あれから1年

あれから1年_f0106597_3125913.jpg



東日本大震災から1年が経ちます。
私がイタリアに来て、何年も経ちましたが、それまではイタリアでの暮らしのことで心が一杯でした。所が、去年の3月11日の震災のあとは、いつも心の端っこで日本のことを想っていました。
答えが出ない問題も沢山、何が正しいのか、何が間違っているのかなんてビシッと線が引けないことも沢山あります。
去年の暮れ、家族で5年ぶりに帰国しました。久しぶりの実家は何も変わらず、元気に母が笑顔で迎えてくれました。でも1つ変わったことがありました。それは・・・


あれから1年_f0106597_2574275.jpgあれから1年_f0106597_2583675.jpg


お料理を作ることが好きな母は食器を沢山持っています。それらは決して飾っておく食器ではなく、実際に器として使う食器です。
余りに多いので、私が一緒に住んでいた頃から既に、洋食器と和食器に分けて、食器棚が2つありました。
今回、実家で食器棚を開けたら、小皿もお碗も、全ての食器がきっちりと籠に分けられて入っていました。

母らしく、「割れて困るような上等なお皿はないのよ。ただ、片付けるのが嫌なの。籠の中だったら割れてもそのまま中身を捨てれば良いでしょ」とあっさり言っていましたが、本当は思い出が沢山詰まった器も沢山あるはずです。

震災後、東京でガソリンが不足し、好きなドライブに出かけられなくなった母は、コツコツと食器の整理をしていたのだそうです。

「100円ショップで籠に一万円分も使っちゃったわよ~」と笑い飛ばしていましたが、きっと、手を動かしながら、じっと震える心を静めていたのだと思います。


あれから1年_f0106597_331894.jpgあれから1年_f0106597_342196.jpg


食器棚の全ての扉には、クマちゃんの安全フックがついていました(笑)。

心の強い母だから、泣き言一つ言わず、電話でも、メールでも気丈に過ごしていました。逆に、気落ちしている人たちの力になろうとしていました。
あの時の不安感、絶望感は、地震や津波を体験した人にしかわからない、私には計りようのない悲しみを今も抱えている人は沢山いると思います。


あれから1年_f0106597_363792.jpg
深い心の傷はすぐに癒えるものではないかもしれない。それでも美しい春はやってくるし、少し笑える日が来るかもしれない。
言葉だけの「頑張ろう」ではなくて、悲しくて泣きそうな時に、ちょっと温かい気持ちになったり、くすっと笑えるような気持ちになれるような、そんな心の種を蒔くことだ出来たなら・・・と思います。
何をするというわけではないけれど、母のように、自分の心を強く持って、人に幸せを与えられるような人になれたら良いなと、心から思います。

明日は一日通訳の仕事です。でも、きっと空を見上げて、遠い日本に心を寄せると思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by Rosehip at 2012-03-11 05:16 x
千穂さん、日本に寄せる種々の思いを、言葉にして下さって有難う。私も空を見上げて、海の向こうの日本に心を寄せる日にします。昨年、此処外国に暮らす私の家族に寄せられた、友人知人からの励ましに救われたこと、その励ましを日本に届けたいと祈った事を重ねながら、、、。そしてまだ終わっていない重みを感じながら。
Commented at 2012-03-11 05:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by watergirl25 at 2012-03-11 06:50
素晴らしい記事に感動しました。
あの揺れは本当に忘れないでしょう。私はあの日、幼稚園児の我が子二人を抱えてもうこのまま崩れ落ちてしまうんだと恐怖感でいっぱいででも必死に捕まって子供たちを押さえドアが閉まらないよう押さえ子供たちに大丈夫?と叫んでいました。すると、5歳だった長男が「僕は大丈夫だよ!!もうすぐ終わるから頑張ってマミィー」と恐怖で震えながら叫んだんです。そこで私ははっとしました。子供って小さいのに本当に強いです。津波の被害を思うと本当に辛いですね。私も何も出来ないけれど、子供たちを守っていきたいと思います。
Commented at 2012-03-11 08:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by たぁしゃ♪ at 2012-03-11 09:09 x
祖国日本を愛し祈ってくださり有難うございます。
人の身体に例えれば体の一部が深い重傷を負った現在の日本。
国内に住む者が努力し循環良好を目指していけば、いつの日に必ず復興すると信じたゆまぬ歩を続けます
Commented by 柴崎 俊子 at 2012-03-11 09:56 x
初めまして柴崎と申します。「猫のしっぽ」で千穂さのご家族のフアンになに毎日ブログ楽しみに拝見しています。今日、震災の日を迎え日本に思いを寄せられていろ事とても嬉しく思います。私も千穂さんと同じような種をたくさん蒔けたら良いなと共感しました。
Commented by アキコ at 2012-03-11 11:36 x
ここ数日、日本では震災時の映像が繰り返し流れて、震災の番組が放送されています。
親戚を亡くし、助かった親戚も皆、家を無くした私達は、まだその映像が辛いです。
なかなか気持ちは、前に進まないですね。
難しいもんです。
Commented by ななまりん at 2012-03-11 13:36 x
こんにちは。 お母様の気丈さに涙うるうるしました。
自然には勝てないけれど それでも予防策はできるだけしていきたい、
私もかごとフック、実践してみます。
支援は続けていくことが大切だとまた今日
感じました。世界中の方々が日本を思ってくれている
311.  国民全員が幸せだと思う生活はまだまだ
先のようですが。。。自分でできることは何か
考えていこうと思います。
Commented by ルリ at 2012-03-11 16:45 x
午後、市内アナウンスで黙祷の時間を告げる放送が流れ、黙祷させていただきました。 涙が出ました。
アキコさんのお気持ち、同感です。私も、震災の映像はまだ心には痛く、見ることが辛いです。
私ごとですが、昨年の冬に、我が子の様に心から愛し、宝物の様に大切な家族だったペットを亡くし、「守れなかった」という後悔や、喪失感と戦っている時に、3・11を迎えました。
震災の日、「ペットさんたちはどうしているだろう?飼い主さんたちは迎えに行けただろうか?お互いに会えただろうか?」と、とってもとっても心配でした。
突然愛する者や愛するペットと別れなければいけなかった方々の苦しみや、無念さや、助けてあげられなかったという後悔の気持ちや喪失感。。。 今も毎日苦しんでいる方々のお気持ちを思うだけで、心が痛みます。
今日もたくさんの特集番組がTVで一斉に流れていますが、こうして千穂さんの所にお邪魔するとホッとするので、TVを見ないで過ごしています。 
想いだけは、千穂さんが日本へ寄せて下さるように、被災地の方々へ寄せて。。。
今は、ただただ、そっとしておいて欲しい。。。そんな気持ちで今日を過ごしています。
Commented by buonaforchetta2 at 2012-03-11 17:19
お母様に、励ましていただいた者の一人です。あの時は明日をも知れない日々を送る中、ずっとこちらの事を気にかけていただきました。今週は震災報道ばかりで、前進したはずの気持ちもまたあの時に引き戻されてしまって相変わらず足踏みしたままですが、次は私がお母さまみたいに誰かを勇気づけられる人になりたいなと思うのです。
Commented by ゆきっぺ at 2012-03-11 17:55 x
こんにちは。
千穂さんのお母様も地震の被害に合われたのですね。対策も万全にされていて、気丈さが伺えます。年末年始に千穂さん一家が帰って来られて本当に心強かったことでしょうね。
私も今日の2時46分には黙祷をささげました。遠く離れた九州からも、何が出来るか考えていかなければいけないと強く感じています。
Commented by Madame Cow at 2012-03-11 17:58 x
震災後のごたごたのなかイタリアに旅立ち、あちこちでお見舞いの言葉を頂戴し有り難くて涙がこぼれました。 お目にかかってから一年経ったのですね。 東北には私は縁がなく、知り合いもほとんどおりませんでしたが、ひょんなことから時々お菓子を送ったりするお宅ができました。 私一人頑張ってどうなるわけでもありません。少しですが心を寄せて行こうと思います。
Commented by kayo at 2012-03-11 20:04 x
きれいなクリスマスローズですね。お母様の工夫、ほんとうに尊敬します。
私はなるべく普段通りに過ごすことにしました。
自分になにができるか、まだまだ分からないことだらけです。
Commented by MARIA at 2012-03-11 20:15 x
今日で、震災から1年が経ちました。
各局のテレビで震災の映像が流れていて「忘れてはいけない!」と心の中で思うなか、自然と涙が出てきて話す声と手元が震えました。
Commented by momo at 2012-03-11 23:24 x
今朝のNHK趣味の園芸は大きな被害を受けた岩手山田町での「水仙の植え方」でした。山田町にご縁あって支援をしているのですが、植木鉢の花を持っていってくれた人の行為がきっかけになり、町で花をみんなで植えようという運動を大変な生活の中で始めて下さった方たちがいて、NHKで前回はチューリップ、今回は水仙の植え方を講師が指導し、仮設にすんでいる方たちも参加してくださり、そんな収録を東北の被災地でやったことはとても意義深いことだと思います。いろいろなところに咲いている水仙、チホさんの水仙のことも思いながら番組を見ました。
Commented by ワラビー at 2012-03-11 23:27 x
涙がでました。

私はもしその時が来た時主人がいなかったら1人で2人の子をどう守れるのでしょう。不安だけれども日本から離れる事ができない。

今、今日を後悔なく生きる事。それがたった一つ出来ることです。
Commented at 2012-03-11 23:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-11 23:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-11 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さよ at 2012-03-12 02:47 x
千穂さんのライフスタイルとまでは行きませんでしたが、三月十一日はできるだけ電気、ガソリン、携帯電話、コンピュターを使わない努力をいたしました。これからもできるだけそうしようと思いました。月明かりの中で見上げる夜空はとてもきれいでした。いつの間にか快適で便利な生活に慣れていて感謝の気持ちを忘れた自分を反省しました。
Commented by あき at 2012-03-13 19:56 x
わ~い♪
千穂さんのお母さんの食器対策すごいですね^^
安全フックも100均?
早速!参考にさせて頂きます^0^ノ

あの日は、アントネッロさんのまねっこしてランプ作ってガンバってたっけなぁ~って懐かしく思います。

今では電気がピカピカで・・・もったいないくらい。
もったいないなんて思う自分にビックリです^^;
by lacasamia3 | 2012-03-11 03:55 | 幸せの種 | Comments(21)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho