迷子のアヒル

今日は用事があったので、いつもより早く鶏を外に出そうと小屋を開けたら・・・


迷子のアヒル_f0106597_49478.jpg



み、見慣れない動物が小屋の中に居ました。誰~?


迷子のアヒル_f0106597_493254.jpg



私が知らないうちに鶏のヒナが生まれていた?にしては何だか顔が違うっ!
「き、キミタチ、誰ですかっ!」

どうやら、お隣のおじいちゃんのアヒルの雛が迷って、我が家の鶏小屋に侵入したようですが、でもどうやって2重の金網を越えたんだろう??
それとも、意外と人間の知らない所で、動物たちは社交的なのだろうか?秘密の通路みたいなのがあって、結構自由に行き来してるとか(笑)。

とにかく謎な出来事でした。
この後、2羽はおじいちゃんのお庭に戻してあげました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ゆきっぺ at 2012-05-17 06:30 x
キミタチ誰ですかって笑っちゃいますね。
可愛いアヒルたちも、千穂さんの庭が羨ましかったのかも(^o^)
Commented by ebuebu at 2012-05-17 07:45 x
おはよーございます♪
その謎、知りたいです!
どうやって入ることが出来たんだろ~、犬じゃないし、金網の下掘ったりしないですよね~(//∇//)

遊びにきたのかな~?
お茶しない?なんて…(*^^*)

Commented by 亜由美 at 2012-05-17 07:58 x
くくくっ!千穂さんの表現に今日もほっこりさせてもらいましたー。

それにしても鶏小屋の中にまで侵入とは…二重の金網をくぐり抜け? 人間には見えない秘密の道
があるのかもー♪(´ε` )
Commented by junjun at 2012-05-17 08:56 x
千穂~さん!お久しぶり~です!!皆さんお元気のご様子何より~です!
風薫るさつきの緑に誘われて、日ごろから気になっていた、お隣さんの鶏」に逢いに来たのですね!!メルヘンですね!!
Commented by チョビ at 2012-05-17 09:29 x
何かと話題に事欠かないお隣さんのアヒルくんですね(笑)
こんなことが起こる日々って、すごく羨ましいです。
かわいいなぁ~^^
Commented by sachi at 2012-05-17 10:30 x
ちょっww
Commented by hahamego at 2012-05-17 11:49
こんにちは、chihoさん。
アヒルのお子さんたち、よく鶏さんたちにつつかれること無く仲良く過ごせましたね。良かった良かった。

でも、ビックリ!
Commented by pammichi at 2012-05-17 12:04
可愛いですね!
二人で探検にきてたって思うと 色んなストーリーが浮かんできます
無事に帰れて良かったね
Commented by moko at 2012-05-17 12:35 x
あ~あ・・・思わず 笑ってしまいました。このての話題も、好きです。これから、畑楽しみにしてますね。chihoさん 文章 うますぎです。飽きないのよね~***
Commented by Tom at 2012-05-17 14:20 x
外に鶏を出して。。。って 千穂さんの朝の光景を想像しました*
アヒル達も居心地のいいお家をかぎつけたのかも~
Commented by ルリ at 2012-05-18 00:09 x
千穂さん、こんにちは☆

「キミタチ、誰ですかっ!」って、ホント可笑しくって笑えます!
ビックリですよねー、自分のうちのコじゃない、見慣れぬコたちがそこに居たら。
どこから来たの~?って感じですよね。どこかに穴?でもあるのかしら?
とにかく、元のおうちに帰れて良かった良かった☆

Commented by ワラビー at 2012-05-18 09:04 x
かわいい謎ですね♪ 

もしかして隣のおじさんが入れてたりして...、と勝手に妄想(^ ^).  
Commented by Giusy at 2012-05-19 22:48 x
このところ、とっても忙しく、ようやくアヒルのお話読んでます。それにしても可愛いアヒルさんですね。きっと、空から侵入ではないですか?お天気に誘われ、ちょっと冒険したのだとおもいます。
by lacasamia3 | 2012-05-17 04:14 | ヒヨコ成長日記 | Comments(13)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho