美味しいパンの村アルタムーラ

美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_0521865.jpg



近くの海も楽しいけれど、見所も沢山あるプーリア州。出不精がちの義父さんと義母さんを誘い、甥っ子たちと一緒にAltamura(アルタムーラ)というパンで有名な村を訪れました。
アルタムーラの周辺は、Alta Murgia(アルタ・ムルジャ)と呼ばれる地帯。酪農と小麦の栽培が盛んです。車を走らせると周りに広大な草原が広がっています。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_0531977.jpg
美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_1493861.jpg


とても素敵な街なのですが、街の写真は一眼レフで撮ってしまったので、またいつかの機会にご紹介します。
ここを訪れた目的のひとつは、石釜焼きパンで有名なこの村のパンを味わうこと。
村に残る老舗のパン屋さんの1つ、SANTA CHIARAを訪れました。可愛い看板が遠慮深げにツタの間に覗いているだけ。小さな入り口です。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_055439.jpg



お店の半分以上の面積が大型の石釜になっています。ここは創業1423年(驚)。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_0563457.jpg



代々、パンを作ってきた人々がしっかりとこのお店を受け継いでいます。
フォカッチャも非常にシンプル。トマトをのせたものか、ナスやパプリカをのせたもの、トマトなしジャガイモと玉ねぎのせの3種類のみ。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_174357.jpg
早速、トマトのフォカッチャを頼みました。
お店の前にちょっとしたテーブルもありここで食べることができるのも嬉しいです。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_1111499.jpg



皆で食べたフォカッチャは・・・お、美味しかった~!周りはパリッとしていて中はふんわり、もっちりという食感。粉の味も陣割と美味しく、そして何より上にのっているトマトの味がとても濃いのです。酸味と甘みのバランスが丁度良く取れたプチトマトが沢山のせてあります。
実はこの後、余りの美味しさに、お散歩をしたあと、またお昼休みの前に更に寄って、野菜入りのフォカッチャも食べました。美味しかったっ!忘れられない味です。
皮付きニンニクが1かけ、ゴロッとのっていて、これがまたワイルドで良い感じ。アルタムーラにはこうした昔ながらの石釜焼きのパン屋さんが何軒か残っています。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_1123436.jpg



そして、買ってきたアルタムーラのパン。帽子のような独特の形をしています。粉は、フォカッチャもそうですが、硬質小麦(パスタを作るのに使うセモリナ粉の原料となる小麦)の粉です。だから生地が少し黄色がかっているのです。


美味しいパンの村アルタムーラ_f0106597_1183917.jpg



外の皮はパリッと香ばしく、中はふんわり、でもしっかりと歯ごたえがあります。この感じはやはり石釜だからこそ出せる焼き加減なのでしょうね。

遠足話、まだまだ続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nonnakaori at 2010-08-04 06:10 x
美味しそうなパンやさん。
およそ600年も経つパンやなんて考えられませんが、それだけ村人に愛されたんでしょうね。
フォカッチャを食べているお義母さんとアントネッロの表情が、美味しさをかみしめている感じが出ています。
Commented by shinomai9 at 2010-08-04 06:32
やっほ~~~~私たちは日曜日にプーリアへ出発します!この村も是非行ってみたいわ。入れ替えであえないけど、お母さまによろしく伝えてね!!!ほんと会いたかったで~~すって!!
Commented by BelgianWaffle at 2010-08-04 07:10
コメントありがとうございました。
すごい。まさかあのlacasamia3さんからコメントいただけるとは・・・光栄です。

6月の頭にイタリアに行ったんですが、やっぱりイタリアってすごいですね。フィレンツェも2泊ほど滞在したんですが、とってもきれいな街ですよね。
ぼうやがいたので美術館関係は、ひとつも行けなかったのが少しだけ残念でした。

パンの村ですか・・・しかも創業1400年ってすごいですね。
ヨーロッパって日本とはスケールが違って驚くことがまだまだ沢山ありますね。
Commented by woodstove at 2010-08-04 07:11
Chihoさん こん**は~。。。
 石窯で焼いたパンですか!!
いいなぁ~ そんな老舗があるなんて!!
 その土地ならではのパンが焼かれていることも素敵ですね。
香ばしい味が溢れてきましたよ。。。。。(^^ゞ
Commented by hawaii-aloha-life at 2010-08-04 14:26
うわぁ〜♡パンの村なんてパン好きの私にとっては夢みたいな村です〜♡
東京に住んでいた時は、パン屋さんめぐりが趣味だった私。
今住んでいるハワイには、美味しいパン屋さんがあまり無いので、、、(涙)時々ふと、美味しいパンが食べたくなります♡
写真だけで癒されました〜♡
Commented by fiorentino at 2010-08-04 14:35 x
老舗の・・というレベルで言ってはいけないんじゃないかってほどの、歴史あるパン屋さんですね(**)
職人さんの伝統の作り方や素材の良さ・・こういうパンが『本物』だと思います☆
きっと大昔から同じ味なんでしょうね。
それにしても、ほんとにおいしそう~・・(^^)
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:19
nonnakaoriさん>本当に美味しいパン屋さんでした。石釜だからこそ出せる味なのでしょうね。この周りは小麦の名産地なんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:20
shinomaiちゃん>いよいよプーリアなのね。入れ違いだ~。どっちの方に行くんだろう?楽しんできてね。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:22
BelgianWaffleさん>いえいえ、こちらこそ、最近、ぼうや君のお写真に癒されています。イタリアって街によって随分と感じが違いますが、どの街にも必ず美味しいものがあるのが特徴です。また是非イタリアに遊びにいらしてくださいね。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:23
woodstoveさん>この釜は、是非woodstoveに見ていただきたいなあって思いました。釜の中にパンを入れるパレットは5メートルほどの長さでしたよ!
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:23
hawaii-aloha-lifeさん>パン好きの方には本当にお勧めの村です。いつか是非訪れてみてくださいね。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-05 02:25
fiorentinoさん>昔ながらの方法で美味しいものを長い間代々作り続けてきたからこそ、流行を追う必要も宣伝をする必要もないのでしょうね。
Commented by NX at 2010-08-05 03:08 x
突然失礼します。住んでいたポルトガルは内陸のアレンテージョ地方のパンにそっくりです!何か共通するものがあったのでしょうか。
Commented by lacasamia3 at 2010-08-19 22:53
NXさん>こんにちは。はじめまして。へえ~もしかすると何か共通するものがあるのかも知れませんね。ポルトガルの内陸地とプーリアの内陸地。気候も似ているんでしょうね。
by lacasamia3 | 2010-08-04 02:04 | ユキちゃんと海 | Comments(14)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho