蜂の帰宅コース

f0106597_1104119.jpg



今年の蜂蜜の収穫17キロ(今年は少なめだったようで、本当は25キロくらい普通に採れるようです。)に気をよくしたアントネッロ、養蜂家のピエトロ君から更に巣箱6箱分の蜂、合計18万匹を買いました!ちなみにお値段は、1つの巣箱に入る1家族3万匹(女王蜂付き)で、80ユーロ。

早朝、蜂たちが大人しい時間に、アントネッロがパンダ君で貰いに行きました。蜂たちは運搬用の仮のポリスチロールの巣箱に入っています。


f0106597_112279.jpg



木枠に蜜蝋シートを張ったものに蜂たちが巣をつくり、それが縦に並んでいます。運搬している間は蜂が外に出ないように、上に金網の蓋がしてあります。


f0106597_1155264.jpg



そして森の奥の、アントネッロが決めた位置にとりあえず設置。蜂たちが落ち着くまで2日ほど、このまま運搬用の巣箱のままにしておき、その後、アントネッロが作った巣箱に移し変えます。

蜂って不思議な習性を持っていて、例えば、現在の巣箱の位置を、50センチずらしただけで、蜂たちは巣箱に帰る事が出来なくなってしまうんです。もしそのまま50センチずらしたら、ずらした巣箱には帰らず、戻ってきた蜂は、元に巣箱があった場所に集まって塊になり、巣に帰れずにそのまま死んでしまうんです。

だから、自分の土地の中で、巣箱を移動させたい時は、まず蜂が巣に戻っている夕方から夜を狙って蓋をし、巣箱を元の位置から4キロ以上はなれた場所に移動させます。4キロ以上離れた場合には、蜂の中のナビがリセットされ、新しい位置を巣箱の場所として認識するのです。
そして、働き蜂の寿命(今の時期だと大体40日)が尽きるまで暫くその離れた場所に置いておきます。「昔の巣箱」を覚えている蜂が寿命で死ぬのを待つのです。

その後、再び巣箱を元の巣箱の近くの、移動させたい場所に戻します。こうすることで、新たにその場所を巣箱として認識し、ちゃんと戻ってくるのです。
つまり、50センチ移動するためには、4キロ移動して、40日待ってから、移動させたい位置に持っていかなくてはいけないんです。

虫って本当に不思議・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by mmm at 2012-08-26 02:22 x
結構前なのですが、ミツバチが消えた!!とか大量死とか凄く騒いでいて、今はどうなのかわからないのですが…
イタリアでは、そんな事ないのでしょうか??
ミツバチが消えると大変な事が起きるとか言ってたのですが…
Commented by BelgianWaffle at 2012-08-26 02:24
こんにちは。
ハチの習性。不思議ですね。
そして18万匹という数もすごい。

そんなに沢山のハチが蜜を集めに出かけるわけですね。
Commented by siellah at 2012-08-26 02:37
すごい!すごい!すごい!蜂の習性に感動です。50センチ巣箱がずれるだけでそこに帰れないなんて・・・。
そういう習性を考えてする養蜂は本当に忍耐がいることなんですね。人間の都合を強いては、こういうことは成り立たないっていうことなんですね。うーん、学びますねーー。感動の一言です。
またその後の様子を聞かせてくださるのを楽しみにしていますね!
Commented by tomomato at 2012-08-26 06:30
蜂のことは、 レクチャーでいろいろと聞いたことがあったのですが、 その巣箱の移動については知りませんでした。 おもしろいですね。  またまた沢山のハチミツが出来そうで、 うらやましいです。 
Commented by y_and_r_d at 2012-08-26 06:58
こんにちは。
鉢の習性のスゴさに感心するばかりです。
一匹一匹デリケートな精密機器が飛んでいるかのようです。
Commented by rana at 2012-08-26 09:25 x
本当に不思議ですね。自然って不思議な事が一杯つまっているなぁ。理由は分からなくても、その動植物達の法則を知らないで自分達(人間の都合)で引っ掻き回しちゃいけないなぁって思いました。 アントネッロさんや養蜂家のピエトロさんはそうゆう自然の法則を何処で知ったんでしょう。いつも、物知りで自然に逆らわずに行動してらして凄いなあって思います。
Commented by erieri at 2012-08-26 16:16 x
蜂の記憶ってそんなふうになってるんだ。凄いですね。
大きくなってから自分の生まれた河に戻って来る鮭に似たものを
感じました(魚ですが)。
その蜂の記憶のメカニズムを損なうことなくうまく生かす人間の
知恵も素晴らしいと思いました。
Commented by gantou at 2012-08-26 22:14
50cm動かすのに4kmの距離と40日間の時間が必要!? 凄いですね!蜜蜂のGPSは簡単に、リセット出来ない様で、大変興味深く読ませて頂きました。子供の頃、知り合いが蜜蜂を飼っていて、生きて動く蜂の子と、蜂蜜を一緒に口の中に入れられたことを、思い出します。
Commented by marcheselli at 2012-08-26 22:19
友人でハチミツを作っている人がいて、毎年蜂を買うといっていましたが、こんな習性があるとは知りませんでした。自然の力って凄いですね。
Commented by paprica at 2012-08-27 01:30 x
ハチのお話、いつも興味津々で楽しんでいます。以前に「巣箱を勝手に動かしちゃいけない」っていうのを読んだことがありますが、戻ってきたハチが帰れなくて死んでしまう、とか、ハチの寿命が40日だってことは知りませんでした。私の庭にやって来るミツバチたちを見ながら、どこに戻って行くのだろう、ひと夏働いた後はどうなるのだろう、って考えてました。ミツバチの習性、もっと知りたくなってきました!
Commented by t at 2012-08-27 06:41 x
>>>結構前なのですが、ミツバチが消えた!!とか大量死とか凄く騒いでいて

mmmさんのコメントにもありましたが、私もこのニュースを覚えています。アメリカかどこかだったかな?


もしかして、あの蜂が消えたとか、大量に死んだとかいうニュースは
何も知らない素人養蜂家が巣箱を移動させてしまったために
迷子になったり、塊になって死んじゃった為に起こったのかな?と、今、ふと思いました。

詳しく知らないで蜂蜜を・・・と、養蜂に手を出すと、やりかねないミス
ですよね。

ここ、邪魔だから、あそこに巣箱をどかしちゃえ!とか。笑
家族も何も知らなかったら、勝手にあちこち動かしちゃいそうですよね。

蜂の習性は確か、8の字ダンスで位置を教えあうとかそういうのは覚えてますが、肝心な事は知りませんでしたーーーー。
by lacasamia3 | 2012-08-26 01:37 | ミツバチの羽音 | Comments(11)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho