4匹の猫~クアットロ・ガッティ

畑の野菜を食べて、GAS(Gruppo di acquisto solidale という人力共同購入グループ)に参加してお肉やチーズ、お魚などをまとめて買っていると、1つ気づくことがあります。無農薬である分、食品自体が安全であったり、土壌汚染や大気汚染を防ぐことに一部加担しているという点は勿論なのですが、何より、「ごみが出ない」のです。
我が家では、野菜くずは全てニワトリが食べてくれるので、もともとごみの量は少ないのですが、今年に入って本当に少なくなりました。家族3人の家庭で、10日に1度、雑ごみがスーパーのショッピングバック1袋分、牛乳パックを含むプラスチックゴミが1.5袋、新聞、雑誌などの紙ごみが月に小さなダンボール1個分です。

GASで購入するチーズは、ロゴも何もついていない油紙にクルッと包んだだけの最小限包装。農家の名前はレシートに書いてあるのみで、チーズの名前も口頭で聞く程度(笑)。
お肉も、10キロ袋は、部位によりビニール袋で分けてはあるものの、トレーなどは全くなく、合計でビニール袋10枚。お魚もビニール袋にそのまま入ってきます。オレンジなどはプラスチックの大きな箱に入れてもらい、次の配達のときに、トラックのドライバーさんに返します。ジャガイモの網でさえ、きちんと再利用できるように、破かなくて良いタイプなので、毎度、農家の人に返しています。

そして最近は更にスーパーから足が遠のいてしまったため(笑)、ユキちゃんのオヤツも手作りにしています。手作りでビスケットやケーキを焼いてあげるほうが、わざわざ車で出てオヤツを買いにスーパーまで行くよりも楽なのです。こうして既製品を殆ど買わなくなり、食べるものを材料から全て自分で作るようになると、ゴミがビックリする程減ります。

「世界中の人が、私たちのような生活を始めたら世界経済は破綻するかな?」とアントネッロに聞いたら、彼は「まあ、人間の経済活動って変化に対して凄く順応性があるから、きっと誰かお金儲けをする方法は見つけるさ」だって。
どんどん消費して、どんどん廃棄し続けながら発達していった経済システムは、消費せず、廃棄しない経済システムへと転向していくのかもしれません。

イタリア語でquattro gatti(クアットロ・ガッティ=4匹の猫)という言い方があります。「極少数の人」、「仲間内だけの少人数の」といった意味で使われます。
きっと私たちはクアットロ・ガッティかもしれないけれど、もし世界で少しずつお庭やテラスで野菜を作る人が増えて、有機農家が増えて、GASのような購入スタイルが広がったら、世界はもっと住みやすくなるかもなあ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ひろりん at 2009-12-14 02:28 x
お久しぶりです。全くその通りだと思います。
日本では、生協などが、同じように共同購入という形を取っているようで、妹が参加していますが、様子を見ていると、使った入れ物を返したりしています。Chihoさんほど、本格的にごみ削減までは行っていないようですが、これって、大切なことですね!?一家族がこれぐらいとすると、町全体、国全体レベルで考えると。。。大きな問題ですよね。
Commented by xucamu512 at 2009-12-14 04:59
コンバンワ。今週の最高気温は0度行くのか、というチェコからです。

本当に、仰るとおりだと思います。
廃棄を繰り返した結果のツケが息子たちの次世代にいくとおもうと、本当に切なく、少しでも自分の出来る範囲で地球に優しくしようといつも胸においています。
こちらにはGASの様なシステムがあるか否か分かりかねますが、ごみの分別回収箱は小さな町でも結構いたるところにあります。
あとは、スーパーはマイバッグ持参が普通なとこでしょうか。
’便利’に頼らず、’不便’をも楽しむ生活、良いですね!!
エコが新しくなく、当たり前になる日に近づけましょうね♪
Commented by marcheselli at 2009-12-14 06:38
はじめまして。いつも楽しみに読ませていただいています。私もパルマでGASに入っています。やっぱり自分の食べているものがどこからどのように作られているかがわかるのは、とても安心ですよね。ゴミに関しても確かに包装も少ないし、地球にやさしい生活したいですね。
Commented by まりさ at 2009-12-14 07:49 x
ちほさん、こんにちは。
GASはすばらしいですね! うらやましい。 NYのうちの近所だとCo-Opでの購入ができますがWrappingはきちんとされていますのでごみは生ごみをComposteとして減らすくらいしかできません。 町や国がもっと環境問題に対しての意識を高めてほしいと思う日々です。
それまでQuattroGattiでもCinqueになることをめざしてがんばりましょうね!!
Commented by sironekosan at 2009-12-14 09:57 x
なんでこんな過剰包装が必要なんだろう?って思う事ありますね。
“丁寧”が美徳な国だからなのかしら?
開梱が面倒な上に、ゴミが増えるばっかりで、私はちっとも嬉しくないのに・笑
我が家も紙などは徹底的にリサイクルしているので、週3日ある燃えるゴミに、週1度しか出しませんね。
(生ゴミはまだ捨てているから、そこが課題ではあるけれど)

確かにchihoさん達の暮らしは素晴らしくて、いつも関心していますが、お金を消費して生活するスタイルの人達が爆発的に増えて尚、お金は天下を全うに回らず、不景気で仕事にあぶれ困っている人もいるんですから、chihoさん達と同じような生活レベルの家庭が増えたとしたら、物流や産業資材を扱う人々の仕事は益々減るでしょうね・苦笑
その彼らの代わりの仕事が発生しないと、生活が破綻する人々も出てきて、シアワセでない人も生まれるのかなーと、とても矛盾ではあるけれど、今のこの出来上がってしまっている社会を感じたりもしています。

家庭を、国を、地球を、救済出来る手立てはないものでしょうかね。
Commented by chiho_sss at 2009-12-14 11:27
本当ですね!買う側もうれしいし、生産者さん側もうれしいし。韓国にもそういうシステムが広がるといいな。我が家も畑が少しあるのですが、夫の両親に任せきりです。でもいずれは私がするのかなぁ・・・今からドキドキですがchihoさんのブログを読ませていただいているとミミズ1ピキにビビル私もチャレンジしてみようかな、と思えてきます。
Commented by totoro at 2009-12-14 13:32 x
Chihoさん一家の暮らし方はとってもいいなぁ。。と思っていつも読んでいます。私は、水道水の質がよくないので、家で飲む水を買っていますが、プラスチックのボトルをリサイクルしているとはいえ、どうにかならないかなぁと思っています。あと、朝やおやつに食べるクッキーは最近週末に作るようになりました。美味しい(自己満足?)し、お財布にも優しい!それに、パッケージが要らないのでごみも多少ですが減ります。ちりも積もれば山となる。。で出来ることを工夫してやろうと改めて思いました。
(それと、絵本の件嬉しいです!ご連絡お待ちしています。)
Commented by happydesigncafe at 2009-12-14 13:53
アントネッロさんのおっしゃる通りですね。
エコにかこつけて、エコバッグが登場したり、エコカーが出て来たり。それらに使用されている物質は、ものすごく貴重なものだったりするのに、それは知らされずに。
大量生産されているものは、商売、利益のためですものね。
クアトロガッティの周りには、そんな人が自動的に集まって
そして、じょじょにでも増えていくと思います☆
私も早く畑耕さなくちゃ。
Commented by greenlove at 2009-12-14 17:49 x
「土から生まれたものを土に還す」当り前のことが現代ではできなくなりましたね。私の住む地域でも2年ぐらい前からゴミの分別が非常に厳しくなりましたがそれらを出すための収集袋がそれぞれ違いスーパーでゴミをだすための袋を何種類も買っています。全部ビニールですから「これってエコ?」って言いたくなります。ごみ袋代と分別に要する手間も大変なものでご主人のおっしゃること、そのとおりだと思います。家の庭でごみを焼いてもすぐに自治会から注意されます。我が家のような田舎でさへそうなんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:12
ひろりんさん>ちょっとずつでも毎日のことだから、各家庭から出るゴミの量が減ると随分違うでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:14
xucamu512さん>ひゃ~最高気温が0度って凄いですね。寒そう!イタリアのスーパーでも随分、マイバック利用の人がここ2年ほどで増えました。「エコなのよ」なんて張らず、こうしたことが普通に定着すると良いですよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:16
marcheselliさん>食通の町パルマにいらっしゃるんですね。きっとそちらの方がGASの発祥地なのかも知れません。去年の暮れから参加しているのですがすっかりハマッています(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:18
まりささん>こういうことって実際にやってみると結構簡単だったりするんですよね。ニューヨークはオーガニック市が結構盛んだと聞きました。世の中経済が全てのシステムを支配しているから、それぞれの消費者が消費スタイルを変えていけば、世界は良い方向に変化するかも知れませんね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:20
sironekosanさん>うん、私も同じことを考えたのだけれど、人の消費が低下する=不景気になる=人が不幸になるというサイクル以外にもきっと別のサイクルが存在しえるんだと思うんです。何とも言葉では説明しがたいけれど、別の経済スタイルがあるはずと私は思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:22
chiho_sssさん>畑は始めると楽しいですよ~。今では、ミミズを見つけると素手で捕まえて、コンポストの山に移動させたりしています。ミミズは畑の重要な働き手です。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:24
totoroさん>まずは、食べるものを料理して自分で作ることがゴミ軽減の第一歩ですよね。判る~。遅くなってごめんなさい、後でメールしますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:26
happydesignさん>そうなの。今現在、「エコ」というネーミングで販売されている商品の殆どは、結局は、消費経済から抜け切れていないイメージだけのものなんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-15 21:28
greenloveさん>そうですね、エコのためと言いながら、実際にはエコでなかったりすることって意外と沢山あるものなんですよね。細かく分別して再利用するのは良いけれど、もともとゴミになるものを買わないというのが基本かもしれません。
by lacasamia3 | 2009-12-14 01:35 | シンプルエコライフ | Comments(18)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho