9月の畑は大忙し

9月の畑は大忙し_f0106597_20493831.jpg
先週の雨はウソのように、今週のフィレンツェはすっきりと気持ちの良い晴天が続いています。
雨の水分がやっと地中に吸収され、今の畑はベストコンディション♪ クワを入れると、ほろっと土が崩れて丁度良い感じです。
9月の畑は、夏野菜の片付け、土おこし、コンポストの準備で大忙し。


9月の畑は大忙し_f0106597_20504153.jpg9月の畑は大忙し_f0106597_20513298.jpg


何面かに分かれている畑の中で、何度か野菜作りを繰り返して「ちょっと土が疲れてきたかな?」という面には、まず土の表面を少し耕し、そこに枯葉や抜いた雑草、夏野菜の枯れた苗などを山にしておきます。
そして、他の面を耕しながら顔を出すミミズたちを捕まえて、そっと枯葉の山の下のほうに置いておきます。たまに鶏糞や、裏山に遊びに来る牛の「大きな落し物」(笑)も混ぜこみ、乾きそうになったら、たまにホースで水をかけます。


9月の畑は大忙し_f0106597_20535897.jpg
こうしておけば、来年の春までの間に微生物君やミミズ君たちが一生懸命枯葉を分解してくれ、バランスが取れた腐葉土が出来上がります。


9月の畑は大忙し_f0106597_20554938.jpg



先日蒔いたホウレン草も早速、芽を出しました。
最近種まきをしたのは、赤ラディッシュ、ホウレン草、人参、サラダ菜、ビーツなどです。冬場の我が家の食卓がかかっているので、責任重大!今年の秋も、畑を頑張るぞ~!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by lilytandog at 2009-09-24 21:26
今時期 夏の片づけ 土おこしと色々と忙しいですよね。
うちの庭&ベランダも寂しくなりました。 
私もchihoさんと同じでミミズを見つけたら 拾い上げてます(笑)
たまに公園で見つけたのも連れて帰ってきます。
周りから見たらかなり変な人に見えてるかも。。。
Commented by licca at 2009-09-24 21:57 x
お久しぶりです こんにちは
先日私も種まきしました!芽がでたのははやかったのですが
それからの成長が遅いような気がします。
赤ラディッシュいいですね あと人参も。
うちのベランダにはダンゴ虫が何故かうじゃうじゃいます。
Commented by villagecafe at 2009-09-24 22:06
実はニューヨークに住んでいるのですが、こちらでも都会の真ん中で畑に力を入れる人がたくさんいます。
どうするかというとビルの屋上に土を運んで本格的畑にするんです。最近とても多くなってきているんですよ。
そして、ミミズコンポストをやる人も多いです。自然はいいですね。
Commented by woodstove at 2009-09-25 07:59
Chihoさん こんにちは~。。。
畑は土作りが基本と言いますけど、ほんとですね。
有機農法というやつですね。。。ボクもやってます。
薪ストーブで取れる「草木灰」も畑の栄養になりますもんね。
また、収穫の日記を楽しみにしてますよ~。。。。^^;
Commented by fiorentino at 2009-09-25 14:28 x
腐葉土の出来上がり方を拝見してビックリです。
自然の力ってスゴイなぁ・・。
これはおいしい野菜ができるはずですね。納得です☆
Commented by lacasamia3 at 2009-09-25 21:26
lilytandogさん>そうそう、ミミズを連れて帰りたくなる気持ち、判ります~。ミミズってすごいんですよね。一冬で、枯葉の山を真っ黒な上出来の腐葉土に変えてくれます。我が家の畑にもすっごく大きなのがいますよ。たまにクワで1匹を2匹にしてしまうこともあるのですが(涙)、しばらくするとまた元気に2匹になって(汗)畑のお掃除をしてくれます。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-25 21:28
liccaさん>確かに春の苗の成長と比べると、秋はゆっくりですよね。うちの畑は今年、カメムシが発生しました。今のうちに土を40センチほどひっくり返しておくと、地表に産み付けられた卵が地中奥深くにもぐり、上にあがってこれないそうです。ちょっと試してみようと思っています。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-25 21:32
villagecafeさん>書き込みありがとうございました。ニューヨークでのそんな傾向が世界中に広がるとよいなあって思います。山の中で畑をやるのは簡単だけれど、世界を変えるには、人口が集中している都市部から変わっていかなくてはね。私はオーガニックの農産物を共同購入する地域の市民グループGASに参加しているのですが、ニューヨークでもGASのようにスーパーでの買い物をやめるグループって存在するのでしょうか?
Commented by lacasamia3 at 2009-09-25 21:34
woodstoveさん>草木灰はほうれん草を植える前の2週間ほど前に、種をまきたい面に撒いています。「花咲かじいさん」のとおりですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-25 21:35
fiorentinoさん>太陽と微生物、そして雨水が協力して、畑の廃棄物をまた立派な肥やしにしてくれるんですよ。自然ってすごいです。
Commented by villagecafe at 2009-09-26 08:59
こちらでは、食(有機栽培もの、ローカルプロダクツなど)に対しての意識がかなり高いように思われます。またそれを支援する団体、個人も大変多いです。私は実はベジタリアンで食べ物には関してはとても気になる方ですが、ニューヨークはその点、健康志向ムーブメントが進んでいるように思えます。
これからもイタリアの食事情など、いろいろ教えてくださいね。畑がんぱってください!
Commented by n_home at 2009-09-26 09:26
最近腐葉土作りに四苦八苦しはじめたばかりです。
移り住んだ土地は、造成用に川砂を盛られているため砂漠のごとし。 

3年ぐらいこつこつと腐葉土や生ゴミ堆肥を鋤きこんで
土壌改良したご近所の方の話しに励まされ日々実践ですが。
まさにローマの道、一歩一歩がまだ遠く感じられています。 苦笑

ミミズの力を借りる、乾燥させないケア、色々参考になりました。
腐葉土の作り方も人夫々で、その土地や気候条件の中で
工夫していかなくちゃならないんですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-28 19:51
villagecafeさん>おお~、ローカルプロダクツの意識が高まっているというのはやはり世界的な傾向なのかも知れませんね。こちらこそ、そちらのブログでニューヨークのbio情報を拝見するのを楽しみにしています。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-28 19:55
n_homeさん>そっか~、砂地は微生物が少ないんでしょうね。もし分解が遅いようであれば、個別にすき込むよりもまずは土地の一部にコンポスト用の枯葉や腐葉土、ゴミ堆肥を山にして活発にさせるのも良いかもしれませんよ。ミミズや微生物は湿っていてでも温かい場所が好きなんです。そして空気を通すのも大事なので、たまに混ぜるのも効果的ですよ。真夏よりも春や秋など気候の良い季節に活発に活動します。頑張ってくださいね♪
by lacasamia3 | 2009-09-24 21:07 | フィレンツェで畑 | Comments(14)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho