赤レンガの街~ボローニャ

さて、私たちはラヴェンナからボローニャに移動しました。今回はラヴェンナでちょっと食事にゆっくり時間をかけてしまったのですが、サッと食べてボローニャに移動するのであれば、ボローニャもたっぷり観光が出来ますよ。
ラヴェンナボローニャ間はローカル列車で1時間です。

ボローニャの駅に着いたら、先にフィレンツェ行きの列車のチケット(急行列車で片道18.10ユーロ)を予約しておくことをオススメします。ボローニャーフィレンツェ間は座席指定の列車が殆どで、結構ビジネス利用客が多いんです。
無駄なく疲れずに観光するなら、駅から直接タクシーで、Piazza Maggiore(ピアッツァ・マッジョーレ)に向かいましょう。タクシーだと5分ほど、歩きだと20分位だと思います。まだまだ元気がある人は、駅からマッジョーレ広場に続くアーケードを、ウィンドーショッピングを楽しみながら歩くのも良いでしょう。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_16204125.jpg



マッジョーレ広場には、街の中心の教会、サン・ペトローニオ教会がそびえ立っています。広い内部の床には、入り口の中央正面から長いメジャーのようなものがあり、ところどころに数字や星座が記載されています。これは、1695年に作られたメリディアーナと呼ばれる日時計です。正面扉の内側から、祭壇に向かってやや左上の天井を見上げると、小さな穴が見えます。ここから一定の時間に差し込む日の光が、床に記されたカレンダーを示すそうです。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_16471452.jpg赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_16522145.jpg


正面のファサード上部は未完ですが、未完の部分も良く見ると微妙に模様がついています。更によく見ると、実は、ずらしたレンガの角を利用してギザギザ模様をつけているんですね。昔の人って凄いなあ・・・。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_16594580.jpg赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_16563473.jpg


マッジョーレ広場に面した市庁舎(コムナーレ宮)には、ローマ教皇グレゴリウス13世の像がドーンと掲げられています。ボローニャは1507年以降、長い間、ローマ教皇庁の支配下に置かれます。フィレンツェだとヴェッキオ宮殿に匹敵する、ボローニャの市政の中心である建物に、こうしてローマ教皇の像を掲げるということはとても意味深い事だったんでしょうね。

写真右は、フィレンツェから呼ばれた彫刻家ジャンボローニャ作のネプチューンの噴水です。
ジャンボローニャが苦心して噴水のプロジェクトを考えていた時、この噴水の仮の土台の周りを2周して、その後プロジェクトが成功したというエピソードから、今も、試験の前に、この噴水の周りを、逆時計回りで2周すると運が付くと言われているそうです。そんなことしないで、勉強した方が早そうですね(苦笑)。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_1711348.jpg
この噴水の土台には何故かメディチ家の紋章が掲げられていました。気になって調べてみると・・・

もともと、ローマ教皇は代々、それぞれの紋章を持っていました。共通しているのは、上についた帽子と鍵の組み合わせ。そして下の部分は時代や人物により少しずつ変わります。←のようなメディチ家の紋章(6個の玉)を付けた紋章を持つローマ教皇は、メディチ家出身であったレオ十世とクレメンス7世です。

ネプチューンの噴水を作らせたのは、ローマ教皇ピウス4世。
ロンバルディア州の出身のこの教皇は、もとの苗字にメディチという名前が付いていました。ただ単に、苗字が偶然同じだっただけなのですが、本人は「自分はメディチ家の血をひいている」と主張します。フィレンツェのメディチ家側は、それを完全に否定するのですが、彼がピウス4世としてローマ教皇に即位したため、見て見ぬ振りをするのでした(笑)。

というわけで、一応、ピウス4世の紋章にも、メディチ家の紋章が盛り込まれているのです。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_17144388.jpg
今回は駆け足観光でしたが、とにかく街歩きが楽しいボローニャ。塔が沢山あり、街はこうしたポルティコと呼ばれるアーケードがあちこちに走っています。雨が降っても濡れずに観光できるから便利ですよね。


赤レンガの街~ボローニャ_f0106597_17181721.jpg



ちょっと斜めってしまいましたが(笑)、本当にボローニャは素敵な街です。

美食の街でもあるボローニャ。お昼目的で行くなら、フィレンツェから日帰りで訪れ、ボローニャだけを1日で周るのも良いと思いますよ。日曜日の朝は、お店が閉まっていてちょっと寂しいかもしれませんが、お店が開いている日は、本当に賑やかで楽しい街。

フィレンツェからボローニャは、列車で1時間弱ですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by fiorentino at 2009-09-17 14:51 x
ボローニャもまた、すご~く行ってみたいイタリアの街の中のひとつです。
写真などで見たことしかないけれど、赤レンガで統一された美しい街ですよね(^^)
しかも美食の街・・。
フィレンツェからそんなに近いんですね~。
Commented at 2009-09-17 22:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-21 03:01
fiorentinoさん>フィレンツェからボローニャは1時間位です。亡くなった父がとっても好きだった街なんですよ。活気があって、イタリアらしい街です。
Commented by lacasamia3 at 2009-09-21 03:03
鍵コメpさん>ボローニャはまたフィレンツェとは雰囲気が違って魅力的な街ですよね。
Commented by Gina at 2009-09-21 10:34 x
4年ほど前、短期留学で約6か月ボローニャに滞在していました。
毎日ポルティコのある通りを通って、学校に通っていました。
あ~懐かしい。


by lacasamia3 | 2009-09-16 18:09 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(5)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho