お魚を配ってきました~GAS話

お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3441993.jpgお魚を配ってきました~GAS話_f0106597_345302.jpg


今朝は、GASのお魚の日でした。
ブログに書いたかもしれませんが、わが村のGASのお魚担当であるCさんと私が、今年一年、フィレンツェ(西側地区)のオーダーもまとめ、受け取りもオーガナイズしています。
ヴィアレッジョという海側の街から、前の日に釣れた魚をトラックで運んでくる漁師さんと、フィレンツェ西側地区にある約15のGASそれぞれのお魚担当者との架け橋をするのです。事前にオーダーを集め、受け取り場所を探したりするのも私達の役目。
我が家からフィレンツェまでのガソリン代も、それぞれが費やす時間も全て持ち出し、ボランティアです。これは間に業者を入れず、利益を発生させずに、農産物の生産者と消費者を結ぶ、というGASの精神に基づいたもの。
それぞれのGASのお魚担当者も同じく。とにかく私達二人が仕切ってはいるのですが、皆、快く手を貸してくれます。仕事も、お金も関係しない何かをやるって、結構楽しいものです。こうして皆でワイワイと新鮮なお魚を見て喜んだり、漁師さんに色んなレシピを教えてもらったりする時間が楽しいんです。

今回、ミックス袋(その時に釣れた魚が色々は入っている1キロ均一袋)が80袋、そしてpesce sfusoと呼ばれる各種単品量り売りのお魚が沢山届きました。
最後、「お疲れ様~」と漁師さんから余ったお魚を沢山もらいました(嬉)。


お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3463915.jpgお魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3474476.jpg


早速、今日のお昼は海老と、タラに似たお魚で、魚のパスタをアントネッロが作ってくれました。


お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3494014.jpgお魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3513024.jpg


アントネッロが作る魚のパスタはとても簡単。
まず、ニンニクを利かせたトマトソースを少し作ります。そこにうろこや内臓、頭を取り除いた魚を置き、煮えるまで煮込みます。魚が煮えたら取り除き、骨を取り除いておきます。


お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3524263.jpg
お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_354368.jpg


海老をトマトソースに入れ、少し沸騰させたら、先ほど取り除いておいた魚の身を戻します。これに茹でたパスタを混ぜて、イタリアンパセリのみじん切りを散らして出来上がり♪
このように、お魚の種類によって、それぞれを煮て、一回取り出し、次の魚を煮るようにすれば、煮える時間が違うお魚でも上手にパスタソースにすることが出来ます。


お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3552373.jpg
お魚を配ってきました~GAS話_f0106597_3564697.jpg


ユキちゃんも大好きなお魚のパスタ。
相変わらず、パスタ一皿が大盛りの我が家です(苦笑)。

皆さん、楽しい週末を過ごしてくださいね~♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by hatton1971 at 2010-04-25 12:52 x
おお、海産物パスタ…私大好きなんです。
ウチで食べるものは冷凍ものが多いですが(苦笑)

今夜は寿司です。
イタリアでよく召し上がる貝は何ですか?
Commented by ちびすけ at 2010-04-25 15:15 x
そうそう、漁師さんや八百屋さんと直接やり取りするのって、おまけしてもらえたり知らない野菜の料理の仕方教えてもらえたりするのが楽しいんですよね。
子供の頃はお肉屋さんにワンちゃん用の骨を貰いに行ったんだけどな・・・
横浜でも最近週末だけですが、野菜の市場が開かれるようになったんですよ。早速買いに行かなくちゃ。
Commented by akiumi_blue at 2010-04-25 16:51
きれいな海老ですね~~
アントネッロさんが作るパスタ、シンプルイズベストでとっても美味しそうな上、ユキちゃんの幸せそうな大口で、さらに美味しそう~~

魚介も、お肉もGASを通して生産者(捕獲者)直結の購入システム、本当にうらやましいです。理想の食品流通システム、さすがイタリア、スローフード発祥の地ですね。
常日頃から、そんな流通経路をたどった食べ物を手に入れるべく努力していますが、イタリアはやっぱりすごいなあ・・・と改めて思います・・。

Commented by woodstove at 2010-04-25 16:52
 Chihoさん こん**は~。。。
アントネッロさんの調理法はイイですね。
今度やってみよう!! (^^ゞ
Commented by noreizoko at 2010-04-26 02:39
こんにちは。いつも楽しく拝読しています。GASのシステム羨ましく拝読しています。ところで、中間業者というのは例えば本を作る際の出版社とかネット上であれ本屋さんみたいなものだと思うですが、食となると事態は違うのかしらと、思ったり。サービス業に従事する自分としては常々自分で悩ましい課題なのでコメントしました。
Commented by lacasamia3 at 2010-04-26 22:19
hatton1971さん>イタリアでよく食べる貝はなんと言ってもムール貝(コッツェ)です。とっても安くてスーパーでも手に入ります。パスタにしたり蒸し煮にしたりリゾットにしたり、オーブン焼きにしたりとムール貝のレシピは沢山あるんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2010-04-26 22:20
ちびすけさん>イタリアでも日本でも料理さんが魚料理上手なのは同じですね。肉屋の女将さんがコロッケ上手だったりするのも同じだなあ(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-04-26 22:23
akiumi_blueさん>イタリア人ってアイデアが豊富というか、何でもゼロから始められる所がすごいなあって思うんです。お膳立てされたり、何かお手本のマニュアルがあるわけではなく、「こうありたい」「これがしたい」っていう気持ちを持って皆とワイワイ色んなことができる国民。たまに皆が主張しすぎてまとまらないこともあるんですが(苦笑)。まあ楽しいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-04-26 22:24
woodstoveさん>そちらでは美味しいお魚がてにはいりそうなので、是非やってみてください♪
Commented by lacasamia3 at 2010-04-26 22:26
noreizokoさん>こんにちは。そうですね生産者のところに直で買いに行く理由は、普通の物品とはちょっと違うのです。興味深いご質問を有難うございました。頂いた質問をヒントに次の記事を書いてみました。有難うございました!
by lacasamia3 | 2010-04-25 05:11 | シンプルエコライフ | Comments(10)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho