クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」

石窯話が続いてスミマセン。
ここ2日間も作業がドンドン進んでいて、ためると大変になるので(笑)、アップします。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_0553684.jpg



昨日はこんなものがドーンと登場っ!
いつ作ったんだか、納屋から持ってきました。余った材木と何か筒状の容器を分解した硬めのダンボールを再利用したそうです。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_0562252.jpg



モルタルが乾くまで、これが内部から支えます。石窯の完成後は、中から火をつけて燃やしちゃうんだそうです(簡単だ~)。
土を丸く盛って、その周りに煉瓦を積んで最後に土を掘り出すという方法もあるそうです。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_0585376.jpg



高さをチェックしながら、「設計図どおりだ」って、自画自賛するアントネッロ。
苦労しているのは煉瓦の大きさの違い。同じ種類の煉瓦でも結構ばらつきがあって、ぴっしりとまっすぐにならなかったりするんです。本人は外観的にそれがチョット気になるらしい・・・。まあ、最後は漆喰を塗るから煉瓦は見えないんですけれどね。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_0594133.jpg



さあ、曲面にどうやって四角い煉瓦を置くのか?
答えは↑こちら。煉瓦の1辺はダンボールの曲線に合わせ、浮いた部分に小さな煉瓦や木片をはさんで浮かせます。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_102236.jpg



これが間に挟むもの。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_111167.jpg



煉瓦と煉瓦の間に耐熱モルタルを入れながら積み上げていきます。ダンボールは塗れると変形しちゃうので、できるだけモルタルがついたり、濡れないように要注意。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_121933.jpg



テキパキ、テキパキ・・・


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_131111.jpg



マメマメマメ・・・


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_135970.jpg



側面はこんな感じ。カーブにあわせて煉瓦もカットします。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_144219.jpg



通常の建造物に比べて、石窯が難しい所は、高温になるということ。
いくら耐熱モルタルを使っても、長年使っているうちに、モルタルが剥落してしまうこともあります。ある程度、煉瓦同士がそれぞれの重さで支えあっていれば、ガラガラと崩れてしまうことを防ぐことが出来ます。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_153214.jpg



お、段々形になってきた。


クーポラのような・・・~アントネッロの「自分で作る石窯」_f0106597_163662.jpg



今日は、こんな感じで作業終了~。
お疲れっ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ゆきっぺ at 2012-07-23 02:32 x
テキパキテキパキ、マメマメって笑っちゃいますね!
本当に豆男さん素晴らしい!理系なんですね~。
こんなに立派な石窯なら、建築許可いるのも納得かも。
木枠やダンボールを後で燃やしてしまうなんて目から鱗。そうやってドーム部分を作るんですね。面白いです。
ユキちゃん帰って来たらびっくりするでしょうね!(^^)!
Commented by paprica at 2012-07-23 03:48 x
あはは。ほんとっ、こんな枠組みを「いつのまに作っておいたの?」って思った!んもぅ〜、アントネッロさん、素晴らしいっ!!
こうやってアーチにするのには、やっぱり細かくくだいたブリックや木片を使うのですね…それもマメっ。この作業を一人でこなしてしまうのもすごいです。これだけ早いペースで作業ができるのって、それまでの準備も万全であったんだろうし、作業工程も頭の中で何度もリピートされているのだろうなぁ〜って思います。
Commented by erieri at 2012-07-23 04:39 x
素晴らしいですね、、。こうやってアーチを作るんだ、と納得しました。
そして、すんごく楽しそうです♪
ただのアーチでなく高温の焼釜のアーチを素人が作っているって本当に凄いでことすよね。しかも着々とはかどっている、まじに尊敬です。
Commented by korosuke at 2012-07-23 08:10 x
天井の曲線部分をどうやって作るか、凄く興味が有りました。
解って、ナンかスッキリしたような気がします。
けど、凄いですね。
Commented by mattfrafra at 2012-07-23 10:30 x
やはり、クーポラの伝統の技、アーチはこうやって作るのだ という典型。
こういう技がまだまだ残っている国はすごいのかもしれない。
Commented by トラ猫 at 2012-07-23 10:40 x
アントネッロさん、凄いですね。なんでも出来ちゃう。窯を作る所なんて見たことが無いから、珍しくて、面白くて。ぜひ完成まで続きを見せて下さい。
Commented by mijoka_neko at 2012-07-23 12:23 x
石窯だとは知らずに、まず7月21日の最後の1枚を見た後に、23日の一番目と二番目の画像を見たら、建設中の野外音楽堂か何かだと思っちゃいますね。
もちろん、パラソルとセメントを塗るこては見なかったことにします。
Commented by aiko at 2012-07-23 13:52 x
へェ~!へェ~!ただただ感心するばかり・・・。たいしたもんだ。いろんな知恵にも驚く。凄いですね。
Commented by waihekeparadise at 2012-07-23 15:04
こんにちは。ニュージーランド、ワイヘキ島のCocoです。
子どものころ家の近くにアーチの石橋があって、レンガや石のアーチはどうやってつくるんだろうと
ずーっと疑問でした。今日、長年の謎が解決しました。は~すっきりしたぁ。(笑)
それにしてもアントネッロさんは、芸、いや、技が細かいですねー。
「うちにも’アントネッロ’欲しいよぉ~」って、ダンナに言ったら、「俺も欲しいよぉ~」だって。(爆)
Commented by tabikuma at 2012-07-23 18:24
これ、ダンボールなのねっ。全部屋根が完成したら、この構造を全部小さな入口から出すの、大変そうだな~って思ったけど、ダンボールなら潰せるのかあ。
いやあ、さすが紀元前から水道橋作ってた国で生まれ育った男っ!(笑)
Commented by wocean at 2012-07-24 03:56 x
すばらしい!!
オットくんにも見せながらフーフでこの工程を楽しく拝見しています。
この煉瓦を積んでいく作業懐かしいけど、ほんとワタシはもうやりたくなーーーーい(笑)
ちなみにオットくんは次回はもっと上手に手際よく作れるはず!!とか言っています。(また作る気???ひぃ~~~。勘弁)
Commented by rokochann at 2012-07-24 06:25 x
アントネッロさん、すごーい( ^o^)ノ
テキパキマメマメにはしっかりと練ったアイデアがあるのですね
同じ時期、物置(屋根とフェンスの間の小さな)を作る夫も
眠れなくなるほど考えてました
暑い中、ものづくりに向かう姿、それを見守る気持ち共感してます
Commented by たぁしゃ♪ at 2012-07-24 10:11 x
Buongiorno!
アントネッロさんすごすぎです✩ 窯造りのプロではないのに(?ですょね?)こんなに本格的に! 理系の頭脳と、行動力、それだけではなく、包容力・愛情たっぷり(*^^)v 私事ですみません、最近イタリア語の勉強始めました、トスカーナへ行きたいから少しづつ励みます❀
by lacasamia3 | 2012-07-23 01:33 | 親方日記 | Comments(13)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho