エトルリアの空中都市~フィエーゾレ

エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_15282267.jpgエトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_15312754.jpg


さて、今回特別展がきっかけで訪れたフィエーゾレはフィレンツェからバスで20分ほど丘を上がった場所にあります。中央駅やドゥオーモ、サンマルコ広場を通る7番のバスは市内を抜け、高級住宅地を抜けて終点がフィエーゾレ。平日だと20分おきにバスがあります。ちなみにチケットは1.2ユーロ(2009年現在)。フィエーゾレの終点にもバスチケットを売っている新聞屋さんがあるけれど、フィレンツェから往復分2枚を買っておくと良いでしょう。検札はバスの中でガッチャンとやります。
気軽に行ける村なのでフィレンツェにいらっしゃる時にはお時間があれば是非オススメ。


エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_1535929.jpg
フィエーゾレには紀元前5世紀頃からエトルリア人が住みはじめます。エトルリア人はトスカーナ州とラツィオ州に文化を築いた、ローマ人とは別の民族です。時代的にローマ人と重なる期間があり、共存していた時期もあり、フィエーゾレのエトルリア人も紀元前3世紀よりローマと同盟を結びます。現在、エトルリア人の遺跡が残る場所を見ると、フィエーゾレやヴォルテッラなど、その多くは高い場所に位置しています。これは、防衛のためにエトルリア人が高い場所を好んでそこに居住地を定めていたからだそうです。
紀元前90年、フィレーゾレのエトルリア人達がローマ人支配に反乱し敗れた後、フィエーゾレはローマの植民地Fesulae(Fiesoleの語源)となります。一方、それまでは大きな居住地がなかったアルノ河沿いの地域(現在のフィレンツェ)には紀元前59年にFlorentiaとしてローマ人に植民地が築かれます。従って、フィエーゾレの方がフィレンツェよりも、街としてはもっと歴史が古いのです。

暑かったけれど、ローマ劇場に入ってみました。入ると右手に考古学博物館があります。


エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_15431215.jpgエトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_15464389.jpg


作品の量やバリエーション、芸術的価値の点から見ると、フィレンツェの考古学博物館の方が見ごたえはありますが、↑この可愛い2点の作品に会えたから、私は大満足♪(←単品主義)。美術館の大きさとか有名度に関係なく、1点でも好きな作品があればそれで良いのです。
岩場にチョコンと立っているヤギも、可愛い天使も、本当に小さいのです。エトルリア人の金細工やこうした小さな彫像を作るテクニックには目を見張るものがあります。


エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_15554334.jpg



これは、ローマ劇場。


エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_16103319.jpgエトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_1619973.jpg


既にフィエーゾレがローマの植民地になった時代、紀元後50年頃に完成したそうです。収容人数3000人。現在も夏になるとここでEstate Fiesolanaというフェスティバルが行われ、ここで、バレーやオペラ、コンサートやシネマフェスティバルが開かれます。去年だったかな?スパイク・リーもここに来たんですよね。
期間限定ではありますが、まだ劇場として現役。


エトルリアの空中都市~フィエーゾレ_f0106597_1620405.jpg
そしてこちらは、浴場。ローマ人の植民地には必ず、お風呂+神殿+劇場がセットなんですよね。劇場でエキサイトして汗をかいたあと、お風呂でさっぱりして、神殿におまいりに行く・・・というのが定番だったのかなあ(笑)。ここにも劇場を中心にして右側に浴場、左側に神殿があります。

浴槽は2つあり、一番左の細長い四角い浴槽は冷たいお水が入ったプール。そして右隣の大きな浴槽は、温水の浴槽です。面白いのは更にその右側に、お湯を作るための窯が3つもあること。アツアツのお湯用、中ぐらいの温度のお湯用、ぬるめのお湯用と3種類の窯があり、それぞれ温度調節をしながら鉛製の管を通じて浴槽にお湯を流し込んでいたそうです。
ローマ人もお湯の温度にはうるさかったんだろうなあ・・・。サウナのようなスペースもあり、更に汗を流す洗い場もあったそうです。
ふと見ると、正面には、我が家からも見える山がありました。我が家は山の反対側ですが、ローマ人もお風呂に入りながら、私達と同じ山を見上げていたのかと思うとちょっと嬉しいです(笑)。

いつもここに来ると思い出すのは、留学したての頃にドイツ人のクラスメートとここに来たときの思い出。糸杉の心地よい樹脂の匂いとローマ時代の石畳が、あの年の夏の記憶を蘇らせてくれるようです。あの時も暑かったなあ・・・

長くなったので残りのフィエーゾレ話は次回へ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nonnakaori at 2009-07-31 17:02 x
フェーゾレは,いつも車でホテルに行きご飯食べて帰ってくるだけでなく、街に降りてゆっくり見たくなりました。聖母子像も素敵だし、天使もヤギも可愛い!
Commented by tomokorissen at 2009-07-31 20:29
そう、夏の遺跡は暑いですよね。。。私も中学生の時に
両親とポンペイの遺跡に行って、みやげ物屋で買った100円位の壷を、今も記念にとってあります。
ローマ劇場で行われるコンサートは幻想的でしょうね。。
Commented by ひろりん at 2009-07-31 22:15 x
街の名前は、何度も聞いたことがありましたけど、行った事がありませんでした。素敵なところですね~。今度、ぜひ、行きたいです。
Commented by ねむりぐま at 2009-08-01 06:27 x
フィエーゾレ、素敵な町ですね。以前フィレンツェに行った時に、ちょっと別の町もと思って、候補に挙がったのですが、
もう少し遠いところに行きたいと思って、キャンティ(試飲)に行き、ここは行かずじまいでした。
歴史がある町なのですね。
ローマ人の植民地、フィレンツェは紀元前59年ですか~。 リヨンは紀元前43年です。ますます親近感。(笑)
フィエゾーレは機会があったら行ってみたいです。ローマ遺跡も楽しそう。

先日の、トマトソースの前にチーズをたっぷり乗せておくという方法、
トマトソース缶を使ってしまいましたが(笑)、それでもおいしかったです!
次回は自家製トマトソース。。(いつか...きっと。。)
Commented by fiorentino at 2009-08-01 11:25 x
フィレンツェからバスで20分ほどで行けるところに、こんな見所満載の村があるんですね☆
いつ行けるかわからないけれど、今度フィレンツェを訪れるときは必ず行ってみたいです。
写真の作品、遠目で見ると少し日本の仏像に似ているなぁと感じました。
Commented by yajingayuku at 2009-08-02 16:22
久しぶりです。
フィエソレ、行かれましたか。
ちなみに、頂の頂上にある、サン・フランチェスコ修道院も必見です。
その陳列館なる場所も面白いです。
展望場所からはフィレンツェが見渡せます。

野人
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:32
nonnakaoriさん>今度、行きましょうね。ユキちゃん抜きでいけたらよいなあ~。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:34
tomokorissenさん>ポンペイも夏は暑いでしょうね。日陰がないんですもんね。ここのコンサートはまだ私は行ったことがないのですが、きっととてもロマンチックだと思ますよ。石造りの席の座り心地は??ですが(笑)
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:35
ひろりんさん>フィレンツェから訪れるには是非オススメの村です。タクシーでも行けちゃうけれど、市バスでも片道1.2ユーロで行けるし。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:36
ねむりぐまさん>へえ~そうなんだ、リヨンも同じくらいの頃に出来たんですね。その頃、きっとローマ人があちこちに植民地を作るのに大忙し(笑)だったんでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:37
fiorentinoさん>イタリアの中世のレリーフとか彫刻って日本の仏像に似ているものもいくつかありますよね。いつかフィレンツェにいらっしゃる時には、フィエーゾレも是非訪れてみてください。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-02 18:39
yajingayukuさん>お久しぶりです。サン・フランチェスコ修道院も素朴でとても良い教会ですよね。フィレンツェの街全体が見渡せてとっても眺めが良かったです。
by lacasamia3 | 2009-07-31 16:39 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(12)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho