有機牛乳です

有機牛乳です_f0106597_5254311.jpg



今日は私がお当番で、村から2キロほどの場所にある農場に、有機牛乳をもらいに行きました。GASでちょっと前から購入を始めた無加工、無調整のBIO牛乳です。

以前からブログを読んでくださっている方は、もうご存知かと思いますが、私が参加しているGASとは、GRUPPO DI ACQUISTO SOLIDALEと呼ばれる種類の共同購入グループです。いわゆる日本の生協とは違い、組織化しておらず、購入し分配することで利益を上げることはありません。また、活動にかかるガソリン代などは全て各自持ち出しです。
純粋に、皆でオーダーを集めて有機農家から直接、野菜やチーズ、はたまた靴まで(笑)、購入してしまおうという市民グループです。フィレンツェ市内、郊外には大小さまざまな沢山のGASがあり、それらは勿論フィレンツェだけでなく、イタリア各地にあります。
面白いのは「GASマニュアル」とか、「GASの作り方」なんていうものはなく、2家族集まればGASになれるのです。ただ、「利益を上げないこと、有機農家を支援すること」が原則です。

私が参加している、おらが村のGASは今、30世帯程が参加しています。勿論、参加の度合いは様々ですが、結構活発で、皆、それぞれが豊富なアイデアを提案してくれます。

今回の牛乳の購入は、トレッキング好きなGASのメンバーFさんが、山歩きをしながら偶然見つけた小さな農家に立ち寄ったのがきっかけでした。美味しい牛乳をご馳走になったFさんが、「BIO牛乳の農家を見つけたよ!」とメールで提案してくれたのです。

結構行動力があるメンバーばかりなので、すぐに、購入したい人の名簿が出来、週に1度の受け渡しで、取りに行くお当番のカレンダーがメールで回ってきました。

今日、牛乳を受け取りに行った際に、農家のおじさんとちょっとお喋りをしました。この小さな農家では、30ヘクタールの中で、20頭の乳牛を放牧しています。
通常、フレッシュな有機牛乳は、スーパーなどでは1リットルあたり1.8ユーロから2ユーロの値段で売られています。所が、実際に牛乳製造販売会社が農家に払う値段は1リットルあたり0.4ユーロです。残りの1.4ユーロは、製造販売会社とスーパーの取り分。実際のものを作る農家はこれだけしか取り分がないのです。

GASで私たちが直接購入する場合、私たちはおじさんに1リットルあたり1ユーロを払います。こうした購入方法が増えることは、この農家のように小さな生産者にとっては、新たな方向性の1つだと思います。現在は、毎週1回、合計で約40リットルの牛乳をまとめて購入しています。

勿論、人間という生き物は安易なシステムに流されやすいものなので、GASのシステムが市場の大部分を占めることはないと思います。きっとやはりスーパーがこれからも主流になっていくのでしょう。
でも消費スタイルの選択肢の一つとして、少なくともトスカーナでは、GASがかなり浸透してきてるなあと思います。

今後の課題は、容器。今の所、↑ミネラルウォーターのボトルを再利用していますが、牛乳自体の脂肪分が高いので、一回使うと分別ゴミに捨てなくてはいけません。GASのメンバーって水道水を飲む人が多いので、余りミネラルウォーターを買わないしね。蓋がきっちり閉まって、スポンジで綺麗に洗えて、繰り返し使えるような容器を探している所です。

BIO牛乳、とっても美味しいですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by Sue at 2012-04-11 07:50 x
こんにちは
いつも、その後のゆきちゃん一家の生活を楽しく拝見しています。
牛乳が捨てられるニュース映像を見たり、バターの生産調整があって、デパートでバターが買えなかったりすることがあります。生産者に直接利益が還元されたなら…と今日のブログを読んで思いました。私の家から徒歩圏内にもアイスクリーム工房を構えた小さな牧場があります。でも牛乳は売ってませんね。勿論バターも。生協とは違うGAS、理想ですね。
Commented by y_and_r_d at 2012-04-11 08:43
こんにちは。
濃厚な味でおいしそう!
ボトルのデザインが不思議だったのですが
再利用だったんですね。
GAS・・・自然と人間の距離が近い
イタリアならではのシステムなのでしょうか。
Commented by ココナッツ at 2012-04-11 09:24 x
有機牛乳良いですね!
日本で売ってる自家製麦茶を入れる容器なんかいいと思います。小さな注ぎ口がついている蓋があり、蓋は外せるので、スポンジで中まで洗えますし、小さな注ぎ口がついているので、牛乳を注ぐときもドバッと出ませんし。
…たまに蓋ごと外れて中身ドバッとなってしまう不良品や安物もありますが。
Commented by iegoccochi at 2012-04-11 09:30
おはようございます!
ステキなパッケージに入ったbioミルクですね♪
日本ではとても貴重で○カナシ乳業さんの有機牛乳しか
個人的には知らないのですがお値段的にも通常3倍くらいで
3割引きのときにまとめ買いしています(笑)でもそれくらい
有機の畜産って大変な労力とコストがかかるってこと
現場の方からも伺ったことあるので小さな貢献で有機を
選ぼうとしてはいるところです。。。トスカーナのGASの仕組み
とても参考になります!
Commented at 2012-04-11 10:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by popon at 2012-04-11 15:20 x
ほぼ毎日、ブログ拝見しています(^^)
知識が乏しくてすみません・・・海外では水道水は飲んではいけない(飲まない方が良い)と思っていましたが、あえてGASのメンバーさんたちがミネラルウォーターを飲まないと書かれたのは何か理由があるのでしょうか?

chihoさんたちのGASシステムはとても私の買い物の仕方を反省させられて勉強になります。
Commented by tymo at 2012-04-11 17:41 x
オランダの田舎暮らしの友人は、隣の酪農家に買いに行くときは、1リットル位入る丸いタッパ-ウエア-でしたよ
Commented by soramame2007 at 2012-04-11 20:49
はじめまして。農家から直接購入できるって素敵ですね。
日本では食品衛生の関係で設備をしっかりしないと売れないので難しいですね。
でも、顔の見える生活って素敵です。
Commented by あき at 2012-04-11 21:25 x
おいしそうな牛乳ですね。アメリカ圏にいたとき、アメリカの牛乳を飲むと下痢して飲めなくなりました。この有機の牛乳をなんでみたいです。牛乳の入れ物ですが、イタリアのガラス瓶に入ったオリーブオイルを日本でよく見かけます。オリーブオイルの瓶はどうでしょう?ガラスなら再利用できるのでは?
Commented by ELLE at 2012-04-11 22:47 x
千穂さんの影響で、フェアトレードの物を意識して購入するようになりましたが、最近無農薬でお米を作ることにより、川に蛍が帰ってきたという新潟県の農家さんからお米を買うようにしています。
今まではスーパーで安いときに、産地にこだわらず購入していましたが、日本の自然を守ることに自分も一役かえるんだということに気づく事ができたのも、千穂さんのブログのおかげです!
Commented by marcheselli at 2012-04-12 01:03
パルマでは一時牛乳スタンドが大流行でした。パルミジャーノ・レッジャーノを作っている農家さんで牛乳があまるのでスタンドを作って売っていました。濃厚でおいしいのですが、3,4日で分離してしまい、大家族にはよいのだけど、、、。パルミジャーノ・レッジャーノの生産者のところに行くとちゃんと牛乳用の牛の絵の書いてある牛乳瓶が売っていて、私はそれを持って買いに行っていました。商売してますよね。
Commented by takinosuke at 2012-04-12 08:21 x
こんにちは。いつも楽しく拝読しています。
牛乳の容器で気になってコメントしました。世界中のアウトドアマンの方々が愛用しているナルゲンと言うメーカーの容器があるのですが、そちらはいかがでしょうか.口も広く蓋もしっかりしまり漏れません。瀧之助はホットヨガで使用してます。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:24
Sueさん>間に利益が生まれないということ、単純そうに見えるけれど、本当はとても重要なことだと思うんです。儲けを考えないから、純粋に環境に対する姿勢や、家畜の飼育環境という点で農家を選んでいます。値段じゃないの。そして農家さん側からの提示価格をそのまま受け入れる(割引してなんていわない)と言う姿勢です。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:26
y_and_r_dさん>うんうん、確かに自然(農業)と人間(消費者)の距離がとても近いです。でも大都会ローマやミラノにも活発な活動をしているGASがあるんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:27
ココナッツさん>日本だと結構色んな容器がありますよね。注ぎ口もぴったりと閉まるタイプを探しています。お当番さんが農家にもらいに行って、それを車で持ってきてくれるので、途中でこぼれちゃったりしないようにです。個人でもらいに行くんだったらお鍋でも良いんですけれどね(笑)
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:30
iegoccochiさん>そうなんです。有機酪農の牛乳を作るには、とても労力がかかります。有機でない酪農と比べると、1頭の牛からとれる牛乳の量は半分以下だし、夏は放牧するし、冬は、トウモロコシ飼料ではなく、刈り取った干草のみを食べさせると言うのはとても手がかかることなのです。でもその分牛は長生きし、牛の体の負担も軽くなります。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:35
鍵コメBさん>アドバイス有難うございます!アウトドアグッズだと液体を運ぶための容器は色々ありそうですね。お勧めいただいたナルゲンに似たものが見つかったので、またブログで紹介します。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:40
poponさん>いつもブログを見てくださって有難うございます。イタリアに関しては、街によって差はありますが、フィレンツェでは水道水を飲むことが出来ます。きっと、「ここは飲めるけれど、ここは飲めない」と言えないから、一応、一律で「飲まない方が良い」と言うのでしょうね。GASの人でなくても水道水を飲んでいる人は沢山居ます。GASに参加している人は特にゴミ問題に関心を持っているので、ゴミとしてのペットボトルが出ない水道水を飲んでいる人が多いのだと思います。うちは、井戸水をフィルターに通して飲んでいます。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:41
tymoさん>タッパーウエアも良いですね。オランダもきっとこういう風に牛乳を直接売ってくれる農家が沢山ありそうですね。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:43
soramame2007さん>イタリアも食品販売の衛生基準は厳しいのですが、個人でこうやって買う分には個人責任となるために特に規制はありません。日本でもおコメとかだったら出来そうですね。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:44
あきさん>ガラス瓶はトマトソースのものやオリーブオイルのものなど色々あるのですが、どれも洗うときに手が入りにくくて却下されたんです。昨日、良い容器を見つけたので、今度ブログでお見せしますね。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:45
ELLEさん>消費者が直接農家から買うという仕組みが伸びていけば、有機農業も新たな活路を見出すことが出来ると思います。新潟の農家さんもきっと一生懸命、こだわりを持っておコメを作られているのでしょうね。
Commented by チョビ at 2012-04-12 15:46 x
GASのしくみがとてもよく分かりました。
横のつながりと行動力、すばらしいと思います。
容器のリユースもとても大切なことですよね。
昔は日本でもリユースの牛乳瓶がほとんどでしたし。
効率と利益だけを考えると難しいのかな。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:47
marcheselliさん>へえ~、パルメザンチーズの農家の牛乳、飲んでみたいです。さすがパルマ!有機酪農をされているんですか?牛の種類が特殊なのかもしれませんね。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:49
takinosukeさん>ナルゲンのアドバイス有難うございます。サイトで見てみました。偶然、昨日見つけて買ってきた容器が、ナルゲンに良く似ています。ブログでご紹介しますね。今日は雨が降って寒いので、ホットヨガやってみたい~。
Commented by lacasamia3 at 2012-04-12 15:50
チョビさん>そうですよね、日本も昔はリユースの牛乳瓶でしたよね。そうなんです、GASは全然効率が良くなくて、利益も出ないのに(笑)、皆幸せそうに活動しています。
Commented by kaorihie at 2012-04-13 21:53 x
初めてお便りします。最初に千穂さんの文章を読んだのは「フィレンツェ田舎便り」のご本でした。私も日本で『大地を守る会』という有機無農薬食品の宅配をとっています。安すぎる農作物はおかしいと思うのです。農家や牧畜業者の生活が成り立って再生可能な食料生産が可能になるような消費のやり方があると思ったからです。マジョリティには決してなれないでしょうが選択肢が広がるのはいいことですよね。
Commented by ゆき at 2012-04-15 19:49 x
ジェラート屋としては美味しい牛乳を手に入れることが、美味しいジェラートにつながるのですが、日本ではかなりの高額でないと手に入りません。イタリアは本当に牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品が美味しいですね。
Commented by フタコ at 2012-04-18 13:02 x
トレッキング用のボトルなら、密閉性も軽さも申し分ないですよ。きっとイタリアでも売ってるんじゃないでしょうか。
Commented by rokochann at 2012-04-19 18:52 x
GASのシステム、生産者も消費者もうれしいことですね
生活クラブという生協に入ってせめて安全なものに こだわって3人の子供を育ててきました
今、旬を迎えてる筍も汚染が発表されて 暗い気持ちになっています
3月11日までは考えてもいなかったことでした
自分の身にあってからでは遅すぎました
ほぼ毎日ブログ楽しみに開いてます
私に何かできることをやっていかなくてはと思います
by lacasamia3 | 2012-04-11 05:56 | シンプルエコライフ | Comments(30)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho