イタリアの通信簿

f0106597_2129952.jpg
ちょっと前ですが、夏休みに入る前にユキちゃんは「初めての通信簿」をもらってきました。
もらってきたとはいえ、日本のように終業式に子供達が先生からもらうのではなく、夏休みに入ってから、個人面談も兼ねて親が学校に取りに行くのです。
さて、面談室に入ると、ずらりと先生方が横に5人並んでいて、その真向かいに私が一人で座るような感じです(ちょっと緊張~)。ヨーロッパだと大学の口頭試問などでもこうなんですよね。
ふふふ、この5人の先生たちのうち二人は私と一緒にGASで共同購入をしているメンバーなので、面談中、農家に返すヨーグルトの空き瓶を回収したりもして(笑)、おしゃべりで終わってしまいましたが・・・。まあ、ユキちゃんなりに頑張った1年で、特に、算数と美術は他の科目に比べてより頑張ったと言われました。

イタリアで通信簿は、pagella (パジェッラ)と呼びます。通信簿は、二つ折りのA4サイズ、見開きにするとA3サイズと大きいんです。日本の通信簿はもっと小さかったような気がするなあ。

デカデカと上にイタリア文部省"Ministero dell' istruzione, dell' universita' e della ricerca"のマークが掲げられ、子供の生年月日などが書いてあります。
一年生の通信簿とはいえ、イタリアでは、こういうところは結構アカデミックなのだなあと思います。


f0106597_21324035.jpgf0106597_21331730.jpg


考えてみれば、1年生の1年間、テストも1度もなく、点数をつけられたことも全くありませんでした。通信簿には一応、それぞれの科目、英語、歴史、地理、算数、科学、音楽、美術などに10段階の評価が付いているのですが、まあ「大体」の評価だろうと思います。
10が満点ですが、大体皆、8を基準に、頑張った科目は9、もうちょっと頑張った方が良い科目は7という感じのようです。


f0106597_21344682.jpg
頑張った科目は、これからも頑張って、他の科目も同じようにのびのびと頑張ってくれればそれで良いなあと思いる私。先生方も、「低学年のうちは評価にこだわらないでね」と言っていました。
実は、この1年生の10段階評価は、今の文部大臣が導入した教育改革によって今年から施行されたのです。現場の先生方の大きな反対を押し切っての新システムであるために、評価も「大体」。親である私たちも特に気にしていません。

小学校が低学年のうちは、点数や通信簿にこだわらず、好きな科目をより伸ばして、苦手な科目も嫌いにならずにどこかで楽しさを見つけて、その子なりに頑張ってくれれば良いんじゃないかなって思います。こういうことは、学校の先生にまかせっきりというだけではなく、親も子供に学ぶ楽しさを伝えるべきなんでしょうね。

ユキちゃんは9月から2年生。1年間、良く頑張ったね。2年生になっても、ユキちゃんらしく、のびのびと勉強を楽しんでね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by tomokorissen at 2009-06-28 01:26
なんだかすごくカッコイイ通信簿ですね~。
それにしても、もう1年生が終わりなんですね。大きくなっちゃって(親戚のおあばちゃん)。イタリアの小学校って、テストは無いのですか?
Commented by woodstove at 2009-06-28 06:51
 5対1の面接でありますか。
それは緊張しますよね。。。。
いまだに通信簿って聞くとドキドキしちゃいます。。。。。(^^;)
通信欄に「やればデキルタイプですよね・・・」みたいな事をいつも書かれ
ておりました。。。。未だに出来てないオヤジですけど。。。
Commented by fiorentino at 2009-06-28 11:09 x
低学年のうちは、評価を数字でつけられても親も子も実際はピンとこないですよね(^^;)
それよりも、子供が何に興味があるかとか、何を特にがんばっているのだとか、学校での様子はどうだとか、そういうことの方が教えてもらいたいです。
イタリアらしくない10段階評価のシステム★
現場の先生達の反対はごもっともです~!!
5対1の面談は緊張ですね~。
でも空き瓶の回収など、GASのメンバーならではの親近感あふれるやりとりがすごくいいですね♪
Commented by Summer at 2009-06-28 13:00 x
イタリアも新学期は9月からなんですね。NZはもとイギリス植民地としてオーストラリアに続き、新学期はどこも2月からです。でも夏休みが終わった後から新学期っていうところは同じですね。それにしてもユキちゃん2年生になるところなんですね。はや〜い!
Commented by pino-ombra at 2009-06-28 21:40
10段階評価って、日本の中学とか高校みたいですね。
この評価方法になる前は、日本の小学校みたいに数字ではない
評価の仕方だったのでしょうか??
8が平均…っていうのが、日本よりギスギスしていなくて良いです(笑)。
Commented by saocean at 2009-06-29 03:12
こんにちは。コペンハーゲンからちょくちょく覗かせてもらっています。
つくづく、成績重視の日本の教育じゃあ子供はのびのびと育たないよなぁと思っていたので、イタリアのこの感覚いいなと思いました。
人と比べるのではなくて、その子一人ひとりが個性を生かせられるっていうのは、素敵ですね。
Commented by Tomoko at 2009-06-29 23:57 x

ちほさんお久しぶりです。
そうかぁ、ユキちゃんはもう9月で2年生になるんですね。アキは、1年生がやっと3ヶ月終わりそうなところです。もちろん、まだ学校行ってますよ。夏休みは7月17日から!そして、私たちは20日からコペンハーゲンイン・アウトの中抜け1週間をフィレンツェで過ごすという、過酷なバカンスをしてきます。ちほさんに会えたらうれしいけど、お忙しいでしょうね。
saoceanさんて、コペンハーゲンにいらっしゃる方なんですね。お会いできたら光栄ですが!
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 16:59
tomokorissenさん>子供に媚びていないというか、余りそんなことは考えていないというか(笑)、妙にアカデミックな通信簿です。きっともうちょっと学年が上になったらテストとかあるんでしょうね。1年生では1度も「点数」をつけられたことはありませんでした。ノートをちょこちょこっと赤字で直されたりっていうことはあったんですけれどね。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:00
woodstoveさん>久しぶりに緊張しました(笑)。たまにこうして面談とかで学校に行くときは(年に2回くらいしかないんですが)、「遅刻しちゃいけない」と思い恐ろしく早くついてしまいます。「学校=遅刻」というトラウマがあるんでしょうね・・・。遅刻魔だったもので(爆)
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:00
fiorentinoさん>現場の先生たちの臨機応変な対応があり難いです。先生達が愛情を持って子供に接してくれることが何より嬉しいなあと思います。点数で評価できないこと、沢山ありますもんね。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:00
Summerさん>もう2年生なんですよ。早いでしょ?あっという間に大きくなってしまいますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:00
pino-ombraさん>そうなんです。この評価方法の前までは文章での評価だったんです。まあ、10段階とはいえ、5以下になることは殆どないようです。高校生になっても「偏差値」なんてないし、まあのびのび勉強してくれれば良いなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:01

saoceanさん>こんにちは。そうなの~!人と比べて自分を評価するんじゃなくて、自分がどれだけベストを尽くして、どんなことを学んだのか、思考力をどれだけ高めたのかっていうことが大事だと思うんですよね。人間色々だし、学校の成績で測れないことって沢山あると思うんです。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 17:01
Tomokoさん>こんにちは。実は7月13日から21日までプーリアに行っていて、今回私はユキちゃんを置いて、22日にフィレンツェに戻ってきます。でも是非是非お会いしたいので、もし良かったらメインサイトのほうからメールを下さい。お会いできたら嬉しいです。
Commented by tomoko at 2009-07-02 23:51 x
お返事ありがとうございます。
私たちは24日から1週間フィレンツェにいます。その間、scandicciの友達のところにお泊りしたり、いろいろ活動しますけど、chihoさんには是非是非私もお会いしたいです。きっと共通の知り合いが出てくると思います。でも、22日から何日間フィレンツェに滞在してますか?心配・・・。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-08 17:49
tomokoさん>メールありがとうございました。私も楽しみにしています♪
by lacasamia3 | 2009-06-27 22:30 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(16)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho