バロックの幻想に溺れる~レッチェ

バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0421422.jpgレッチェはバロック様式の建造物が沢山集まった美しい街です。
左は、神聖ローマ帝国の皇帝であり、スペイン国王であったカール5世(1500-1558)。彼は、スペイン支配下にあった、ナポリ以南、南イタリアのプーリアの首都をレッチェに置きます。
以来、レッチェにスペイン風のバロック文化が花咲くのです。


バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0271159.jpg



こちらは、1549年に建造が開始されたサンタクローチェ教会。
ファサードの装飾がとても美しく、それぞれのディティールが高い芸術性を持っています。


バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0283850.jpgバロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0295983.jpg


も~気になり始めると、気になる彫像が沢山!
重いので一眼レフは持ってこなかったのですが、ズームが利くデジカメLUMIXが大活躍しました。レッチェに行くなら、ズームが利くカメラを持っていくと楽しいかも。
動物達もそれぞれ良い顔をしています。


バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0311835.jpgああ・・・きっ気になる。


バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_0332753.jpg



タコらしき動物にまたがっている天使に注目(ププッ)


バロックの幻想に溺れる~レッチェ_f0106597_035382.jpg



後ろの二人、「ウッ!お、重い~」

バロックにどっぷり漬かったレッチェ散歩、まだまだ続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2010-06-20 09:49
Chihoさん こんにちは~。。。
 今、イタリアに住むパイプオルガン奏者の方のCDを聞きながら
読んでおりました。 まさにバロックにどっぷり浸かっておりますよ。
 それにしても凄い装飾ですよね。
石工の中には名を残すヒトはいないのでしょうかねえ。
たとえば石工の「左甚五郎」みたいな。。。。。^^;
Commented by kapibara at 2010-06-20 23:20 x
CHIHOさん、こんにちは♪♪
レッチェの一人旅、とっても楽しそうですね~(^^)/
サンタクローチェ教会、私も以前訪れた時、その彫刻群に
見入ってしましました!!ユニーク過ぎる^_^;
何かのお伽話に出てくる?のでしょうか、神話??にまつわるもの?
とにかく、怖面白いキャラクターがわんさか彫られていますよね。
時間に制約あって残念でしたが、もっともっと観察したかったなぁ。

そうそうレッチェのメインストリートにある大きなスイーツのお店は、
ショーウインドウの飾り付けも素敵で、どんどん試食もさせてくれ
親切な店員さんでした。残念ながら、店名は忘れてしましましたが、
小さなトルタ類がとても美味しかった(^^♪
もし、時間がありましたら是非見つけて下さいね。
引き続き、レッチェからの便り、楽しみに待っています(^^)/
Commented by lacasamia3 at 2010-06-21 16:00
woodstoveさん>愛さんのCDかな?確かに、i-podでパイプオルガンの演奏を聴きながらレッチェの街を歩くと気分がより盛り上がるでしょうね。名前が残った石工って居るのかな?それぞれに個性があるから、きっと彫る人によって様式の違いがあったんでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2010-06-21 16:02
kapibaraさん>へえ~レッチェにも行ったんですね。意外とレッチェに行ったことがある人がたくさん居て驚いています。へえ~スイーツのお店は気が付かなかったなあ。今度、きちんと食べ物の下調べをして、レッチェはもう一度訪れたいと思っています。
by lacasamia3 | 2010-06-20 01:01 | ユキちゃんと海 | Comments(4)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho