チンタ豚農家を訪れました~グルッポ・ディ・アクイスト

チンタ豚農家を訪れました~グルッポ・ディ・アクイスト_f0106597_1324769.jpg今朝は共同購入グループGASの豚肉調達担当として、早速、近所の養豚農家を訪れました。
養豚農家というと、何だか建物の中に豚が沢山居るような光景を思い浮かべますが、この農家には、豚がいない???実は、50頭程の豚達は、朝、おじさんが小屋の扉を開けると、さっさとお出掛けをし、夜、日暮れの前に自主的に小屋に戻ってくるそうです。広大な敷地内を徘徊しているようで、殆どその姿は見えませんでした。
面白いことに、豚たちは、「遠出トレッキンググループ」と「近所大好き」に分かれていて、ご近所グループは農家の近くに(といっても遠めですが)、群れているところを発見しました。


チンタ豚農家を訪れました~グルッポ・ディ・アクイスト_f0106597_1341588.jpg



お~い、豚君!


チンタ豚農家を訪れました~グルッポ・ディ・アクイスト_f0106597_1351633.jpg



ご覧の通り、チンタ豚の特徴はお腹の周りの白い帯です。イタリア語で帯のことをcinta(チンタ)と呼ぶので、この名前がついています。耳が長いのもこの豚の特徴なんですよ。耳が長いのは、茂みに入るときに植物のトゲや枝から目を守るためなんだそうです。


チンタ豚農家を訪れました~グルッポ・ディ・アクイスト_f0106597_1373251.jpg
普段はドングリや木の根、球根などを食べるのですが、冬場はそれでも餌が足りなくなるので、夜戻ってくると、おじさんが←この"favette"(ファべッテ)と呼ばれる黒豆を水で戻したものを与えるそうです。配合飼料は一切なし。
こうして育ったチンタ豚君、来月には食べごろになる豚君が数頭いるそうで、来月までにオーダーを集めます。1頭が大体80キロで、各部位をミックスにした10キロ袋を8袋作ってくれます。1キロ当たり8ユーロ。まあ、10キロ袋とはいえ、2家族で分ければ何とか買えるから、オーダーは集まりそうです。
とりあえず来週は、この農家で作っているプロシュット、ラード、手作りソーセージ(←これはかなり美味しそう)のオーダーを集めることになりました。

届いたらまたご紹介しますね。楽しみだなあ・・・。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ねむりぐま at 2009-02-23 04:41 x
いいですね~。自然のものを食べて、こんなに元気に健康的に散歩してる豚くんたちが、手に入る。しかもキロ8ユーロなんて、安い! リヨンのマルシェで買う豚くんは、10ユーロ超えていたような気が。。
オーダーの取りまとめや受け取りは一仕事かもしれませんが、おいしい豚ゲットとみんなの喜ぶ顔を見られるのはうれしいことでしょうね~
Commented by M.K. at 2009-02-23 07:36 x
このチンタセネーゼのお肉は美味しいでしょうねー。
安心なのと美味しいさと、その上,安いとは。
そんなうまい話は我が国には皆無かな?
羨ましい〜。

我が国の食糧事情のお粗末なこと。 
お上は全然ダメだから、消費者が頑張らなくては。

遠出の好きな豚にご近所が好きな豚がいるなんて、面白いわねー。


こんな農家が近くにあればねー。
Commented by sironekosan at 2009-02-23 09:32 x
健康そうな豚ですね^^
でもこの豚を食べるのですね?苦笑
そう思うと、お肉ばかり好んで食べるのはちょっと辛いな。と思いますね・笑
農場を見てお肉を買うとなると、少し肉に対して考え方が変わりそう。
最近私も食に対して考えるところがあったので、GASに興味がどんどん湧いてきています^^

あ、そうそう、私の母は精肉屋さんの隣に住んでいて、そのお陰で肉はずっと食べられなかったそうです・笑
Commented by baru-nishio at 2009-02-23 10:11
必要以上にドーンと太っていない豚くん…
身が締まっていて味わい深そうな豚です。
広大な土地を動き回っているからでしょうねぇ…。
食べさせている物がシンプルで安心ですね。

先日TVで見たのですが過疎化して荒れた農地を豚に耕してもらい
農地を再生させていました。時間はかかるけど豊かな土壌になってました。
そしてその豚の肉はホテルなどへ評判の黒豚肉として出荷されていました。
環境を考えた農法から美味しい豚肉の出来るサイクル…なんて豊かなんだろうと思いました。
日本でもささやかですがやってはいるのですよねー。
Commented by sarah000329 at 2009-02-23 15:10
木の実だけを食べてる豚で作ったソーセージって美味しいでしょうねぇ~。
混合資料や人間の残り物を食べている豚って、やっぱり
何を食べているか分からないので、ちょっと心配だったりします。
しかし・・・・ この中の豚を食べるのかと思うとちょっとシュールな気もします。。。。 笑
Commented by fiorentino at 2009-02-23 15:14 x
チンタ君達、朝お出かけして、日暮れには帰ってくるなんてかわいいですね(^^)
二手に分かれたグループがあるのもおもしろいですね♪
広大な敷地、空気もおいしそう。
そうやってのびのびとストレスなく育てられたチンタ君はおいしいでしょうね~(かわいそうだけど 笑)
ソーセージ・・想像するだけでおいしそう~!!

Commented by 中西 at 2009-02-23 20:13 x
ちほさんこんにちは!  ↓のジャルディーノ ドゥーエの写真に 懐かしくなりました!!テラスで食べた食事があまりに美味しくて その後我が家を建てる際に ダイニングテーブルを持ち出せるベランダをつくってもらい
たまにフィレンツエ気分を楽しんでいます。
早く本物のイタリア味わいたいです.  そのときは、またよろしくお願いしますね!(いつのことやら 笑 )
Commented by Sette at 2009-02-23 22:22 x
かわいい豚さん達ですね。
自由にあちこち行けるって、豚にとっていいですね。食べちゃうので、ちょっとかわいそうな気もするけれど(汗)、ストレスの少ない動物のお肉は絶対美味しい♪
Commented by マイ at 2009-02-24 02:28 x
模様が可愛いブタさんですね。日本とちがって、お肉は動物を殺生していただくもの、だから大切に食べなきゃいけない、というのが身近に感じられていいですね。凄くシンプルで、でも、もとある姿なのでしょうね。
Commented by A at 2009-02-24 13:07 x
千穂ちゃんこんにちわ(*^_^*)

初コメントの「鴨肉のAちゃん」です。
昨日お母様のところにお泊り・・・コメントの書き方を教わりました。
コメントって簡単に出来るんですね。

これからは読み逃げじゃなくコメントもしようと思いますので宜しく!
そしてユキちゃんの成長が遠くからも見ることの出来るこのブログを
楽しみにしてます。
Commented by YOKO at 2009-02-26 13:03 x
チンタ豚くん、朝出掛けて夜にはちゃんとかえってくるなんてかわいい。
そんなおりこうさんだと、食べるのが辛いですね。毎日、何気なく食べている食事も、感謝をしながら頂かなくてはいけないんなぁと、感じます。
プロシュートやラード、ソーセージは美味しそうですね。感想がアップされるのを楽しみにしています。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:30
ねむりぐまさん>安いのは色んな部位がミックスだからなんでしょうね。一度試してみたいなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:30
M.K.さん>きっと日本でも美味しい食材を提供している農家は沢山あると思いますよ。輸送が発達している日本だから、イタリアよりももっとこういうことはやり易そうですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:30
shironekosanさん>私は感謝して美味しく残さず食べる方かな。スーパーでトレイに綺麗に切り分けられている豚肉も、もともとは生きている豚だったわけなんですもんね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:31
baru-nishioさん>豚を使って土地を改良するには、きっとかなりの時間がかかるのでしょうね。でも、自然のサイクルに合わせた農法は私もとても興味があります。日本にもこだわりを持っていろんな試みをしている農家があるんですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:31
sarah000329さん>来週の火曜日にソーセージが届くのでお楽しみに♪届いたらブログでご紹介しますね。可愛いコブタちゃんを見るとかわいそうと言う気持ちになるかもしれないけれど、お肉を食べるってこういうことなんだろうなあって思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:31
fiorentinoさん>少なくとも、この農場では、育っている間は豚君たちは幸せだと思いますよ。ソーセージ、届いたらアップしますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:32
中西さん>そうそう、ここにご家族で泊まられたんですもんね。あの頃から、ちょっと緑が増えたかもしれません。ソファーもあの頃はなかったかな?また遊びにいらして下さいね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:32
Setteさん>家畜に対するストレスがないこと、配合飼料を使わないことって大事だと思うんですよね。配合飼料はそれを作るのもBIOでなかったら、環境汚染になるわけだし。いろんなことが絡まって、自然と共存する関係が成立つんだと思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:32
マイさん>こうして田舎に住むようになって、より、お肉やチーズ、野菜などの農作物の生産の場を身近に見ることが出来るようになりました。最近は、食卓に並ぶ食品がどうやって作られているのかって深く考えるようになりました。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:32
Aちゃん>いつも母がお世話になっています。鴨肉美味しかったですよ~♪いつもブログを見てくれて有難う。また、日本に帰った時には、餃子を食べに行きたいなあ~。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-01 20:33
YOKOさん>なんとものんびりとした飼い方でしょ?来週届くオーダーではラードとソーセージをオーダーしました。ブログでご紹介しますね。
by lacasamia3 | 2009-02-23 01:52 | シンプルエコライフ | Comments(22)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho