一人車で旧街道をドライブ

一人車で旧街道をドライブ_f0106597_5292978.jpg
一人車で旧街道をドライブ_f0106597_5312644.jpg


今日は朝から車でグルグルとあちこち行っていました。
ちょっと用事があり、我が家から30キロほどの小さな町フィレンツオーラを訪れました。朝、タイヤの空気圧やラジエーターのお水、エンジンオイルを確認し、珍しく私のポンコツパンダ君をチューニングして、いざ出発!
たった30キロですが、途中からはカーブが続く険しい上り坂となるのです。
フィレンツェからスカルペリーア村を通ってボローニャを抜けるこの道は、メディチ家の時代以前から使われていた古い旧街道です。その後、メディチ家が途絶えてフィレンツェを支配しにやってきたオーストリア人が、馬車で通れるような便利な道としてパッソ・デッラ・フータと呼ばれるカーブがやや少な目の道を切り開いたために、北イタリアへの交通はこの新街道へと移っていきます。
さて、そんなことを考えながら、一人パンダ君を走らせる私。カーステレオもラジオも付いていないので、一人で運転するときは結構退屈なのです(笑)。
30キロの山道を1時間半近くかけて登り、着いたフィレンツオーラという町は、小さな山間の町です。この町の郊外には、昔からフィレンツェの建物の特に内装や階段などに使われているPietra Serena(ピエトラ・セレーナ)というグレーの石を切り出している採掘所が沢山あります。


一人車で旧街道をドライブ_f0106597_5304298.jpg
用事が済んだ後、ちょっと前から行ってみたかった場所に寄ってみました。実はこの町の外側に、あるパン工房があります。フィレンツェの自然食品のお店にパンを卸しているパン工房で、オーガニックのパンでは結構有名なところです。小売はしていないのですが、電話を入れたら、オーガニックの全粒粉を譲ってくれるというので、行ってきました。
←これが今回買ってきた全粒粉。隣のパオロに分けてもらった粉と同じものです。有機栽培で育てた小麦をヴェローナの粉挽き所が石臼で挽いたという粉。1キロ当たり1.35ユーロ、今回は25キロ袋を2袋買ってきました。毎月10キロ以上はパンを作るのに消費するから、全部うちで使っても、4ヶ月でなくなりそうです。GASのメンバーの中にも分けて欲しいという人がいたので結構早くなくなるかも。

白いパンをやめて、自家製の全粒粉のパンに切り替えてから1ヶ月以上が経ちました。腸の調子がとっても良いのが良く判ります(笑)。消化にも良いようです。特にイタリア料理ではパンを食べることが多いから、毎日食べるパンは本当に大事だなあって思います。

また、この粉を使ってパンを作るのが楽しみです♪ ワクワク・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by yasuragimyhome at 2009-04-01 07:13
有機栽培&石挽き。
聞いただけでおいしそう!
それにしても25キロx2袋か・・・やはりすごい消費なのですね。
全粒粉100%のパンなのですか?
Commented by white_001 at 2009-04-01 07:31
おはようございます♪

はじめまして♪
いつも楽しく拝見させていただいております(*^^*)
本日、リンクをいただきました。
事後承諾で、申しわけありません~。
これからも楽しみに拝見させていただきます♪
Commented by sironekosan at 2009-04-01 08:57 x
25kgを2袋!日本の住宅事情では置いておくのも大変な量ですが(笑)、体の調子を整える食事に、いいものを使うのは気持ちのいいお金の使い方ですよね^^女性に多いと言われる便秘対策に、整腸剤を買うより断然いい筈・笑

そうそう、音の無い車の中では私も色々な事考えますが、さすがCHIHOさん、道から歴史の事を考えるんだなぁ・・・と^^

まだ外の景色は冬っぽいですね。
フィレンツェの春はあともう少し後ですか?
Commented by きんたろう at 2009-04-01 10:40 x
こんにちは。書き込みは、初めてですが、だいぶ前から楽しく拝見させていただいて居ります。HPの方からアグリ滞在の問い合わせをした事があります。
有機栽培の小麦(それも石臼挽き)でパン!羨ましいです。この粉を購入するのは、難しそうですが、フィレンツェの自然食品のお店で パンは、購入できるのですか?実は、5月にフィレンツェへ行くのでお店の場所を教えていただけると嬉しいです。
Commented by fiona at 2009-04-01 20:08 x
こんにちは。初めての書き込みです。でも、毎日欠かさずに拝見させていただいています。
CHIHOさんパンダに乗っていらっしゃるんですね。確かに、イタリア!私も、10年ほど前、ニュージーランドに留学していた時にフィアットに乗っていました。真っ赤、真っ赤!!この車でどれだけの楽しい思い出が出来たか、久しぶりに思い出しました。結構なポンコツだったので、何度も修理に出したり…日本の車に慣れ親しんだ甘ちゃんには試練も与えてくれました。
でも、何物にも変えがたい思い出となっています。
Commented by M.K. at 2009-04-01 20:16 x
全粒粉のパンは噛み応えがあって美味しい上、ヘルシーですね。家でも漂白した白いパンは滅多に食べません。 ご飯は一日一食で、後はパンが多いです。  

小麦粉は挽いた事がないのですが、炒った大豆を石臼で挽いていました。これはきな粉を作るためです。何時もお話しする疎開先でのことですが、家にはお餅を搗く石臼と粉を挽く石臼がありました。二段になった上段に手で回す棒が付いていて、四角い穴から大豆を一掴み入れて、手でグルグル重い石臼を回すのです。穴から大豆を入れるのはM.K.の役目で、母が石臼を回したものです。

小豆も胡麻も家で栽培していましたから、何でも作っていました。
あの頃はお金があっても、物資が無かったので買うことは出来ず、家で作るしかなかったんです。それか、物々交換といって、母の着物や帯とお米や麦と交換してもらうような生活でした。

でも、悲壮感は無く、みんな戦争が終わって復興を目指して前向きでしたから、何でも楽しかったです。大人も子供も一生懸命に生きていましたよー。 ここにお邪魔すると、遂そんなことを思い出してしまいます。


Commented by fiorentino at 2009-04-01 23:34 x
自家製全粒粉パン、うらやましいです(^^)
私も全粒粉パン大好きです。
30キロの道を行く価値十分アリですね!!
その道にも歴史が刻まれていて、イタリアって本当に素敵で奥深い国だなぁって思います。
私の中でイタリアのイメージは、白いパンより色付きのパンの方が雰囲気があって似合います♪
朝日が差しかかった少し古びた木のダイニングテーブルの上に、カゴに盛られた全粒粉パンって感じでしょうか・・なんだか想像するだけで楽しい(笑)
Commented by arinn at 2009-04-04 10:57 x
こんにちは お尋ねしたいですが、フィレンツェからオリーブ畑を通り
丘の上にあります、PRUETOのお店は、どの場所にあるかご存じですか?2年前に訪れたお店です。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 01:32
yasuragimyhomeさん>はい、全粒粉100%なんですよ。脂質があるので、結構モチッとした感じに仕上がります。とっても美味しいですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 01:33
white_001さん>リンク有難うございます!大感謝です。コレをご縁にこれからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:54
sironekosanさん>繊維質を沢山含んだ皮の部分をワザワザ取り除いた白いパンを食べながら、繊維が足りないとサプリメントを摂取したりするなんて、人間って不思議な生き物ですよね(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:55
きんたろうさん>Natura Siという自然食品のスーパーが2店舗フィレンツェにあります。どちらも町の中心部ではないので、バスで行くか、タクシーで行くしかないのですが、1つはVia Masaccio、もうひとつはViale Corsicaという通りにあります。どっちも長い通りなので、住所が判らないとなかなか探すのは大変だと思いますが、もしかしたら、webサイトがあるかもしれませんね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:55
fionaさん>パンダに乗られていたんですね~。きっとあのカクカクッとした古いタイプですよね。パタンと扉を閉めるときのチープな音が気に入っています(笑)。私のパンダはイタリアの保健所ご用達「白のパンダ」です。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:55
M.K.さん>食べ物を確保するのが大変な時代だったんですね。今は豊かな時代になりましたね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:55
fiorentinoさん>道にそれぞれ歴史があるってイタリアの特色かもしれません。Via Senese(シエナに行く道)、Via Pisana(ピサに行く道)、Via Bolognese(ボローニャに行く道)など、昔からその行き先にちなんだ道の名前やその道がそのまま残っているんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-07 03:56
arinnさん>う~ん、以前、車を運転しながらそのお店の宣伝を目にしたような気がします。Impruneta(インプルネータ)かFiesole(フィエーゾレ)あたりのお店ではないでしょうか?
by lacasamia3 | 2009-04-01 05:55 | 私の独り言 | Comments(16)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho