ちょっと嬉しかったこと

ちょっと嬉しかったこと_f0106597_4544034.jpg
今日は、週に1度の英語のレッスンの日でした。前にブログにも書いたとおり、同級生のお母さんたちと一緒に、週に一度、下の村で英語のレッスンを、村に住む先生にお願いしています。ローテーションで各家庭のキッチンで行われるたった一時間の「人力英語レッスン」は、遊びながら英語に親しもう!という簡単なものですが、子供たちは、月曜日のこのレッスンをとっても楽しみにしています。

以前、ブログでご紹介した「アフリカのガンビアからやって来たYちゃん」のこと、覚えていますか?(その後の記事はこちらです。)毎日、ユキちゃんのスクールバスのバス停で会っているし、たまにユキちゃんを連れてD君宅にも遊びに行っているので、その後も頻繁に会っています。当初引きずっていた足は、すっかりと直り、来た当初は外部の反応にも鈍かったのに、とっても活発になりました。まだまだ、体重はなかなか増えず、お喋りには慎重なYちゃんですが(これはYちゃんの性格ですね)、色んなことをジッと観察し、ほんの少しずつですが、イタリア語でおしゃべりをするようになりました。
今朝も、バス停で私が色んなお話しをしてあげると、答えずにジッと私のことを観察していたYちゃん。でも私が車をUターンさせていたら、通りの角から私に向かって、ずーっと小さなおててを振り続けるYちゃんが居ました(嬉)。

今日の英語のレッスンでは子供たちはイースターの為のカードを英語で作っていました。D君も、ユキちゃんと一緒に、心を込めて色んな絵を描いたカードを作りました。そしてそこには、
HAPPY EASTER ! MUM, DAD AND MY SISTER !! と大きく大きく書いてありました。

YちゃんはD君が大好き。D君が靴をはくと、Yちゃんも靴をはいて一緒にお出かけをしたがります。D君もYちゃんが大好き。

本人は気づかないうちに、他人に小さな幸せ与えていることが多々あります。ちょっと私を幸せな気分にしてくれたD君とYちゃんに感謝です。4月4日はイースター。皆にとって、平和で楽しいイースターでありますように・・・。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by yumisergio at 2010-03-23 06:42
chihoさん、こんにちわ。私もYちゃんのその後、気になっていました。少しずつ新しい生活に溶け込んでいっているみたいですね。もう兄妹愛も芽生えて、子供ってホントすごいな、とつくづく思います。

小さいときに精神的なトラウマを受けている子供ほど、心を開くのにも時間がかかるのかもしれません。chihoさんに向けられたバイバイは、彼女の「ありがとう」だったのかもしれませんね。
Commented by nonnakaori at 2010-03-23 07:39 x
D君やさしいですね。
私もアフリカから養女に来たYちゃん気になってました。
皆さんの暖かい愛情に包まれて、とても幸せそうなのが、伝わります。読んでいて、うるうる。目頭が熱くなりました。
こんなに優しい心のD君とお友達になってユキちゃん良かったね。
Commented by Yuki at 2010-03-23 09:12 x
こんにちは、chihoさん。幸せに囲まれたD君とYちゃん、感動ですね!ブログを読んでいる私にも伝わってきます。
Commented by mamadance at 2010-03-23 10:35
心洗われるお話をありがとうございました。
国際養子縁組、この制度を受けいれて家族として迎える、色々な事が出てくるともいますが、人の生きている価値を知る大きな制度と思います。
国際的に何処の情報でも知ることが出来るようになった現代、こども孤児の問題にも一人ひとりが向き合える時代です。
D君、Yちゃん、ご家族の神様からの祝福あることをchihoさんの写真をみて感じました。
Commented by ひとはの母 at 2010-03-23 10:40 x
時間と環境が愛情を育む様子がうかがえて
とっても心動かされるお話です。
ユキちゃんは小さいうちにYちゃんと出会えて、今はまだ理解を超える出来事もすぅ~っと当たり前のように吸収できそうですね。

みんなで見守り関わり合う環境がとても羨ましいです。
Commented by いお at 2010-03-23 11:29 x
日本では、数日前に15歳の少年が義父に殴られて亡くなりました。
おなかの底から、怒りとやるせなさがわいていたところでした。


Yちゃんのちいさなバイバイは遠く離れた地にいるおばさんにも元気をくれました。
すてきな家族、すてきな仲間、ほんわり感に包まれました。
すてきな記事をありがとうございました。
救われた思いです。
Commented by bianca at 2010-03-23 11:30 x
chihoさん、こんにちは。
Yちゃん、沢山の愛情に包まれて少しずつ心を開いていっているのですね。
D君とYちゃんを見つめるご両親や周りの方々の温かな眼差しが目に浮かびます。本当に胸が熱くなります。
chihoさんが仰るように、知らず知らずのうちに周りに小さな幸せを降り注いでくれる事、ありますよね。
こちらにも降り注がれました(^^)ありがとうございます。
Commented by hatton1971 at 2010-03-23 21:18 x
(先ほど書きましたが内容を改めます)
里親・里子さんというのは国境も越えて結びつきができるものなのですね。
自分もいつか里親にはなれるのでしょうか…。

図書館に行けたので,新刊購入のリクエストをしてきました。
Commented by mukkoT2 at 2010-03-23 22:07 x
Yちゃんのその後、知ることができて嬉しかったです。血が繋がっていなくても、家族が愛情を注いで世話をしていくうちに、その子供の家族への信頼が育って、心を開いていく様子を見るのは心を打たれますね。家族は自然に存在するものではなく、作っていくものだと、あらためて思います。
Commented by 1897juventus93-10 at 2010-03-23 23:48
CHIHOさん ユキちゃん アントネッロさん どうもです♪♪ヽ(´∇` )ノYちゃん Dくん Lマンマさん Cバッボさん 初めまして♪♪
自分NIPPONに居てるのと 自分の周りでない話なもんで ↑コナイなかんじで書いてもらって やっと目にするのが現実です・・・。(勉強さしてもろてます(-人-)オオキニです) 
関心しめしてないからやん と言われるとそれまでですが・・・ (汗)
正直 ホンマの詳しい所まで分からんですが、、 
Yちゃんは Dくん&Lマンマさん&Cバッボさん達と 会うべくして会って CHIHOさんユキちゃんにもつながってるんかな と。 Yちゃんには ボチボチで 色んなことに慣れていってほしいな と。
ではっ!! CHIHOさんユキちゃん\(^▽^)Λ(^▼^)Λ(^▽^)/DくんYちゃん・・みなさん『BUONA PASQUA♪♪』
そっかそっか そんな時期なんですねぇ~~ アァ( ̄▽ ̄)シミジミ

(PS) |JUVE|;∀;)ゞ結果で撃沈・・ 試合後の謎の骨折に唖然・・ (ホンマに眠れぬ日が続きそうです・・・)
Commented by greenlove at 2010-03-24 17:21 x
前回のchihoさんのブログにありましたように私もこのような事をされる人は裕福な人やすごい慈悲心のある方あるいは敬虔なクリスチャンのみと思っていましたがそうではないのですね。 養子縁組された子供はもちろん里親になられた方も幸せを手にされたんですね。自分の子供だけでも
育てきれなく最近では日本では子供虐待がすごい勢いで増えています。
もちろん安易な気持ちでは取り組めることではないし子供の成長とともに思いがけない問題もいろいろあるでしょうがどうかご家族が幸せの中でずっと暮らして頂きたいです。
Commented by Ms. HAK at 2010-03-24 23:48 x
こんにちはチホさん。とても心の暖かまるお話ありがとうございます。仕事中ブログを読みながら、(笑)目が潤んでしまいました。私の友人でも養子に貰われて育った子もいますが、やはり上手くいかない事も多い様です。Yちゃんがこれからも沢山の幸せを掴んですくすく育っていく事を願っています。素晴らしい家族ですね。
Commented by emmanuela at 2010-03-24 23:53
Yちゃん、皆さんの愛情に包まれて成長されているんですね。
Yちゃんの事は気になっていたので嬉しかったです。
日本ではまだまだなじみの薄い里親制度。でも、一人でも多くの子供たちが幸せになれるよう祈ります。
Yちゃんとご家族の幸せを祈りつつ。
Commented by kumixs at 2010-03-25 06:38
ソフィアも2月から友達と英語のレッスン始めましたよ!
そのうち記事にするつもりです。
Yちゃんの話心あたたりますね。
家族の愛に恵まれて、自然にイタリアの環境に慣れているようでよかったです。
ソフィアのクラスには、ロシアから養子に来た男の子がいますが、
遊ぶ事よりも「食べ物!」きっと食べられなかった時期があったのだろうな~、といつも胸がキュンとなってしまいます。
Commented by place41 at 2010-03-25 13:09
日本では子供の虐待死などのニュースが最近よくあって、そのたびに怒りがこみ上げてくるのですが、こんな記事を読むと本当に心が癒されます。

子供も大人も、一人一人人間としての権利をみんなが持って生きていけるような社会ができるといいなと思います。
Commented by ちびすけ at 2010-03-25 14:18 x
うちの娘もあまり話さないけれど、人の行動はジーーーーーっと観察していました。親子なのに意思疎通がうまくいかず、イライラしたり悲しかったりしましたが、人を思いやれる控えめで優しい子に育ってくれました(Yちゃんとは状況が全く違いますが)
Yちゃんはきっと、素敵なご両親や優しいお兄ちゃんに大切にされ、素敵なレディに育つでしょうね。愛が愛を生むって事でしょうか。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:26
yumisergioさん>Yちゃんは本当に手がかからない子なんです。こうしてイタリアに来たのも何かの縁。元気に逞しく育ってほしいなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:28
nonnakaoriさん>D君はそれでもまだまだ子供だから、ユキちゃんと遊んでいるときは、Yちゃんが入ってこないように二人でコソコソバリケードを作ったりするのですが(笑)、心の底ではYちゃんのことが大好きなのが傍からみていて良くわかります。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:30
Yukiさん>家族って築き上げていくことも出来るんだなあって、D君ファミリーを見守りながらつくづく思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:32
mamadanceさん>色んな肌の色の人が交じり合って共存している欧米では特にこういう養子縁組は受け入れやすいのかも知れません。Yちゃんにとっても幸せな出会いだったけれど、それ以上にD君ファミリーがとっても幸せそうです。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:33
ひとはの母さん>イタリアってこういう時、家族だけでなく地域全体でかかわっていくような気がします。勿論、D君の家族も、おじいちゃん、おばあちゃんたちもとっても喜んでいます。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:34
いおさん>実の親子、養子縁組の親子に関わらず、そういう悲しいニュースはたまにイタリアでもあります。これから幸せな世の中になってほしいですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:36
biancaさん>イタリアって何処に行っても子供をとても大切にする国です。そんな中、可愛いYちゃんは村のアイドルになりつつあります。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:37
hatton1971さん>肌の色が違っても、自然な形で受け入れられるのは色んな民族の血が交じり合う欧米人の特徴なのかも知れません。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:39
mukkoT2さん>うん、私もそう思います。家族って血のつながりに関わらず築き上げていくことが出来るものだなって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:41
ユヴェヲさん>人の縁って不思議なものですね。ガンビアの田舎で生まれたYちゃんがフィレンツェの田舎にやってきたのも何かの縁なのでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-27 22:42
greenloveさん>D君ファミリー、そして山の小さな村にYちゃんがもたらしてくれた幸せはとても大きなものです。こういうことを自然体で出来る人は本当に凄いなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-30 22:44
Ms.HAKさん>養子縁組の難しさも十分承知の上で、この道を選んだ二人なので、きっと大丈夫だと思います。遊びに行くと、家族全員が本当に、幸せそうで、良い縁があってよかったなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-30 22:47
emmanuelaさん>こうして国際養子縁組が普及しているのは、色んな肌の色の人が交じり合っているヨーロッパや欧米ならではなんでしょうね。養子縁組に限らず、「違う」ということが、ポジティヴに受け入れられるような世界になると良いですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-30 22:57
kumixsさん>国際養子縁組でやってきた子供って結構良く見かけるよね。私のプーリアの友達もアフリカから2人の子供を迎え入れたんですよ。大変だろうけれど、幸せになって欲しいなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-30 22:58
place41さん>皆、幸せになる権利を持っているんですもんね。生まれてくること=幸せになること、である世界になると良いですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-03-30 23:01
ちびすけさん>控えめな子ほど物事をとてもよく観察しているものですよね。私も、特にユキちゃんに、こうなって欲しいという具体的な希望はないのですが、1つだけ、「優しい子になって欲しい」と思っています。
by lacasamia3 | 2010-03-23 06:02 | 私の独り言 | Comments(32)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho