豚担当になりました(笑)~グルッポ・ディ・アクイスティ

豚担当になりました(笑)~グルッポ・ディ・アクイスティ_f0106597_1730453.jpg
昨晩、夕食後に近くの村で、共同購入グループGASのミーティングがありました。場所は、ユキちゃんの同級生M君宅。ユキちゃんにコートの下にパジャマを着せて、アントネッロと一緒に参加しました。
私は、今まで他のメンバーとはメールでやり取りをし、前回のオーダーの受け取りのときに数人とすれ違っただけだから、実際に顔をあわせるのは今回が初めて。で、M君宅にお邪魔すると、ユキちゃんの算数のD先生、D君のママ、など顔見知りが何人かいました。
15人ほど集まって、まず最初にGASの仕組みの説明がありました。その後、様々な議題について皆で相談をしました。ちゃんとverbale(議事録)を書く人がいて、その場で決まった議題については、後でメールで送られてきます。
皆で真面目に(笑)有機農業のあり方について、環境に優しい石鹸や洗剤の成分について議論する姿が見ていて新鮮でした。単に「有機」とか「オーガニック」という言葉につられるのではなく、どういう工程で生産されているのか、人体や自然にどういう影響があるのかという知識を消費者がしっかりと持って、商品を選ぶことって大事なんだなあって思いました。

で、その議題の中で1つ挙がったのが、今まで養豚農家とGASの間でコーディネーターをしていたメンバーが忙しくなってしまい、コーディネートを続けられないということでした。農家の名前を聞いてみると、我が家の山の反対側の斜面にあるチンタ豚の農家でした。私たちも何度か、サラミを買いに行ったことがあります。

チンタ豚とは、お腹に白い帯状の模様がついたトスカーナ、特にシエナ周辺の伝統的な種類の豚です。イタリア語で帯のことを"cinta"(チンタ)いい、"maiale di cinta senese"(マイアーレ・ディ・チンタ・セネーゼ)と言う名前がついています。
シエナのプッブリコ宮殿内の中世のフレスコ画にも描かれるほど古くから飼育されていたのですが、戦後、より飼育が簡単なラージ・ホワイトという種類の豚の飼育に押されて、絶滅寸前だったこともあります。新陳代謝を必要とし、広いスペースが必要な豚で、今では飼っている農家は少ないのですが、レストランなどでは重宝される豚なんですよ。
この農家では、完全に放し飼いでこのチンタ豚を飼っていて、豚たちは、ドングリや栗を食べて育っています。農家では、この豚のサラミや豚肉、ソーセージなどを生産しているのです。

アントネッロも私も、食料品を一緒に購入するだけではなく、何かグループのために出来ることがあればと思っていたので、この農家とGASのコーディネートを申し出ました。
私たちが行うのは、農家の農産物と値段を確認し、メールで各メンバーからのオーダーを集めて、1ヶ月に1度の頻度で納品をコーディネートすること。各家庭の豚肉の供給を私たちが請け負うと思うと責任重大ですが(笑)、何だかとってもワクワクします。

近いうちに農家を訪れたいと思っています。
豚に詳しくなれるかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by kimilon at 2009-02-19 19:06 x
chihoさん、食品の共同購入良いですね。口に入れるものがどのようにしてどのような人に作られているのか知るのは、とても大切な事ですよね。この間、ミツバチの死因を追求する短編映画を見ましたが、農作物に散布する農薬がやはり第一原因のようです。その農薬は知らないうちに蜂蜜や果物や野菜を通して私たちの体内にも入ってくるんですものね。私の住んでる地区でも“近隣の農業を支えて行こう”という趣旨の共同購入の運動が起こりつつあり、来週の月曜日がその一回目の会議です。私も参加する予定にしています。

Commented by fiorentino at 2009-02-19 21:39 x
GASは理想的な買い物方法だと思いました。
私は大阪の堺市に住んでいるのですが、まずGASのような買い物はできないです(^^;)
探してみたらあるんでしょうかね?
ミーティングなどもあってみんなで協力し合ってこそ成り立っているシステムですよね。
あとコーディネートを申し出られたんですね!!
chihoさんとアントネッロさんの行動を見習おうと思いました。
家事と子育てで毎日忙しくしてますが、もっと視野を広げてみて、今私にできることを見つけてみたいです。
私もchihoさんみたいなお母さんになりたいな。
Commented by わだっち at 2009-02-20 00:05 x
すてきですね、がんばって!私も自然に沿った生活をしたいと、夜勤を続けるような不規則な生活の中で憧れています♪
Commented by M.K. at 2009-02-20 10:13 x
日本でも共同購入をしているグループもきっとあるでしょうが、なかなかそう言った機会に巡り会うことがありません。

只オーガニックと言っても偽かもしれないし、どれくらい減農薬栽培なのかとか色々現地で話しを聞いたり、自分たちでも勉強しないと、何がどういう具合に身体に良いのか、悪いのか分かりませんね。根っ子から本格的に良い物、安心な物を追及していかれる姿勢、と皆さんの協力も素晴らしい!!
Commented by lacasamia3 at 2009-02-20 21:30
kimilonさん>そうそう、ミツバチの大量死と農薬の関係はイタリアでも報道されていて、これは私もじっくりと調べてみたいなあと思っている話題です。この問題については、まずは農家の意識が変わってくることが大切だなあっておもいます。
Commented by lacasamia3 at 2009-02-20 21:31
fiorentinoさん>いやいや、できることから協力できれば良いなあって思っています。どうなるかな?まずは農家訪問してきますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-02-20 21:33
わだっちさん>夜勤でのお仕事、ご苦労様です。いつか、もっと自然の恩恵を受けるような生活スタイルにしたいなあって思っています。まだまだです(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2009-02-20 21:36
M.K.さん>同じオーガニックと言っても、色んなレベルがあるんだなあって知りました。イタリアでは同じオーガニックの卵とはいっても、有機の飼料を与えているけれど、小さな檻の中に飼われている鶏から生まれた卵、完全に放し飼いで外の草を食べながら有機の飼料を食べている鶏から生まれた卵、と色々です。神経質になるのではなく、でもしっかりと知識を身に付けたいと思っています。
Commented by ogosyu at 2009-02-21 07:22
chihoさん、こんばんは!とても興味深く読ませていただきました。
それに、とってもいいことだと思います。皆できちんと話し合って協力して注文をする、そして問題点も最初の段階で認識しておく。。。。たぶんイギリスにはないだろうなあ。オーガニックのものは個々で売っていても、団体でこのようにする組織はないと思います。
それにチホさんたちがコーディネーターの役目をする、って。。。。素晴らしいなあ。 こうして役に立てば、、という気持ち大切ですよね、がんばってくださいね。
いつもながらにイタリアの奥の話を聞けてよかったです。(今回は豚ね)よい週末を!
Commented by lacasamia3 at 2009-02-24 17:50
ogosyuさん>お返事が遅くなりました。うんうん、昨日、丁度チーズを受け取りにメンバーのお宅にお邪魔したんですが、「こうして安全で美味しい食材を買うことが出来るのも嬉しいけれど、これを機会にいろんな人と知り合えるのも楽しいね」って皆で言っていました。GASを始めてから、村や山道ですれ違う人と挨拶をする機会が増えたような気がします。
by lacasamia3 | 2009-02-19 17:56 | シンプルエコライフ | Comments(10)

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。


by chiho