オーガニックの牛乳で考えた

オーガニックの牛乳で考えた_f0106597_22431634.jpg



今年の春から週に1度の割合で買っている有機牛乳。もう生活必需品の一部となっています。
容器についてブログのコメント欄でアドバイスをしてくださった皆さん、有難うございました♪ 結局、お勧め頂いた「ナルゲン」に似た容器を村の雑貨屋で見つけました。
↑、もう既に半分飲んじゃいましたが、毎週、この3リットルの容器一杯に牛乳を入れてもらっています。


オーガニックの牛乳で考えた_f0106597_22481412.jpg



最初の2日間は、絞りたての生乳の味を楽しみ、その後は、お鍋で一度、沸騰させ、それを冷まして、冷蔵庫で保存しています。これで1週間は美味しく飲むことが出来ます。
容器は2個買ったので、受け取る時に翌週分の空の容器を、お当番さんに渡しています。

私は、直接、農家から農産物を購入して、それを週に1回、受け取るGASというグループに参加しています。一見、面倒なシステムのように見えますが慣れるとそうでもないんです。
うちには畑があるので野菜は取っていないけれど、メンバーの中には、家で食べる殆どの野菜は、週に一度GASで受け取る野菜でまかなっているという人も居ます。
それぞれで参加度は違うけれど、私が参加し始めてからの4年間の間に、辞めた人は殆ど居らず、逆にどんどん増え続けて、現在は、約40家族が参加しています。

たまに、お当番で、農家に皆の分の牛乳をもらいに行くと、広い草原で牛たちがノンビリと草を食べています。きっとそれまで冬のための牧草を刈り取っていたのか、おじさんが汗をかきながら、トラクターから降りてきます。おじさんが朝早くから暗くなるまで、一生懸命働いているのを村の人は皆、知ってる。そして、牛たちが健康で無理のない環境で育てられていることも皆、知ってる。それは、パッケージやブランドイメージ、価格、エコマークなどでは計れない商品の価値だと思うんです。

地元の美味しい有機牛乳を村の中で消費する、村で採れた野菜やお肉を直接農家から購入する、村の周りで切り出された薪で暖をとる・・・大都会では難しいかもしれないけれど、これを実践できる環境にある小さな町や村は日本にも沢山あるのだと思います。

こうした生活スタイルが主流になることはないと思う。だけど、「世界市場」、「株価」、「消費者行動分析」、「流行」に影響されない、こんなミクロな経済が今の時代も可能だということ、それで生活ができるということを、これからも、細々と(笑)証明して行きたいなあと思うんです。

ゴミも出ないしねっ!我が家では、この牛乳でヨーグルトも手作りをしています。美味しいですよ。その話はまた今度・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by Naoko at 2012-07-22 05:24 x
以前よりブログを毎日楽しく拝見させていただいています。初めてのコメントです!4年前に東京よりシアトルに越してきました。東京での会社勤めに疲れを感じ、癒しを求めて郊外に引っ越したものの排気ガスがすごく頭痛持ちになってしまい、こんなところでは子供を育てたくない!と思い切ってシアトルに越してきました。今の生活には満足ですが、将来はもっと田舎に越してSHIHOさん達のような自給自足な生活をしたいと思っています。緑豊かで、空気がきれいで、穏やかな人たちに囲まれて、のびのび生活ができるって、素朴だけど本当に幸せですよね。これからもブロゴを楽しみに拝見させていただきます!
Commented by exmouthcoco at 2012-07-22 05:55
chihoさん、こんばんはー。

おいしそうな牛乳!
我が家のある地域は牛よりも馬が多くて…
近くに牛を飼ってる所があれば、牛乳をわけてもらいたいと常に思ってるんですが、残念ながらないんです。
この牛乳で作ったヨーグルト、おいしそうだな~~。
地産地消のシステム、環境にも、体にも、いいこと尽くめですね。

下のアントネッロの石窯、楽しく拝見してます。
見えない所での苦労って、結構ありますよね!引き続き、がんばってください~~。
Commented by erieri at 2012-07-22 06:36 x
素晴らしいアントネッロの仕事状況もとばして、この牛乳の写真にコメントを(笑)。
わたくし、子供の頃から何故か「ビール瓶くらいの大きさのガラスの瓶に入っている牛乳」を見るのが好きで好きで(市販のでも瓶入りの白い牛乳ならOK)。ちほさんの瓶も、ガラスではないけど真白でフォルムがとても素敵で、ぐっときました。美味しそうです!
Commented by momo at 2012-07-22 07:34 x
何か、楽しそうですね♪

皆、出来る事から始めればいいのでしょうね。

私もスーパーの便利さに慣れてしまっていますが、
家庭菜園は持っています。楽しいですよ。虫め!と
思う事も有りますが、薬はまいていません。牛乳と
酢水で撃退です。穴あきも削れば良いだけだし、
のんびり構えています。野菜を食べる虫が居て、その
虫を食べてくれる虫も居て・・・・と、自然には教えられ
感謝する事がたくさんあります。


日本は人口密度が高いので都市部の方は理想と
現実の差が出来てしまいますし、忙しさはひとそれぞれで、
効率を考えるとどこまで便利さを取るかですが、
今まで見えていなかった部分に目が届いたり、効率よりも
質を大切にする人が増え、意識改革になれば、
社会も確実に変わってくるのかもしれませんね。

第二次世界大戦後の急成長で少しくるってしまった世界が、
冷静になろうと変革を迎えている時期なのかもしれません。

確実に良くなることを願って・・・。
Commented by nuts at 2012-07-22 12:17 x
いつもブログ楽しみにしています!

私も牛乳が大好きで、どうしても酪農家さんから直接牛乳をもらおうと掛け合い、友達数人と20ℓをもらって分けてた事があります。結局、少量を(酪農家さんにしたら)量るのが面倒らしくて、3ヶ月くらいで強制終了になってしまいましたが、あの味はわすれられません〜。うらやまし過ぎます。
Commented by waihekeparadise at 2012-07-22 13:16
こんにちは。ニュージーランド、ワイヘキ島のCocoです。
地産地消、とっても大事なことですよね。
私も地元の野菜や果物、あるいは自分の畑でつくったものを使うようにしています。
たまごは近くの放し飼いの鶏を飼っている農家から直接買うようにしています。
残念ながらお肉や牛乳などはワイヘキ島産のものがないので、
なかなかChihoさんの暮らしのようにはいきませんが、
その分、釣り好きな友人たちが島釣りの鯛を持ってきたりしてくれます。(感謝!)
島で採れないものは、フェアトレード商品を選ぶとか、いろいろ工夫しています。
GASのようなグループがワイヘキ島にもあるといいんですけどね。
まずは自分からできることを実践するって大切なことですよね。
Commented by MakiMakiMacci at 2012-07-22 17:31
こんにちは!
スウェーデンでも、スーパーでかなり多くのオーガニック商品が手にはいります。牛乳などはオーガニックでないものとの価格の差もあまりないのですが、フルーツや野菜はすごく差があるものもあります。
しかも、1つづつ個別包装されたものが、4つ入りとか。
大量のゴミも環境にいいとはいえないし、いくつか一緒に梱包されているから?売れないから?中には傷んでいるものもあります。
GASのようなグループができるといいな。
Commented by ELLE at 2012-07-22 23:41 x
DVD拝見しました(^-^)/

Chihoさんの生活を初めて見た、あの時の気持ちが蘇りました。
野菜や肉、牛乳を汗一つかかずに手に入れている自分に疑問を感じた気持ちです。
どこから来て、どんな風に育ったのか知りません。だからこそ、有り難み、育てた人にしか分からない気持ちも感じにくい…

日本ではそれが当たり前ですよね。5歳の息子も鳥肉は白い塊でパックに入っているのだと思っていたようです。
いろんな事に気づかせてくれる、本当に素晴らしいDVDだと改めて思いました。

Commented by mame.ko at 2012-07-23 08:54 x
新鮮な牛乳が飲めるって本当に素晴らしいと思います。
しかもそのお乳を出している牛さんののびのび生きている姿をみて・・なら尚更安心ですね。
私の夢はのびのび育っている鶏の卵を食べること、のびのび育っている牛の牛乳を飲むことです。野菜は畑で作ってるので無農薬の取れたてのものが食べられるんですが、動物を飼育して・・というのはなかなか難しい環境なので、chihoさんのそれらが手に入る環境が本当に羨ましい!!
Commented by at 2012-07-23 15:57 x
CHIHOさん、素晴らしいです!!
今から30~40年前までは物々交換(売る買うではなくて)は日本の田舎でも行われてました。
自分の畑で作っていない野菜をお隣りからいただく。
山を持っている人は樹木の手入れの代償に切った枝(薪)を差し上げるなど。

現在のように(見た目)豊かになるためには、田畑や山仕事を捨てなければ外貨が稼げなかったのですから否定はしません。
でも、貴女のような心豊かな生活は殆どなくなってしまいました。
もう一度取り戻すことはできないのでしょうね。

気持ちがあったかくなる生活を応援しています。


小豆ももち米も手作りのおはぎや豆から作っていた味噌は、今では
Commented by africa at 2012-07-23 18:13 x
chihoさん、日本にもそんな風に消費がまわる、小さなコミュニティができたらいいのにと本当に思うよぉ。
都会的インテリジェンスの進化系のような、GASを支える人々の意識と、田舎の人々の生活がうまく結びつくには、まだまだ時間がかかるんだろうなあ・・・。GASのも最初の一歩にいろんな失敗や時間の経過が必要だった・・・のよね?きっと。
Commented by kotatora4 at 2012-07-27 13:11
なんて豊かな生活なんでしょう!これこそまさに「地に足がついた」生活。体に入るものがどこから来たのか、どんな背景で育った食物なのか、知って食べる事ができるなんて、本当に素晴らしいです。

私が住んでいる街ではスーパーか生協等の宅配で買える物を食べるしか・・・。他のチョイスはありません。もちろん、いろいろ探したり、遠くのオーガニックスーパーに行く等すれば可能かもしれませんが、手間とお金が余計にかかる仕組み。何かがおかしいと思いつつ、今の私はここで生活するしかなく。。う~、ジレンマです。
by lacasamia3 | 2012-07-21 23:56 | シンプルエコライフ | Comments(12)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho