フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

タグ:フィレンツェのお薦めレストラン ( 66 ) タグの人気記事

f0106597_18412667.jpg
最近のフィレンツェはお天気続き。随分と暑いです。
こう暑いと、仕事の合間に何を食べるかも考えてしまう・・・。パニーニも飽きたし、パスタは重いし。この暑い時期にパスタを食べると、午後、フィレンツェの街を歩き回るのにちょっとキツい。と色々考えていて、思いついたのが「ダ・ロッコ」のパンツァネッラ!(気軽に入るフィレンツェの食堂でご紹介しています)

f0106597_18462120.jpg
パンツァネッラとは、フィレンツェの夏の名物料理。
カチカチになったトスカーナパンを水でふやかしてしぼり、キュウリ、トマト、赤玉ねぎ、バジルと合わせて、ビネガーとオリーブオイルと塩で味付けをしたものです。
パッパ・アル・ポモドーロというトマト味のパン粥と共に、フィレンツェ人の夏のソウルフードだと思う。
簡単そうに見えて、意外と具の配分とか味付けが難しいと思う。そしてパンはトスカーナパンじゃないとダメなんです。他のパンだとベチャッとした感じになるのですが、トスカーナパンは水に浸すとスポンジの様になって、絞るとわりとパサットします。

この日も、ワシワシとパンツァネッラを食べている体の大きな職人さんが何人も居ました。
ここのお店は、相席当たり前。4人掛けの席に両側からカニ歩きで入ります(笑)。私が座った席は3人ともお一人様。向いのマダムはプラートでテキスタイルの仕事をされている方、お隣のおじさんは水道工事屋さん、斜め向かいはパリからいらしたツーリスト。英語、イタリア語、フランス語が交差した楽しいランチになりました。

Trattoria Da Rocco
Piazza Ghiberti, 50122 Firenze
11-15 ランチのみ 日曜定休 

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-30 19:17 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_01180091.jpg

昨日のフィレンツェは暑かった!
余りに暑くて、アポイントの間に駆け込んだバールで、冷たいコーヒー頂戴っ!と言ったら、大きめのカップにエスプレッソを淹れて、そこにジョボンと氷を投入(笑)。でもこれを飲んで生き返りました。
これからの時期にフィレンツェにいらっしゃる方は、マメに水分補給を行って無理のないペースで観光をして下さい。

やれやれと仕事を終えて、帰りのバスに乗ったら、途中でアントネッロから電話があり、フィレンツェに飲みに行こうというお誘いがありました。・・・という訳で一旦帰宅した後、彼と一緒に再びフィレンツェへ。
f0106597_01204395.jpg
二人ともそれ程お腹は空いていなかったので、軽くアペリティーボでも・・・ということで、ちょっと前から行ってみたかった、ドゥオーモのすぐそば、Via delle Oche にあるエノテカ、コクイナリウスに行きました。しっかりお食事も出来るし、アペリティーボも出来る便利なお店です。
私たちは、キンキンに冷えたスプマンテをシュワシュワッと頂きました。
f0106597_01232492.jpg
二人からオーダー出来る前菜の盛り合わせ。
これが結構侮れないっ!それぞれ1品ずつ、どれも味も良くて気の利いた味の組み合わせでした。薄切りのラードをのせたジャガイモのフラン、カプリーノチーズをのせたズッキーニのオーブン焼き、鴨のパテのイチゴジャム添え、カプリーノチーズとルッコラのブレザオラ包み等。

これに追加で、クロストーネ(具をのせたパン)も注文しました。

ワインが好きな方には本当にお勧めのお店です。味も良し、雰囲気も良し。サービスも良しです。
夜は18時30分から開いているので、早めに食事をしたい人にも便利です。

Coquinarius
Via delle Oche 11R, Firenze
12:30-15 18:30-22:30
ワイン好きのフィレンツェの楽しみ方に地図付きで追加しました。
f0106597_01282539.jpg

帰り道は、Ara' でカンノーロを食べたい私と、Edoardoでジェラートを食べたいアントネッロで揉めましたが、結局、ジェラート。
並んでないじゃない♩と喜んで行ったら、実は最近、番号制になったそうで、先にお金を払って番号をもらい、自分の番号が電光掲示板に出たらジェラートを選びに行くというシステムになったんだそうです。確かに、じーっと並んでいるよりは楽かもね。
相変わらず、ジェラートもコーンも美味しかったです。私はコーヒーとザバイオーネ、アントネッロはチョコレートとミント。アントネッロはいつも2つのフレーバーのうち1つはチョコレートにするのです。そして、チョコレートを下に入れてもらうと機嫌が良い。コーンを食べる時にチョコレートのジェラートが下に詰まっている方が美味しいからなんだそうです。ふーん。

EDOARDO
Piazza del Duomo 45R Firenze

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-08 01:41 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)
2週間程前、仕事でずっと病院通いだった期間、家族が寝ている間に起きて、1人で早朝に車で出掛ける時は、美味しい朝ご飯を食べてから仕事に行くことにしていました。そう思うと、前の日から楽しみになるから。
今回の仕事で、急に2日間、ヘルプをお願いし、快く受けて下さった通訳さんから、美味しいバール情報を入手!通っていた病院の近くにも1軒、美味しいバールがあり、そこはフィレンツェの中心部からもお菓子を買いに行く人が居る程、有名なお店なのですが、その話をその方としていたら、「地元の人は、そっちじゃなくて別のお店に行くんですよ」と。それを聞いたらぜひとも行かなくちゃ、ということで、早速、美味しい朝ご飯を食べに、教えて頂いたお店に行きました。


f0106597_20070350.jpg
ショーケースにずらりと並んだペストリー。
ヤッター。
基本的に甘いものがメインで並んでいます。塩味のパニーニなどはお昼前から。
f0106597_20082535.jpg
朝7時30分頃だったんですが、既にこんな素敵なお菓子も。
朝から食べるんですよね。ババというナポリのお菓子に、生クリームとフルーツのせ。
f0106597_20101217.jpg
この日の朝ご飯は、クリーム入りのブリオッシュ&カプチーノ。イタリアの典型的なバールの朝ご飯です。
ブリオッシュには、外皮がパリパリのタイプ(口の中に刺さっていたいくらい・笑)としっとりタイプがあって、お店によって結構特徴があります。ここは断然しっとりタイプ。しかも、お姉さんが手渡しでナフキンでつまんだブリオッシュを渡してくれるのですが、ここのはずしっと重いんです。見た目以上に中にぎっしりと美味しいクリームが詰まっています。
f0106597_20132749.jpg
周りはこんな感じの普通の住宅地。
犬の散歩の途中のサンダル履きのおばさんや、新聞を読みに来たおじさん、ジョギングの後でそんなの食べたら痩せないでしょ!と言いたくなる若者などで、朝から賑わっています。この力の抜け具合がまた心地よいお店。

まだまだフィレンツェにも知らない美味しいバール、あるんだなあ。教えて下さったAさんに感謝♩

Caffe' Imperiale
Via Ludovico Cigoli, 33, 50124 Firenze
6:30-20:30
無休
フィレンツェの中心部からだと6番のバスで行くことが出来ます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-06-28 20:25 | フィレンツェの美味しいお菓子 | Comments(1)
f0106597_06053117.jpg

あんなに暑くてお天気だった日曜日と打って変わって、月曜日はものすごい大雨だったフィレンツェ。
ゲリラ豪雨に遭遇してしまい、傘をさしていたのに背中と足元はビッショリ濡れました。ヒー。
お客様の到着便も悪天候でボローニャに行ったり戻って来たり。でも何とか無事にご到着されて良かった♩
そんな荒れ模様で始まった今週は、何だか気温が上がりきらなくて、涼しい感じです。
さ、寒いよ。
f0106597_06082897.jpg
今朝は、ユキの英語の検定試験(一番下の初級です)のスピーキングテストだったので、チェントロに連れて行きました。
待っている間に、日本人のお友達M&Mちゃん二人とフィレンツェでは珍しい(笑)お洒落カフェ、Menagereで朝ご飯。
f0106597_06113319.jpg
楽しかったなあ。この年代になると、やっぱり話題は子供の話だね。

ここはそうでもないけれど、バールによっては、ブリオッシュが山積みになっています。
やっぱりイタリアの朝ご飯はカプチーノとブリオッシュ♩

Menagerie
Via de'Ginori, 8, 50123 Firenze
ちょっとお茶をしたり朝ご飯を食べるのに便利で内装がお洒落なお店です。
ランチやディナーも食べられます。サンロレンツォ教会のすぐそば。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-05-25 06:15 | フィレンツェで畑 | Comments(2)

雨のフィレンツェ

f0106597_19140143.jpg

今朝のフィレンツェは久しぶりに本格的な雨。
数日、この雨が続く様です。
f0106597_19153589.jpg

カラカラに乾いていた畑も庭も、ちょっとホッと一息。
毎日水遣りをしているけれど、雨が種や苗に与える水分は、ホースでの水遣りとは比べ物になりません。ちょっとずつ地表から地中奥深くへと浸み込んで行く水滴は、苗の地中での成長に欠かせないもの。
洗濯物は干せなくて困るけれど、植物や森の生き物達にとっては恵みの雨です。
f0106597_19190339.jpg
今週は、以前大変お世話になった方がフィレンツェに来て下さり、フィレンツェの友人と一緒にランチに行きました。
久しぶりに行ったのは、サンロレンツォ教会前のトラットリーア、ゴッツィ。フィレンツェの食堂の雰囲気を残し、やはり外さない味です。
勿論、大好きなブラチョーレ・リファッテ。子牛のカツレツをトマトソースで煮込んだもの。食感は日本のカツ丼に似てる♩
f0106597_19234075.jpg
そして、春にしか食べられないフレッシュなグリンピースの付け合わせ。
イタリアはグリンピースが甘くてとっても美味しいのです。パンチェッタの塩気とグリンピースの甘みが丁度良く合います。

ハウスワインの赤も美味しかったなあ。
楽しいランチタイムでした。Tさん、またフィレンツェでお待ちしています♩Yちゃん、時間が取れたら家族でゆっくり会おうね〜。

Piazza di San Lorenzo, 8R, 50123 Firenze 12:00-15:00 日曜定休

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-04-23 19:27 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)

f0106597_07024483.jpg
今日は、朝は土砂降り、昼から晴れたと思ったら、夕方からグングンと気温が下がって寒くなりました。近くの村から見た周りの山々はてっぺんが白くなっていて、どうやら高い所では雪が降った様です。まだまだ真冬ですね。
先日、仕事でフィレンツェに行ったついでに、前からとっても気になっていたお店に行きました。
f0106597_07044559.jpg
アカデミア美術館の近くにあるArà è Sicilia。カンノーリやカッサータなどのシチリア菓子やシチリア風の具入りフォカッチャ、等を食べる事が出来ます。席数はとっても少ないので、混んでいるときは立ち飲み、立ち食べ。平日のお昼は、昼休みの
フィレンツェ人で結構混むので、時間をずらして早めの12時頃に行かれると良いでしょう。
多くの場合、イタリアの昼休みって、13時からなんです。私が一緒に仕事をしている管理会社も、13時から14時30分まで昼休み。1社はフレキシブルで誰かが電話に出るけれど、1社はこの時間帯、誰も電話に出ない・・・(コラー!!!)

f0106597_07090126.jpg
さて、この日のお昼に食べたのは、ジャーン、アランチーノ。シチリアのライスコロッケです。
外の衣はサクッサクで、お米の炊き具合が絶妙なんです。ラグーソース、ナスのトマト煮込み(ノルマ)、イカスミ、ピスタチオなど中身に色々バリエーションがあります。
これで1個確か3ユーロだったかな?素晴らしく美味しいんです。
f0106597_07291966.jpg
そして、デザートは勿論、カンノーロ。
サクサクに揚げた衣に、注文すると、リコッタチーズをその場で詰めてくれます。大きすぎず、でも小さすぎず。アランチーノとカンノーロ&コーヒーでパーフェクトなランチでした。
まだ食べた事がないけれど、ジェラートもおいしそうでしたよ。スーツ&ネクタイ姿のサラリーマンが冬なのにモリモリジェラートを食べていました。ただしココはコーンなし、カップのみです。

Arà è Sicilia
Via degli Alfani, 127R, 50122 Firenze
10:00-24:00 無休

ドゥオーモからアカデミア美術館に向かってリカーソリ通りを歩き、2つ目の角を右に曲がった先の右側です。小さなお店なのでお見逃し無く。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-03-04 07:36 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)
f0106597_00244670.jpg
昨日は、チェックインが2件と長期の方のチェックアウトが1件あったので、午前中から仕事でフィレンツェに行っていました。
激しい雨が急に降って来たので、前から気になっていたVia Maggio の角にある新しいお店、PIZZINOへ入りました。
f0106597_00281127.jpg
ちゃんと落ち着いて座って食べられて、しかも飽きない丁度良い大きさ(笑)の熱々のフォカッチャが食べられます。ここは、小さめのピザも出してくれます。私は、アンチョビとモッツアレラチーズのフォカッチャにしました。塩気が丁度良くて美味しい♩モッツアレラチーズとアンチョビの組みあわせ、大好きです。
f0106597_00303891.jpg
デザートは、たまにフィレンツェのレストランで見かけるDAI DAIのセミフレッド。このメーカーはトスカーナの海側の工場で業務用のお菓子を作っていて(販売している店舗はない様です)、フィレンツェのレストラン等に卸しています。
松の実のマットネッラというセミフレッドなのですが、松の実の香りがしっかりします。ピッツィーノは、ランチを軽く食べたい時に便利なお店。
f0106597_00334908.jpg
外に出たら雨が止んでいました。
f0106597_00344866.jpg
サントスピリト広場では陽が射していました。

f0106597_00342127.jpg

濡れた石畳も雰囲気がありますね。
1時間半程、時間があったので、季節外れのバラ園へ行く事にしました。
続きはまた後ほど・・・・

PIZZINO
Via Maggio 2R, Firenze
無休 7:30-23:30
グーグルマップだと住所で正しい場所が表示されないので、以下のページに正しい地図を載せました。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2016-02-25 00:38 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_07265581.jpg
今朝も仕事でフィレンツェへ。
写真は朝のサンタンブロージョ市場。平日も買い物客で賑わっていますが、土曜日は特に人が多く活気があります。
f0106597_07324434.jpg
まだ、あと少しオレンジの季節。夏はトマトがおいしいけれど、冬はオレンジが美味しいのです。
殆どがシチリア産かカラブリア産。ナベッリーネやタロッコなど種類により、ちょっとずつ味や食感が違うので、食べ比べるのも面白いでしょう。1キロあたり1ユーロ〜1、3ユーロ位です(日本円にすると130円から170円くらいかな?)
f0106597_07344182.jpg
アポイントの前にまだちょっと時間があったので、市場の近くのカフェ、エノテカ・デイ・マッチで、新聞を読みながらカプチーノ。バールに行く目的の1つはその日の新聞を読む事かも。買わなくてもバールに行けば読めちゃう(爆)。土曜版なんて雑誌付きで2ユーロもするから、バールで1、2ユーロのカプチーノを飲みながら、新聞が読めたら凄くお得だと思う・・・と言いながら、結局気になる記事があって、帰りに買いました。
f0106597_07371556.jpg
土曜日の朝のバールは、市場の賑やかさに影響されてか、良い意味で静かな活気がありました。
コーヒーを立ち飲みしに来る人が出たり入ったりして、テーブル席には犬を連れたマダムや買い物袋を下げたご夫婦が、おしゃべりに夢中。
f0106597_07391137.jpg
この後、仕事を終えて、もう一本の仕事の合間に、やっぱり市場の真横にあるパニーノ屋さんセメルでパニーノ。
ここは他のパニーノ屋さんでは余り見かけない、変わり種の、でもとっても美味しい具を挟んでくれるのです。ちなみに今日私が食べたのは、葉の花を下湯でしてちょっと炒めたもに一口サイズの鶏肉のバター焼きとリコッタチーズのオーブン焼きをほぐした物が挟まっています。菜の花のほろ苦さをリコッタチーズが丁度良く調節してくれて、素晴らしい組み合わせでした。
いつもぱりっとしたシャツにネクタイをした素敵なおじさんがエプロンをして、丁寧に作ってくれます。お皿も可愛くて、お水を頼んでもちゃんとガラスのグラスを付けてくれる所が好き。

今度行ったときはどの具にしようかな?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-02-14 07:46 | フィレンツェお薦め市場 | Comments(3)
f0106597_01495774.jpg
先日は久しぶりに日本人のお友達と会いました。
いつも皆、普段、家ではイタリア料理ばっかりなので、会う時は、「なんちゃって和食」(お寿司屋さんなのに日本語が通じない)が多いのですが、最近、フィレンツェで美味しい所がないっ!「SUSHI」と言う看板はポコポコ見かけるのですが、全然美味しくないんです。シャリが。是非、日本の板前さんにフィレンツェで美味しいちゃんとしたお寿司屋さんを開いて頂きたいものです(涙)。
で、何処に行こうか?と迷っていて、Mちゃんから、『最近、フィレンツェ中央駅の横に出来たタパスに行ってみない?」と提案がありました。
f0106597_01551239.jpg
白ワインもなかなか美味しい♩
f0106597_01564640.jpg
日本の居酒屋の様に、おかずっぽいものを小皿で注文出来るのも嬉しいです。
f0106597_01574039.jpg
12時過ぎからタパスが並び始めます。
パンもちゃんと美味しくて、柔らかめの全粒粉パン。ディップはリコッタチーズだったり、マッシュポテトだったり。
f0106597_01591041.jpg
目で見て楽しく、食べても美味しい♩
f0106597_02080260.jpg

このお姉さんがとっても気が利いていてフィレンツェでは珍しくキビキビ笑顔で働いているのです。
f0106597_01595970.jpg
席数が少なくて、4人がけなので、4名以上の人にはお勧めではないけれど、内装はフィレンツェでは珍しくお洒落で居心地の良いお店でした。お昼12時から夜まで継続で開いているから、早めにご飯を食べたい時にも便利です。
タパスはカウンターで選ぶとお皿に入れて持ってきてくれます。

朝ご飯用のデニッシュやブリオッシュもあって、ここで朝ご飯も食べられます(タパスは12時から)。
f0106597_02025362.jpg
また通いたいお店が増えました。
中央駅の真横で、16番線の真ん中当たりから直接お店に入る事も出来ます。

REALE FIRENZE
朝7時から夜中の2時まで継続で営業しているんだそうです(驚)
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-02-05 02:06 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_19061568.jpg

いつもブログで楽しく拝見していて、でも実際にお会いした事がなかったヴェネツィア在住のfumieさんが、フィレンツェにいらっしゃるという事で、丁度土曜日の午前中、私も医療通訳の仕事でフィレンツェに行っていたので、お昼をご一緒しました。
「何食べたい?」って聞いたら、「美味しいパニーノ!」ということ。前にイル・チェルナッキーノにはいらっしゃっていた様なので、今回は、老舗のランプレドットの屋台に行きました。
私がいつも食べるポッリーニ。チブレオのトラットリアの前にあります。フィレンツェの街の中には、VIA DANTE ALIGHIERIの角、VIA GIOVERTI、中央市場の中と外、カルミネ広場等、何軒かこうしたランプレドット(モツ煮)のパニーノ屋さんがあります。
色々行って食べ比べれば良いのでしょうが、やっぱりいつもの場所に行っちゃう(笑)。
f0106597_19135995.jpg
ランプレドット屋さんって、フィレンツェの人にとっては、まだまだとっても庶民的なお店です。
お昼頃になると、買い物袋を下げたおばちゃんや学生さんが、家にもって帰って食べる様にちょっとプラスチックの容器に入れてもらったりもしています。
f0106597_19155234.jpg
トマト味とそうでないのとあるけど、やっぱり基本はトマトなし、トラディツィオナーレ。
パセリとニンニクのグリーンソース、塩での味付けがベースで、それにチリソースも入れてもらうのが好きです。お兄さんが、パンをジョボッと表面だけ茹で汁につけてくれます。その加減が絶妙。上の表面はパリパリなのに中はしっとりとして具となじみ、食べ易くなる。
モツ自体は全然臭くなくて、とってもデリケートな味です。
3ユーロの幸せ♩
f0106597_19371760.jpg
その後は、落ち着けるチブレオカフェでコーヒー&デザートをしに行きました。
ここはお食事も出来て、とっても美味しいです。
f0106597_19384110.jpg
ここのクロスタータが最高に美味しいんです。先に編み目にしてからその間にジャムを置いているから、編み目の部分がサクサク。自家製であろうイチゴジャムのクロスタータでした。コーヒーも美味しいです。

Fumieさんはとーってもチャーミングな方。年齢も近くて、イタリア在住年数も近いから、とっても話が合いました。ブログで繋がっていると、初対面という感じがしないのが嬉しいです。またお会い出来たら良いな。それまでにまた、フィレンツェのお勧めのお店、開拓しておきます(っていつも行く所が決まっているのだけれど・・・)

今日は午後からユキの志望校の高校のイベントで、フィレンツェに連れて行ってきます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-01-25 19:44 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)