課外授業

昨日は、ユキちゃんたちのクラスは、課外授業で、フィレンツェ、アカデミア美術館の隣にある音楽学校、Conservatorio Luigi Cherubiniに行ってきました。
ここは1784年、メディチ家に代わりフィレンツェを継承したハプスブルグ家時代に作られた歴史ある音楽学校です。1700年代後半のフィレンツェ生まれの作曲家ルイージ・ケルビー二にちなんでその名がつけられています。

山の学校の子供たちは、豪華なホールの内装にビックリ。ユキちゃんも後で、「赤い絨毯が敷かれていたのよ!」と興奮しながら語っていました。
学校内のホールで、子供たちが見学したのは、オーケストラの演奏と、ピアノ奏者の公開レッスン。
もうすぐコンサートがあるそうで、マエストロが、20歳そこそこの若い奏者を指導している所を見学したのだそうです。この学生さんが10年間もピアノを学んでいることに、ユキちゃんはとってもビックリしたのだそうです。コンサートで見ることはできない、究極を極める過程を見ることは、子供たちにとって、とても大きな刺激になったことでしょう。

山の学校は遠足の予算は殆どないのに、先生たちのお陰で、年間で沢山の課外授業があります。美術館や様々な団体が、年間で公募する子供たちの体験授業の募集に沢山応募しているようで、親が負担するのは殆どの場合、公共バスのチケット代往復2.4ユーロ位です。

中には、「遠足ばかりで学校の授業がなかなか進まない。他の学校はもっと先まで進んでいるのだから、もっと勉強に力を入れて欲しい」という親も居るのですが、全体から見ると小数派で、殆どの親は、小学校の今しか体験できない「学ぶことの楽しさ」をしっかりと味わって欲しいと思っているようです。

6月の半ばの学期末まで、確定している遠足だけで、まだあと6回もあります。楽しみだねえ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by fumieve at 2012-03-22 19:46
イタリアの学校は遠足が充実していますよね。ヴェネツィアはもちろんですが、先日行ったシエナも大小さまざまな学校のグループでいっぱい。美術館や企画展会場で見かけることも多いし、こうして子どものころからいろいろなものに触れて、育っていくんだな~と羨ましく思います。
ユキちゃん、今年度だけであと6回ですか!それはすごい。次はどこに行くのかな~ワクワク。
Commented by junjun at 2012-03-22 20:11 x
千穂さん~!こんにちは!机に向かう勉強より、心の感性磨きは、人造りの大切な時期に沢山あった方が、豊かな人を育んでくれると思います!都会じゃなくて、山暮らしをなさっておられる
千穂さんご夫妻の意図が、!!ゆきちやん!きっと、バランス感覚のとれた、素敵な
レィディーに成長しますね!!楽しみ!!たのしみ!!
Commented by クレマチス at 2012-03-22 20:31 x
ユキちゃん遠足、楽しくて何より・・・・・
何事も経験!自分の目で観て肌で感じその場の空気に触れ
子供は感受性が豊かだから吸収すろことたくさんあると思います。
言葉ではなく実体験が子供には一番!
ユキちゃん心豊かな女の子に・・・・・

北九州の子供たちは今日が終業式だったみたいです。
いよいよ明日から春休です。イタリアの学校の休みはどうなっているのですか!?

Commented by くまざぶろう at 2012-03-23 11:09 x
こんにちは!
イタリアの学校の先生方の努力と工夫でそんなにたくさん
課外授業ができるなんて、すばらしいですね(^0^)

いろいろな体験はかけがえのない財産だと思います。
そんな学校生活、うらやましいかぎりです。
Commented by gantou at 2012-03-23 11:12
楽しいですね! 遠足三昧で6月まで、6回も有るのだから、私の時なら大喜びです。遠足は全部が記憶しているわけでは無いのですが、その中の幾つかは、教科書で学んだ事と違い、何年経っても、記憶に焼き付いています。一杯の想い出が貯まると良いですね!
Commented at 2012-03-23 11:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lacasamia3 | 2012-03-22 18:10 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(6)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho