



一番大事なのは、刺されない様にキチンとガードすること。
防御ネットが付いた帽子や厚手の手袋をすると、蜂はあきらめて刺さなくなります。一度人間を刺してしまうと蜜蜂の場合は死んでしまうので、それは蜂にとってもつらいこと。
だから、出来るだけ犠牲を少なくするためにも、刺されないような服装で作業をすることが大事なんです。

蜂って面白いなあ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by tomomato at 2012-10-19 04:49
防御ネットをするのは、単に人間が刺されないためと思っていたのですが、そうではないのですね。 蜂の英知は凄いと言うことを何度も聞いたことがありましたが、  やはり凄いです。  鶏を飼い蜂を育てる生活、全てが簡潔していてうらやましいと言うか、 感心します。
Commented by y_and_r_d at 2012-10-19 08:52
こんにちは。
ミツバチの話を読むたびに
自然の不思議さを感じます。
そしてそれを知り尽くしている方々がいるということにも
驚かされます。
Commented by tawaraya at 2012-10-19 16:35 x
大変な作業があってのことなのね。私は小田原のみかんの花の蜂蜜を国産レモンをしぼったものに入れて毎日飲んでいるのですが、大切にいただきましょう。
Commented at 2012-10-19 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gantou at 2012-10-19 22:08
蜜蜂の話は興味が尽きない。煙で大人しくさせる。逆に刺さない様に蜜蜂の命も守る。初めての話です。毎日、コーヒーに蜜を入れて頂くが蜂に感謝して頂きます。
Commented by たぁしゃ♪ at 2012-10-20 09:55 x
養蜂家の日常を描いた絵本を子供に読んであげていたことを思い出しました❀   アントネッロさんが蜂に刺されないようにと祈りながら拝見しています*
Commented by むつみ at 2012-10-20 21:32 x
はちみつ大好きです。
パンケーキとはちみつの組み合わせがたまりません。
いつか、私もつくってみたいです。
by lacasamia3 | 2012-10-18 22:25 | ミツバチの羽音 | Comments(7)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho