フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

タグ:フィレンツェの市場情報 ( 17 ) タグの人気記事

f0106597_07220475.jpg
さて、昨日アントネッロと久しぶりに行ったオーガニック市フィエルーコラ、今月は、川向こうのサントスピリト広場で開催されていました。
相変わらず、賑やか。来ている人は大体、自分のお目当ての屋台があって、事前に欲しい物を予約して引き取りに来る人も沢山居ます。
f0106597_07233187.jpg
野菜も、パンも、チーズも、どれも美味しそう。
手縫いの靴や、自然の染料で染めた毛糸、それらで作った洋服、木工製品等々、見ていてワクワクする物ばかりです。

今回のフィエルーコラのテーマは「種」(たまに、陶芸とか、木工とか、パンとか・・・色んなテーマがあるのです)。
オーガニックの種の屋台がありました。値段がある訳ではなく、オーガニックの種をちょっと分けてくれて、気持ちのお金を自由な金額、瓶に入れてあげると言うシステム。私は古代小麦を買いました。これを10月に畑の隅っこに蒔きます。以前、ご近所さんのテッサに、「畑の隅っこに小麦を植えると幸運を呼ぶのよ」と言われた事があるので。
f0106597_07281755.jpg
色んな屋台があって、それぞれ生産者が売っているから、皆、伝えたい事が沢山!ちょっと質問すると、熱心に色々と教えてくれます。
今回、このErba della Madonna(聖母様の葉っぱ)という苗を買ってきました。昔はこの葉っぱで、火傷や切り傷、ニキビなど、何でも直していたんだそうです。初夏にピンク色の可愛い花が咲きます。楽しみだなー。4ユーロ也。
f0106597_07362317.jpg
そして、一目、素敵なフラワーアレンジにビビッと来た瞬間から、何か1個買いたいな!と思わせてくれた籠編みの屋台。
f0106597_07381165.jpg
この白髪の女性が1人で編んでいます。おじいさんはどうやら、普段は素材集めを手伝っているらしい。素材もご自宅の近くで見つけるのだそうです。フィレンツェ近郊のカレンツァーノだったかな?
f0106597_07391862.jpg
今回、買いそびれたこのブーケ。次回見かけたら是非買いたいと思います。
f0106597_07401822.jpg
今回私が購入したのは、こちらの小さめの籠、18ユーロ也。
これを持って、二人でバス停まで歩いていたら、途中、周りの人が、籠の中を覗き込む(笑)。何か、配るもの入っていると思ったのかな?
f0106597_07421405.jpg
おじいさんが得意げに、「よく見てご覧。トピーニ(小ネズミ)がいるだろう?」と教えてくれました。この植物の先っぽのちょっと起毛したつぼみです。おじいさんはこれを「小ネズミ」と呼んでいて、おばあさんは飾りとして、このつぼみがついた部分も編み込んでいるのです。

f0106597_07445122.jpg
色も微妙に組み合わせてあって可愛いでしょ?
籠がまた一つ増えました。

このオーガニック市の2016年の開催日を以下のページでアップしました。良かったらご覧下さい。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-02-23 07:46 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(5)
f0106597_07265581.jpg
今朝も仕事でフィレンツェへ。
写真は朝のサンタンブロージョ市場。平日も買い物客で賑わっていますが、土曜日は特に人が多く活気があります。
f0106597_07324434.jpg
まだ、あと少しオレンジの季節。夏はトマトがおいしいけれど、冬はオレンジが美味しいのです。
殆どがシチリア産かカラブリア産。ナベッリーネやタロッコなど種類により、ちょっとずつ味や食感が違うので、食べ比べるのも面白いでしょう。1キロあたり1ユーロ〜1、3ユーロ位です(日本円にすると130円から170円くらいかな?)
f0106597_07344182.jpg
アポイントの前にまだちょっと時間があったので、市場の近くのカフェ、エノテカ・デイ・マッチで、新聞を読みながらカプチーノ。バールに行く目的の1つはその日の新聞を読む事かも。買わなくてもバールに行けば読めちゃう(爆)。土曜版なんて雑誌付きで2ユーロもするから、バールで1、2ユーロのカプチーノを飲みながら、新聞が読めたら凄くお得だと思う・・・と言いながら、結局気になる記事があって、帰りに買いました。
f0106597_07371556.jpg
土曜日の朝のバールは、市場の賑やかさに影響されてか、良い意味で静かな活気がありました。
コーヒーを立ち飲みしに来る人が出たり入ったりして、テーブル席には犬を連れたマダムや買い物袋を下げたご夫婦が、おしゃべりに夢中。
f0106597_07391137.jpg
この後、仕事を終えて、もう一本の仕事の合間に、やっぱり市場の真横にあるパニーノ屋さんセメルでパニーノ。
ここは他のパニーノ屋さんでは余り見かけない、変わり種の、でもとっても美味しい具を挟んでくれるのです。ちなみに今日私が食べたのは、葉の花を下湯でしてちょっと炒めたもに一口サイズの鶏肉のバター焼きとリコッタチーズのオーブン焼きをほぐした物が挟まっています。菜の花のほろ苦さをリコッタチーズが丁度良く調節してくれて、素晴らしい組み合わせでした。
いつもぱりっとしたシャツにネクタイをした素敵なおじさんがエプロンをして、丁寧に作ってくれます。お皿も可愛くて、お水を頼んでもちゃんとガラスのグラスを付けてくれる所が好き。

今度行ったときはどの具にしようかな?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-02-14 07:46 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(3)
f0106597_23395715.jpg

土曜日は、深夜のアパートのチェックインがありました。珍しくアントネッロもついて来てくれるという事で、久しぶりにフィレンツェ中央市場の2階で軽く食事。
私は魚のパンツァネッラ。酢漬けのお魚とキュウリ、トマト、玉ねぎ、固くなったパンを少し水で戻したものが混ぜ合わさっているパンサラダ。ビネガー風味でさっぱりしてて美味しかった!アントネッロはいつもの魚のフライにしました。

シュワシュワッとプロセッコで乾杯。
f0106597_23483968.jpg
その後、ちょっと覗いて気になっていたトリュフ専門店のカウンターに移動して、前菜の盛り合わせをつまむ。
ものすごいトリュフの香りに包まれて、アントネッロ曰く「この匂いだけでパンが食べられる」(笑)。幸せなカウンターでした。
f0106597_23502984.jpg
まだ時間があったので、ジェラートを買ってくれるアントネッロ。わーい!
f0106597_23505862.jpg
ジャンドゥイアとクリーム味。盛り方といい、手焼きコーンといい、やっぱりここは一番美味しいです。お隣に、マーニュムというジェラートメーカーの大きなフラッグショップが出来たけど、全然人が入っていなくて、一方、小さなエドアルドの店先は激混み。
f0106597_23584566.jpg
夜のドゥオーモって迫力があるね。

f0106597_00010138.jpg

この後、フィレンツェのアパート、バルディ・ドゥーエというアパートにチェックインに行きました。
リバービューが素晴らしいアパートで、ここからから見下ろすヴァザーリの回廊は圧巻です。

ついて来てくれたアントネッロに感謝!

その他の滞在型アパートメントはこちらでご紹介しています。ラ・カーサ・ミーアが紹介するフィレンツェの滞在型アパート
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2015-08-25 00:03 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(4)

フィレンツェ散歩

f0106597_6121437.jpg

今日の朝、我が家はどっかりと雪が積もっていました。
f0106597_6121639.jpg

でもフィレンツェはお天気。そんな事もあります。
f0106597_6121897.jpg

2月のフィレンツェは本当に空いていて、ウフィツィ美術館も全く行列なしです。ゆっくりとイタリアで美術館を楽しまれたい方には、1月半ばから2月半ばまでがお勧めです。その後は少しずつヨーロッパ中からの修学旅行生が増えていきます。
f0106597_6121997.jpg

フィレンツェの大聖堂。
f0106597_6122415.jpg

クーポラもジョットーの鐘楼もガラガラです。
f0106597_6122610.jpg

でもフィレンツェ中央市場のバローニは冬休みでした(残念!)。かわりにペリーニで味見三昧。
f0106597_6123249.jpg

新市場のイノシシの鼻はツルツル。フィレンツェの縁起モノです(笑)

明日からはいつものノンビリブログに戻ります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2015-02-08 06:01 | フィレンツェという町 | Comments(2)

フィレンツェ夜散歩

f0106597_13340711.jpg
先日は、アパートの夜のチェックインがあり、ウフィッツィというアパートに行っていました。窓からドーンと見えているのはヴェッキオ橋とヴァザーリの回廊。その名の通り、河向かいにはウフィッツィ美術館が見える、とても眺めの良いリビングのあるアパートです。
夜だったので、珍しくアントネッロも山から下りて来て、途中で合流して、食事をして帰ることに。「何処にいるのー?」と携帯に電話したら、凄い太鼓の音で全然聞こえない。何とかレプッブリカ広場にいたアントネッロに会えたら・・・

f0106597_13353163.jpg
こんなパレードに遭遇しました。

f0106597_13411461.jpg
マダム達も貫禄があります。
f0106597_13421253.jpg
太鼓の人たち。
どうやら画家ミケランジェロに関するお祭りだった様です。



f0106597_13550567.jpg


仕事が終わったのが10時近くて、アテにしていた中華の重慶が既にオーダーストップだったので(涙)、また中央市場の2階に行っちゃいました。ここは0時までやっているので便利。

f0106597_13563679.jpg
余りに「肉団子〜」と家で言っていたので、アントネッロが山盛りとって来てくれました。はあー美味しかった。

f0106597_13580008.jpg


更に、この日のヒットは、モッツアレラの薫製、mozzarella affumicata。普通のモッツアレラチーズを煙でやや薫製にしてあるんですが、最高に美味しい!入って右奥のナポリ直送のモッツアレラ屋さんで売ってます。フィレンツェでは余り売られていなくて、ナポリに行かないとないらしい。
f0106597_14030211.jpg


喋っているアントネッロ。
仕草がイタリア人っぽい(ってイタリア人だけど)

f0106597_14022301.jpg
外に出たら、サンロレンツォ教会が凄い事になっていました(笑)。

f0106597_14044339.jpg
ドーン

f0106597_14053553.jpg
ドーン
プロジェクターで映像を教会のファサードに投影しています。
f0106597_14074680.jpg
どうやら町をあげての「ミケランジェロ祭り」だったようで。誕生日でもないんだけれど、何だったんでしょう。
まあ、こういうイベントで街を盛り上げる事は良い事です。

結局、別々に来たから、市内の駐車場から山の我が家までは、それぞれがそれぞれの車で帰りました(笑)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2014-07-22 14:06 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(7)
f0106597_23394764.jpg
今春リニューアルオープンした中央市場の2階に、先日やっと行く事が出来ました♩
実は以前にもお昼を食べてみようと行ったのですが、余りのイケイケ感に押されて(笑)、結局は、市場の向かいにあるいつものフォカッチャ屋さんボンディでシミジミと美味しいフォカッチャを食べたりしていたのです。
f0106597_23402703.jpg
先日やっと、お友達のヨッちゃんと日本から来ていた彼女のお兄さんと一緒に、ココでアペリティーボをする事にしました。
ちなみにヨッちゃんのお兄さんはブラジルのワールドカップをブラジルで観て、帰りにイタリアに寄ったというスーパートラベラー!

正面入り口からエスカレーターに乗って上に行きます(中央駅以外でエスカレーターを見た覚えがないっ!)。この時点で既にビビる。

f0106597_23565541.jpg
ドーンと天井の広い空間につり下げられた籠がアクセントです。
この鉄筋の広いスペースをどの様に利用したのか興味津々でしたが、上手に昔ながらの建築様式の美しさを活かしていると思います。

f0106597_23543102.jpg
中はこんな感じ。両脇にそれぞれのお店で食べ物が売られていて、そこで買ったものを真ん中のテーブルで食べます。
でもフードコートにつきものの安っぽい感じが余りないのは、レトルトではなく、食べ物をその場でちゃんと作っていて、ワインやビールなどがグラスでサーブされるからかも。飲み物は、自分でカウンターに取りに行っても良いし、巡回しているスタッフに頼んでも良いのです

f0106597_00002802.jpg
肉屋さんは肉料理のみを作っています。
日本でも肉屋のメンチカツが美味しいのと同じ様に、それぞれの素材を良く知っているお店は、やっぱり上手に調理するんだなあという感じ。ローストビーフも美味しそうでした。
f0106597_00212149.jpg
スレンダーな美女のお客さんが多かった果物屋さん。野菜ジュースとかフルーツの盛り合わせとかを出しています。私は肉団子屋の店先で盛り上がっていましたが(笑)
f0106597_00062825.jpg
こちらはチーズ屋さん。イタリアの各地のチーズを盛り合わせにしてもらいました。美味しかったー

f0106597_00084594.jpg
同じくチーズ屋さんのクロストーネ。パンにストラッキーノチーズが塗ってあり、その上にルッコラとブレザオラ(牛肉で作ったハム)の細切りがのせてありました。これも本当に美味しかった。



f0106597_00072929.jpg
こちらは魚屋さんの魚のフリット。揚げたて!ビールに合います。
f0106597_00105905.jpg
ワールドカップの中継があり、この日はアメリカVSドイツ。隣の席の陽気なアメリカ人のおじさんと一緒にワイワイ観戦しました。皆で見るとサッカーって楽しいねえ。
f0106597_00131282.jpg
石窯の前とか、畑の中じゃなくて、フィレンツェで見ると何とも不思議なアントネッロ。
この後、用事があったヨッちゃん達とは別れ、私たちは引き続きココで食べて飲む事に決めました。
f0106597_00145832.jpg
ヨッちゃんに教えてもらったビール、モレッティのGran Cruラベル。なかなか売っていないらしい。まろやかな口当たりで美味しいビールでした。

f0106597_00190217.jpg
フライと茄子は普通に美味しかったんだけど、味見にちょっとだけ頼んでみた奥の肉団子が美味しかったー!!肉団子屋さんで売られていたキアニーナ牛の肉団子のトマトソース煮込みです。中がレアで絶妙な揚げ具合。今度はコレだけ10個ぐらい食べたい。
f0106597_00250980.jpg
私たちが帰る頃には、かなりの混雑でした。朝10時から夜の0時まで継続して開いていて、夏休みもなく、年中無休なのだそうです。夜は8時頃から混み出すので、早めの晩ご飯に行くと良いでしょう。
f0106597_00243652.jpg

美味しくって楽しかったメルカート。
夏に母が来たら、皆でまた行きたいと思います。
フィレンツェ中央市場2F
http://www.mercatocentrale.it (サイトも良く出来ていて可愛いです)
朝10時から深夜0時まで 無休

以下の、フィレンツェ情報サイト、ラ・カーサ・ミーアで中央市場の2階情報をまとめました。
フィレンツェ中央市場のフードコートを活用しよう


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2014-06-30 00:32 | フィレンツェお薦め処 | Comments(7)
f0106597_3574276.jpg



今日は珍しく三人でフィレンツェに行ってきました。
(余談ですが、ユキが持っているポシェットは我が家のピーターではありません。ご安心下さい・笑)


f0106597_3544515.jpg



行き先は、サンティッシマアヌンツィアータ広場で開催されていた Sbarchi in Piazza (広場に上陸!)というオーガニック市。このイベントは年に1度行われていて、南イタリアのオーガニックの食材が集まる楽しい市場です。いつもは毎月第三日曜日に開催されるフィエルーコラ主催の市なので、トスカーナのなじみの有機農家さんも屋台を開いていました。


f0106597_2534564.jpg



フィエルーコラという団体の面白い所は、ただ単に市場を主催するだけでなく、その市場に参加する農家が有機かどうかというのを独自の規定に基づいて判断していること。
逆に言うと、フィエルーコラに参加している農家さん自身が団体に属していて、「有機とは」という共通の基準を定めているのです。こうすることによって、国や県がお仕着せで定める有機ラベルではない、小さな生産者と消費者が「有機とはこういうものであるべきだ」ということを決めることが出来るのです。


f0106597_337192.jpg



市場に来ている人たちも、独特の雰囲気(の用な気がする)。
有機農法の本を集めた本屋さんの屋台には、熱心に本を選ぶ人が集まっていました。


f0106597_346036.jpg



オーガニックの種も売られています。


f0106597_3473282.jpg



美味しそうなものも沢山♩
実は、私たちは、予めオーダーしていたアルタムーラのセモリナ粉20キロを受け取りに来たのでした。南イタリアの農家さんたちの問題は、マフィア問題。残念ながら、南から農産物を北に運ばせたり、収穫をする時の人材集めにマフィアが大きく絡んでいます。マフィアにお金を払わなかったらトラックの運転手や人手が集まらなかったり、様々な嫌がらせを受けたり。最近は特に有機農家を中心にマフィア撲滅の運動が広まっていて、今回の市場でもそれらのスローガンやパンフレットを沢山見かけました。


f0106597_2513251.jpg



楽しかったオーガニック市話、後ちょっと続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-11-04 04:00 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_2485329.jpg



先日、久しぶりに、フィレンツェ中央市場にある食材屋さんバロー二に寄りました。
相変わらず、ずらりと並ぶ美味しそうな食材にテンションが高まりますっ!


f0106597_249923.jpg



生ハムやサラミ等は上手に薄く切ってくれます。


f0106597_2504566.jpg



イタリア各地からセレクトされた美味しいチーズが並んでいます。ワインも売っているので、チーズ選んで、それに合うワインを選んでもらっても良いかも。

チーズ用語は色々あります。

pecorino(ペコリーノ)=羊のミルクで作ったチーズ caprino(カプリーノ)=ヤギのミルクで作ったチーズ
vaccino(ヴァッチーノ)=牛のミルクで作ったチーズ

fresco(フレスコ)=フレッシュな stagionato(スタジョナート)=熟成させた 
affumicato(アッフミカート)=スモークした

お店の人とあーでもない、こーでもないと色々相談しながらチーズやハムを選ぶのも、フィレンツェ滞在の楽しみの1つ。


f0106597_2501842.jpg



食材とは関係ないのですが、このお店では、スカルペリーア村のナイフも売っています。そして、可愛いなと思ったのがコレ、スカルペリーアのナイフの柄に使われる牛骨で出来たキーホルダー。
普段、ジャラジャラと色んなアパートの鍵を持ち歩いている私には余り必要は無いけれど、家の鍵と車の鍵だけの人には良いかも。


f0106597_2521029.jpg



この日買って来たチーズは左から、熟成したハードタイプのペコリーノチーズ、甘塩タイプのパルメザンチーズ、マルツォリーノというフレッシュなペコリーのチーズ。
トスカーナに住み始めてからペコリーノチーズの美味しさ、そしてそれぞれの違いを楽しむことを覚えました。

どれも最高に美味しかった!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-10-18 04:08 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(3)

フィレンツェ中央市場

f0106597_282027.jpg



晴天続きが幸いして、やっとしぶとかった洗濯物の山が消えつつあります(笑)。
洗濯の合間に、今日はアントネッロからお遣いを頼まれ、フィレンツェの中央市場、mercato centrale(メルカート・チェントラーレ)に行きました。


f0106597_211619.jpg



この建物は、建築家ジュゼッペ・メンゴー二(ミラノのガッレリーアを設計した人です)の設計により、1874年に完成します。
1865年から1870年、フィレンツェがイタリア王国の首都であった時期に立ち上がった建築プロジェクトの1つです。この時期に建てられた建物で、今に残っているものって結構あるんですよね。


f0106597_2114638.jpg



1890年に完成するパリのエッフェル塔のように、この時代、鉄とガラスを使った建物がさかんに建てられるようになります。


f0106597_2124510.jpg



現在、2階部分は改装中。
でも100年以上前から外観は全く変えない所が、フィレンツェらしいですね。


f0106597_2134729.jpg



買い物の後、お昼時だったので、私の和みの店(笑)「BONDI」で美味しいフォカッチャを食べました。
私の前の人が頼んでいて美味しそうだったので、la frittata di calciofi (ラ・フリッタータ・ディ・カルチョーフィ=アーティチョークのオムレツ)とモッツアレラチーズを挟んだフォカッチャにしてみました。
オムレツにはほうれん草も入っていて、美味しかった~!!!
冬から春にかけてアーティチョークがあるときにだけ登場する限定メニューのようです。ホント、お勧めです。


f0106597_2144872.jpg



明日の夜、友達たちを呼んでプーリア料理をやるのです。
市場で買ってきたのは、cime di rape (チーメ・ディ・ラーぺ=菜の花)と・・・


f0106597_2165037.jpg



水牛のモッツアレラチーズ&ブッラータと呼ばれるプーリアのチーズ。
明日が楽しみ~。

良い週末をお過ごし下さい♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-02-25 03:31 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(7)
f0106597_23341159.jpg一昨日は、ちょっと用事があり、フィレンツェ中央市場内の食料品店バロー二に行って来ました。
ここに行くと必ずオーナーのパオラに「マンマはいつ来るの?」と聞かれます。私の日本の母は、ブランド物には全く興味がないのですが、バロー二とサンタ・マリアノヴェッラ薬局は毎回、フィレンツェに来る度に寄ります(笑)。


f0106597_23351216.jpg



イタリア中から集めた選りすぐりの食料品が、誇らしげに並んでいます。


f0106597_23364746.jpg



フィレンツェ中央市場には他にも沢山の食料品店がありますが、チーズのセレクションはここが一番だと、私は思います。勿論、トスカーナのチーズも沢山揃っています。


f0106597_23383043.jpg
大きなチーズは小さく好きな大きさに切ってくれるし、←のようなヤギのチーズなど小さいチーズは1個売りです。


f0106597_23394178.jpg
f0106597_23473134.jpg


そして、チーズの上にタラリとたらして食べると美味しい各種トッピングも揃っています。
左は、北イタリア、トレンティーノ産の蜂蜜。右のトスカーナ産ペコリーノチーズに合わせるのであれば、tarassaco(タラッサコ)と呼ばれるタンポポの蜂蜜がお勧めだそうです。タンポポ蜂蜜はそれ自体もちょっとチーズに似た味がするので、デリケートなペコリーノチーズの味を邪魔しないんだそうです。

一方、上段の茶色いのはcastagno(カスターニョ=栗)の蜂蜜です。結構、独特の強い味がするので、強いゴルゴンゾーラチーズに少しかけて、コントラストを楽しむのも良いそうです。へえ~ゴルゴンゾーラに蜂蜜とは初めて聞きましたが結構美味しいかも。


f0106597_23411022.jpg
f0106597_23415752.jpg


薄切りのパルメザンチーズには、トリュフフレーバーの蜂蜜や、バルサミコ酢が合うそうです。左は老舗マルピーギ社のゴールドラベル(箱入り)です。い、いくらだったかなあ・・・(汗)


f0106597_23423823.jpg
fichi(フィーキ=いちぢく)や、cipolla(チポッラ=玉ねぎ)のコンフェットゥーラもあります。これらもチーズのトッピング。
チーズとトッピングの相性も色々と奥が深いですね・・・。

Alimentari Baroni
フィレンツェ中央市場に入って左側の奥、お野菜などが並んでいるcontiという食料品店の向かい側です。
月曜ー土曜 朝7時半~午後2時まで

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-03-05 00:13 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(30)