映画「クリスマスキャロル」を観て

ヴェネツィア話の途中ですが、私が居ない間、学校でユキちゃんが面白い作文を書いてきました。

「冬休みのひとときを簡単に書いてください」という題に対してユキちゃんが書いたのは・・・

1月5日、私はEちゃんと3D映画「クリスマスキャロル」を観に行きました。Eちゃんは怖くて泣いていました。私が怖かったのは3つのシーンです。ひとつは、お爺ちゃんの死んだ共同経営者がやってくるところ、もうひとつは、2人目の魂が死ぬところ、そして最後に3人目の魂がやってくるところです。

そして、ユキちゃんは↓こんな絵を描きました。


映画「クリスマスキャロル」を観て_f0106597_45371.jpg



手前に並んでいるのは、映画館の椅子です(笑)。


映画「クリスマスキャロル」を観て_f0106597_471875.jpg
右側の炎のような人物は、1人目の魂。手に持っているラッパのようなものは、帽子で、これを被せると消えていなくなってしまうのです。指の先までメラメラと燃えています。

よく見るとちょっと浮いているんですよね。
「あ、お爺ちゃん浮いてるんだね」ってユキちゃんに聞いたら、口の端をひゅんと曲げて、「そうよ」と得意げに答えていました。自分がちょっと隠れて凝った部分に注目してもらえると、きっと嬉しいんだろうなあ。

昨日、こんなことがありました。
いつものように寝る前にベッドで本を読んであげているとき。「くるみ割り人形」や「ジゼル」などバレーで演じられるお話を集めた本を読んでいたときのことです。昨日は「ロミオとジュリエット」を読んでいました。最後に読み終わってふと見ると、アレレ?ユキちゃんが居ない?!
ユキちゃん、布団をかぶって号泣(苦笑)。

悲しいお話を読んで泣いたり、感動をして泣くことは、ユキちゃんが7歳になってから、最近たまにあります。これもまた成長のひとつの過程なんでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ユヴェヲ at 2010-01-17 05:32 x
 CHIHOさん ゆきちゃん アントネッロさん
こんばんは。 おじゃまします。
イッッッツモ思てたこと、書かしてもらいます。ずーーっと思ってたもんで。

ゆきちゃん ホーンマ ビッックリスルぐらい かわいいですよね♪
外見だけでなくて、何てゆうんですかね・・・(ボキャブラリー貧・・・)、こんだけ魅力的な ゆきちゃんにはファンがイッパイでしょうね♪

いつか書こういつか書こう!・・・のタイミングを今とらしてもらいました(笑)

ではでは おじゃましました。 おやすみなさい。
Commented by woodstove at 2010-01-17 08:42
Chihoさん こん**は~。。。
 ユキちゃんの隠れファンの一人として読ませて
いただいております。。。。。^^;
 まったくもう! こちらまで泣けてくるじゃありませんか!
ユキちゃんの素直なココロにただただ感動してしまいます。。。
(単純なボクですが)^^;

Commented at 2010-01-17 08:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumisergio at 2010-01-17 08:51
私も子供を連れて、「クリスマス・キャロル」観ました。うちの2人もかなり怖かったみたいです(笑)。ユキちゃんが描いた、おじいさんの不安そうな顔、すごい表現力ですね。

先日のコメントで、Chihoさんが美大のご出身と知り、アントネッロさんのご職業といい、お2人とも感性豊かなアーティストなのでしょうね。ユキちゃんの生まれるべくして生まれたアーティストなのでしょう。

ところで、読み聞かせの本はイタリア語で読んでらっしゃいますか?私は日本語の本を読んであげてますが、うちは2人とも日本語がほとんどダメなので、すぐ飽きちゃうんですよね。スペイン語の読み聞かせはダンナか長男の担当です。
Commented by dobry-den at 2010-01-17 10:16
号泣ユキちゃん、ほんと、完成豊かですね。しかも布団の中で隠れてって所がかわいい。いつか本物のバレエもユキちゃんに観てもらいたいなぁ。
Commented by kapibara at 2010-01-17 14:03 x
CHIHOさん、こんにちは!
クリスマス・キャロル観ていないのですが、タイトルから想像すると、
ロマンティックな感じなのに、なんだか怖そうですね(T_T)
余計に興味が湧きましたが^_^;

ユキちゃん、いとしいですね~。
その場面に入り込んでしまったんでしょうね。

それで思い出したのは、私もユキちゃんの年頃の頃、
ウルトラマンシリーズの兄弟達と、お母さんウルトラマンが
生き別れてしまい、お互い探しあう旅に出るという
勝手な物語を作って、ひとり布団の中で泣いて、
母を驚かせていた事を(;_;)

すべての物語が、ハッピーエンドでないという事を
なんとなく分かってくる年頃なのかも知れませんね。
Commented by bianca at 2010-01-17 14:32 x
chihoさん、こんにちは。
ユキちゃんの絵はいろいろな部分を本当に良く観察して描かれていますね。
そして、どの絵も温かいんですよね~(^^) 沢山の愛情を受けて成長しているのが良くわかります。
お話を聞いて隠れて泣いているなんて可愛いなぁ。。。
我が家の娘が初めて泣いたお話は何だっけ。。。?と思い起こしてみたら「かぐや姫」で心が成長しているんだなぁ~と思った事を思い出しました。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:05
ユヴェヲさん>温かいお言葉、有難うございます。親としては、かわいいなあと思う部分もあり、もっと頑張れ~と思う部分もあり、あ、ズルイッと思う部分もあり(苦笑)・・・。でも逞しく元気に育っています。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:07
woodstoveさん>じ~んとくる話や悲しいお話を読んで素直に泣けちゃう心、大事にして欲しいなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:10
鍵コメさん>有難うございます~!!届いたらお知らせしますね。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:11
yumisergioさん>この映画、結構怖いのよね(苦笑)。私はイタリア語で読んでいるんです。日本語教育、実は遅れを取ってしまい・・・最近反省しつつ、付け焼刃プチレッスンを始めたところです。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:13
dobry-denさん>そちらはバレエの本場ですもんね。プリンセス好きなユキちゃんだから、バレエにきっとはまるでしょうね。もうちょっと大きくなったら見せてあげたいなあ。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:16
kapibaraさん>この映画、怖いシーンもあるけれど、原作の挿絵の雰囲気そのままで、上手く3Dにしてあるんですよ。あ、私も「ウルトラマンの母」に関するエピソードで小さいころに泣いたことあります。ウルトラマンって結構泣けますよね(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-19 02:17
biancaさん>あ~かぐや姫も悲しかったなあ。私が童話で泣いたのは人魚姫かな?
by lacasamia3 | 2010-01-17 04:26 | お絵かきコレクション | Comments(14)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho