美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ

美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_16282056.jpg



アルタムーラを後にして、私たちが向かったのは、Castello del Monte(カステッロ・デル・モンテ)。1200年代半ばにプーリア、そしてヨーロッパ全体を支配していた神聖ローマ皇帝フェデリコ・セコンド(フリードリヒ2世)が1229年から1249年の間に鷹狩りの為の別荘として作ったお城だと言われています。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_177597.jpgドイツ人でありながら、シチリアのパレルモで育ったフェデリコII世は、人生の大半を愛した南イタリアで過ごすのです。
シチリア、プーリア、カラブリアなどに200以上のお城を作った彼は、天体学、建築、語学に長け、アラブ語で直接スルタンと政治交渉を行ったのだそうです。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_16572371.jpg



このお城の設計にはフェデリコII世直接手がけたとのこと。完璧とはこのことか・・・と思わせる様な、ミニマムでありながらも究極の美しさを今にも伝えています。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_1702751.jpg



キリストが最後の晩餐でキリストが使ったと言われる聖杯(Santo Graal)の8角形にちなんで数字の「8」を取り入れ、お城のさまざまなディティールにはその彼のこだわりが反映されています。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_1711429.jpg



殆ど平らなプーリアの平原の中で、唯一小高い丘の上に建てられたこの城からは、360度、周辺を見渡すことができ、鷹狩りにはきっと絶好のポイントだったのでしょう。
何度かフェデリコII世が趣味であった鷹狩りのポイントとしてここを訪れ、気に入ってそこにお城を作ろうと考えたのかも知れませんね。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_1715596.jpg



荘厳なたたずまいに身を置くと、中世の空気を感じます。


美しい丘の上の古城~カステッロ・デル・モンテ_f0106597_1724146.jpg



気持ちの良い風が吹いて、でも晴天の、良いドライブ日和の一日でした。
子供たちにも良い思い出ができて良かった!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by kapibara at 2010-08-05 21:21 x
CHIHOさん、こんにちは♪♪

このお城は、私、勝手に要塞だと思っていました。
この8角形が、お城にしては珍しく簡素に見えて。
聖杯にちなんでいたなんて!鷹狩りに使っていたなんて、驚きです。

周りに何も建っていないので、ホントに1200年代に戻った気分に
なりますね~。
でも、絶対、車でないと行けそうにないです(T_T)

それにしても、ゆきちゃん、いい色に日焼けしていますね~。
なんだか、又、大人になった感じがします。
笑顔が、画面から弾けていますよ~^m^
Commented by pino-ombra at 2010-08-05 22:39
ナポリ大学って、通称「Federico Secondo」って呼ばれているんですよね。確か彼が創設したからではなかったでしょうか?
文武両道の君主だったんでしょうね~!
Commented by BelgianWaffle at 2010-08-06 06:38
ああ、ここ。。。5月にアルベロベッロへ旅行したときに行こうと思っていたんですが・・・ぼうやがあまりにも夜寝ないで、フラフラだったため断念したんです。

おお、こんなところなんですね。きれいですね。
やっぱり行きたかったなぁ。
ありがとうございます、すごく楽しめました。
Commented by yuriya at 2010-08-06 09:46 x
CHIHOさん
さいきんイタリアに興味を持ち、 CHIHOさんノブログを楽しみに
読ませていただいています。
ゆったりと時間が流れるイタリアでの生活の様子が心地よくて。
そしてユキちゃんのはにかむ姿が可愛らしいこと。
これから少し時間をかけてバックナンバーも読ませていただきます。
Commented by かーりー at 2010-08-07 02:45 x
カステッロ・デル・モンテ、いつかは訪れたいところです。「フィレンツェでルネサンスが開花したとするなら、種を撒いたのはシチリアのフェデリコ二世だ」とも言われてますし、彼には興味深々です。平原にぽっかり浮かんだ八角形の城の上で鷹狩をしながら、何を考えていたのかしら。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 23:39
kapibaraさん>そう、私も初めて見たときは要塞かと思ったのですが、実際には要塞ではなかったそうです。とっても見晴らしが良いので狩りに最適だったんでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 23:52
pino-ombraさん>ナポリ大学の名前がこのフェデリコ2世に由来しているかどうかは判らないけれど、ナポリも当時の彼の支配下にあったはずですよね。とても知的な人物だったそうです。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 23:54
BelgianWaffleさん>アルベロベッロには結構近い場所にあるんですよね。ブリュッセルから確か安いエアーがブリンディシかバーリまで出ていたかと思いますよ。見所が多いので、また是非プーリアにいらしてくださいね。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 23:56
yuriyaさん>私のブログを見つけていただいてとても嬉しいです。これも何かの縁ですね。これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 23:57
かーりーさん>時代は違うものの、文化と芸術へ大きく貢献した点などで、フェデリコ2世とロレンツォ豪華王が、私にとっては、重なって見えてくるのです。
by lacasamia3 | 2010-08-05 17:17 | ユキちゃんと海 | Comments(10)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho