今年もケッパーの花

ふらりと夏休みにフィレンツェからやってきて、ビーチでゴロゴロしたり、写真をパチパチ撮ったりするだけのダメ嫁ですが、「よっしゃ!ヨメ、良くやった!」と義母さんに褒められることが1つだけあります(笑)。
それが、ケッパーの実の収穫。


f0106597_1514060.jpg



義父さんの畑の片隅にあるケッパーの茂み。
ケッパーはイタリア語でcappeli(カッペリ)と呼びます。特に南イタリア料理には欠かせない材料。酢漬けや塩漬けになって売られています。


f0106597_1565593.jpg



義母さんは、摘み取ったケッパーを塩漬けにするのです。
ケッパーは花のつぼみ。こうして茎に順序良く並んでなります。大きな粒は義母さんにダメ出しされるので(苦笑)、小さなつぼみを1個ずつ摘み取っていく作業は根気が要ります。だから義父さんはなかなか収穫してこないのだそうで、私が沢山摘んでくると、義母さんは大喜びで塩漬けにします(実はフィレンツェに持って帰る分を分けてもらおうという下心があるのですが・爆)。


f0106597_204423.jpg



そしてつぼみを摘み取らずにそのままにしておくと、こんな綺麗な白い花が咲きます。これがケッパーの花。この後、小さなキュウリのような実もなり、これも酢漬けにします。

ケッパーの大敵はカタツムリ。でもそのカタツムリも、捕獲して、籠に入れてしばらく飼育し、ニンニクとオリーブオイルで蒸し煮にして食べちゃうから、プーリア人の食への執着はすごいっ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by 1897juventus93-10 at 2010-06-29 03:15
|☆JUVE★|・∀・)ゞそんな「下心」ならありやと思います!! いっぱいお持ち帰りできました?! て、いきなり失礼しました(爆) 
CHIHOさんがCAPPELIを ゥウワーー!!ヾ(゚Д゚)ノ!!と摘み取り 豆男マンマが サササー!!ヾ(゚Д゚)ノ!!ドドーンと漬けてそうですね(笑※) おっと今更ながら CHIHOさん アントネッロさん どうも~☆★ ユキちゃん達は 相変わらず今日も はしゃいで笑ってたくさん食べて♪(^∇^)(^O^)(^∇^)♪してるんかなぁ?!   
アントネッロさん 枕をぬらしてはおられませんか・・?! 「そんな弱男キャラちゃうで!(`◆´)イメージダウンするやん!」強気に言い返してくれると安心なんですがw(てかイメージダウンてw 笑) あおるつもりはござ~せんが、、 あおってしもてたらお許しを(-人-)怒らんでょ~(汗)
CHIHOさんに受け止めてもらってくださいね♪ 何とゆうても「えぇ夫婦2010☆★」に選ばれてるんですから♪♪ ユキちゃん不在ですが 逆手にとって 2人っきりの時間を楽しんでくださいね♪( ´艸`)♪ 
(PS)
※もしかして "トリプル受賞" CHIHOさん 充分狙えそうですよ(笑)〆(・∀・ )ノシ"CIAO CIAO♪♪"  フフフ♪

Commented by woodstove at 2010-06-29 06:00
Chihoさん こんにちは~。。。
 ケッパーって料理のお皿の上でしかお目にかかったことが無く、
こうして植物として見るには初めてでした。
 「でかしたぞ!嫁!」と褒められる理由がよーくわかりました。(^^ゞ
Commented by hyblaheraia at 2010-06-29 06:26
こんばんは。ラグーザです。
数年前にお義父様にカッペリの育て方を聞いていただいたことを思い出しました。我が家で石や岩の場所がなくて、うまく根付きませんでしたが、近所の崖に野生のものがたくさんあるので、まあいいか、と。
カタツムリはこちらでも良く食べるのですが、私はちょっと。雨が降ると家に60匹近く出るので、近所の人に取りに来てほしいです。
Commented by Mummy Yu at 2010-06-29 07:25 x
ケッパーてスーパーで売っているビン詰めの実しかしりませんでした。こういう植物なんですね。ビン保存だと汚い色ですけどこんなきれいな緑色とは。かわいらしい実。
そして不思議な魅力のきれいな花。
 また、新しい発見でした。いい物を見せてくださってありがとう。
Commented by komorebi at 2010-06-29 07:42 x
やっぱりケッパーのお花は綺麗ですねぇ
こちらで拝見してずーっと憧れて
今年は種を播いちゃいましたw
でも、chihoさんが育てるのは
難しいっておしゃってたから
こんなに綺麗なお花を見るのは
やっぱり無理かもぉ…

それにしても、
かたつむりまで食べちゃうプーリア人素敵!!
Commented by a_dopo at 2010-06-29 09:20
ほ~!ケッパーってこうなっているんですね。
初めて見ました。
山椒のように一瓶摘みとるのにも、かなり根気がいりそう。
サルサヴェルデ美味しいですけども、イタリア人はホントに食べることに関してはマメなんですね。。。
Commented by rosmarinusy at 2010-06-29 09:22 x
感動です。いつだったかTVでイタリアのケッパーの垣根を見てからケッパーの花は憧れです。日本で育つか?と種まきをして5㎝くらいまで育った去年、水遣りを忘れて枯らしてしまいました。リベンジの今年はまだ双葉のまま1ヶ月経過してます。ケッパーのつぼみ・花こんなにアップで見せていただけてうれしいです。ところで、アーティチョークは収穫を終えたらばっさり根元でカットでしたっけ?今年はつぼみが40個ほど採れました。オイル漬けまでは行きませんでしたが・・・・・美味しさになんとか目覚めました。いつもありがとうございます。
Commented by ろくろく at 2010-06-29 10:26 x
こんにちわ!
プーリアステキ、素晴らしい!カタツムリまで食べちゃうなんて、美食の国ですね!
イギリス人でも「カタツムリを飼育してお腹をきれいにしたのを食べることができる」と言ってる人が居ました。(わたしはカタツムリもエスカルゴもサザエもカンベンですが;)

ケイパーの塩漬け、美味しそうですね、ケイパーの花、初めてみました。でも天敵のカタツムリ・・・。
我が家の庭はカタツムリだらけ(コワくて手で捕まえて捨てられないんです;)なので、ケイパーは育てられません;
本の出版↑おめでとうございます。
amazonチェックしますね。
Commented by pino-ombra at 2010-06-29 11:30
フランスやシチリアだけでなく、プーリアでもカタツムリを食べるのですね(笑)。初めて知りました。

ケッパー、美味しいですよね!イタリアの家庭だと、たいてい冷蔵庫に常備されていません??ケッパーの花は、ちょっと熱帯の花っぽい感じですね。暑い場所では生育しないのでしたっけ?
Commented by やすらぎ at 2010-06-29 15:32 x
 ケッパーの花綺麗ですね。
イタリアで食用されるのはエスカルゴですよね?
まさか日本のカタツムリと同じではないですねえ〜
 私はエスカルゴも食べられ無い無粋者です。
Commented by place41 at 2010-06-29 16:03
ケッパー、こういうふうになってるんですね。でもこういう作業、私結構好きかも。^^

小さい頃は、酢漬けの瓶詰めになってるケッパーを見て、なぜか「恐竜みたい」って思ってました。今では大好きです♪

お花もきれい!

塩漬けにしたケッパーで、お義母さんはどんな料理するんでしょう?
Commented by mjmnomama at 2010-06-29 21:55
おはようございます。
いつも楽しく拝見しています。
ケッパーってこんな植物だったんですねぇ。
ビンにはいってるのしか見た事がなかったので・・・・
きれいな花が咲くんですねぇ!知らない事ばかりです。(汗)
Commented by mamadance at 2010-06-30 06:21
ケッパーの実と花をはじめてみました!
きれいな大胆な花ですね~。
収穫作業おつかれさまでした。
Commented by thallo at 2010-06-30 07:19
チホさん、こんばんは。おごしゅです。
ひや~っ、ケッパーってこんな風になっているんですね。(無知でごめんね。。)そしてお花もこんな風に咲くんですね。とても綺麗だな、と思いました。そうよね、ケッパー、こんなに小さかったら手で摘むしかないよなあ。。根気のいる仕事、チホさん、よくやった。さすが日本人。(でもお家に持って帰りたい下心の気持も良くわかる気がする、笑)
イギリスにも、うちの庭にもたっくさんカタツムリいるけど、あれ食べられるのかなあ。プーリアのカタツムリは大ぶりで美味しそうなイメージです。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:05
ユヴェヲさん>イタリア男は子供、家族と離れると「弱男」気味になっちゃうんです(笑)。こういう時、女性は強いですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:06
woodstoveさん>先っぽの2個目ぐらいしか収穫できないので(それ以降は大きすぎてダメなんです)、かなり根気が要る作業です。工業生産のものは、きっとつるごと伐採して、後で機械で粒の大きさを分けるのでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:08
ラグーザさん>ケッパーってあちこちで生えているようでいて、でもすごく環境を選ぶから育てにくい植物なんですよね。そちらでもカタツムリ、食べるんですね。最近、その美味しさにはまってしまい、ご近所だったらそちらにもらいに行きたい位です(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:09
Mummy Yuさん>そう、塩漬けや酢漬けにする前はこんな黄緑色です。塩漬けにするとグリーンがかったグレーになるんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:10
komorebiさん>ケッパー、上手く育つと良いですね。うちも最初の数年は、苗をもらってきて植えたりしてみたのですが、全然ダメでした。花はとっても美しいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:11
a_dopoさん>そうなんです。イタリア人の食に対する熱意って、古代ローマ時代から変わっていないと思います。山椒も収穫に手がかかりそうですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:13
rosmarinusyさん>おお~アーティチョークが40個も採れたなんて、大収穫じゃないですか!!すごい。脇からももうツボミが出なくなったら、ばっさり切り落として、周りの土をほぐしてあげると良いですよ。秋に追肥を与えてあげましょう。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:15
ろくろくさん>カタツムリは我が家の鶏たちも大好物で、たまに鶏小屋に投げ入れてやると、奪い合っています(笑)。本、今年の4月に出たんです。夏の章ではプーリアのことも書いています。畑についてもチョット書いているので良かったらご覧になってみてください。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:17
pino-ombraさん>古代ローマ人もカタツムリを食べていたんですよ。ヨーロッパでは手近な食材だったんでしょうね。ケッパーは暑い場所に育つんです。だから、プーリアとか、シチリアでよく育っているんですよ。トスカーナでもたまに邸宅の壁に生えているのを見かけます。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:18
やすらぎさん>カタツムリはいろんな種類があるから判らないのですが、今度、どんな種類なのか観察してみますね。プーリアの甥っ子達はカタツムリが大好物でモリモリ食べています。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:22
place41さん>私もこういう作業大好きです。手を動かしながら、色んなアイデアが生まれてくるし。義母さんは特にオーブン料理にケッパーを使います。ただ単に、ジャガイモを切って、パン粉、ケッパー、ニンニク、オリーブオイルを振りかけてオーブンで焼くだけでも美味しいんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:23
mjmnomamaさん>私も、自分で畑を始めてから、「へえ~こんな植物なんだ」って発見する野菜が沢山あります。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:24
mamadanceさん>小さな実の割りに花はとても大きくて優雅です。毎年コレが見たくて、義父さんの畑を訪れています。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-02 17:27
おごしゅさん>冷やし中華、おいしそう~!!何だか私も食べたくなりました。スパゲティで作っちゃおうかな?プーリアのカタツムリは意外と小ぶりなんですよ。オリーブオイルとニンニクを利かせて食べます。
by lacasamia3 | 2010-06-29 02:06 | ユキちゃんと海 | Comments(28)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho