フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

タグ:フィレンツェのお勧めB&B ( 8 ) タグの人気記事

f0106597_05383752.jpg
昨日は、フィレンツェのB&Bカスティリオーネで、朝ご飯をお客様とご一緒して来ました。
f0106597_05401636.jpg
朝ご飯が美味しいと定評のあるB&Bです。
ここは本当にサービスが良くて、自分でトースターでパンを焼いたりすることも出来るし、温かい飲み物はちゃんとテーブルにオーダーを取りに来てくれて、オーナーのクリスティアン君のお父さんが美味しいカプチーノを淹れてくれます。
f0106597_05422441.jpg
イタリアの朝食ならではの、甘いペストリー。これがなかなか美味しいのですよ。
f0106597_05431500.jpg

ここの朝食の一番人気は、手作りヨーグルト。手作りならではの、優しい酸味のまろやかなヨーグルトです。
これにマチェドニアフルーツを添えたり、ジャムを乗せて食べると朝から元気が出ます。
f0106597_05450951.jpg
そして、お客様から「美味しいですよー」と教えてもらった、手作りシリアルパン。毎朝、ホームベーカリーで焼いているのだそうです。これにチーズとハムを挟んでトーストしても良いかも。

f0106597_05470143.jpg

朝から幸せ♩
たまに、朝ご飯をチェックしにフィレンツェのB&Bに行くのですが、かなり役得です。

この後、私たちは、今年も開催されたフィレンツェの職人展に行きました。
その模様は後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-05-21 05:50 | フィレンツェのお勧めB&B | Comments(1)

フィレンツェも春です

f0106597_15524693.jpg

昨日は朝からフィレンツェに行っていました。
アントネッロのキッチン雑貨を購入して下さったお客様へ商品を預けにB&Bカスティリオーネとカーサヌオーヴァへ。
写真はいつも落ち着いたインテリアが素敵なB&Bカスティリオーネ 
f0106597_15535619.jpg

オーナーのクリスティアンのホスピタリティも変わらず心地よいです。
実は、この後、街の反対側のカーサヌオーヴァに着いた直後、カスティリオーネに置いた商品を間違えて持って来てしまった事に気づき、往復するというはめに(トホホ)。相変わらずオッチョコチョイです。

この後、アパートリピーターで、大阪で絵譜工房という弦楽器の音質調整の工房のオーナーで職人でもあるTさんご夫妻と、フィレンツェ在住のピアニストYさんと一緒にランチでした。YさんおススメのIL GUSCIOへ!サンフレディアーノ地区の小さなトラットリアですが、本当に美味しかった!
f0106597_161386.jpg

これは、サバとドライトマトのファルファッレ。一見、フツーのパスタですが、なんの、なんの。手作り感があって、とっても美味しかったです。
f0106597_1661484.jpg

オーダーの時に、パーネ・ネーロ(黒パン)にしてね♩とお願いすると、とっても美味しいシリアルパンを持って来てくれます。香ばしい香りが最高。
f0106597_16731100.jpg

そして、ドーンとビステッカ、行っちゃいました♩
美味しかったー。4人で1枚を分けて丁度良かったです。

Tさんご夫妻とYさんとの音楽話にも花が咲き、音楽に疎い私にも、「音楽は心が大切。テクニックだけではなくて、心がきちんと出来ていないと、音がでてこない」ということがビンビン伝わってきました。
Yさんのピアノコンサート、是非お聴きしたいです。
f0106597_16132921.jpg

帰り道、カッライア橋からパチリ。
随分と日が長くなり、いよいよ本格的に春の陽気のフィレンツェです。

IL GUSCIO
Via dell'Orto, 49, Firenze

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2015-04-02 16:14 | フィレンツェという町 | Comments(3)
f0106597_19120831.jpg
先日、フィレンツェのシニョリーア広場のすぐそばにある、前から気になっていたお店にやっと行くことが出来ました。
チェルナッキーノ。気軽にランチを食べられるお店です。
f0106597_19134562.jpg
本当に小さなお店ですが、上の階にもテーブル席があります。
まずは、カウンターでオーダー。パニーノも作ってくれるし、パスタなどのプリモもありますが、ここのお店のお勧めは・・・・

f0106597_19152124.jpg
パニーノ・ア・スコデッラ。
パニーノと言ってもフォークがちゃんと付いてきます。スコデッラとはボウルやお椀のこと。

中身をくり抜いたパンに、好きな煮込み料理を入れてくれるのです。これはランプレドットというフィレンツェ名物のモツ煮。ちょっとだけペペロンチーノも利いていて美味しかったー。中身を食べ終わる頃にはパンにも煮汁がしみて、それがまた美味しい。勿論、お椀代わりのパンも全部食べちゃいます。
この日は、黒キャベツ&サルシッチャ、肉団子のトマトソース煮などもありました。

そしてここの魅力は何と言っても働き者のおばさんのお二人。とっても優しくて、いつもニコニコしています。

Il Cernacchino
Via della Condotta 38R, Firenze
日曜定休 営業時間9:30 - 19:30 継続で営業しているからどうしても早めに晩ご飯を食べたい人にもお勧め。

f0106597_19272856.jpg

この日はその後、いつもブログでご紹介しているB&Bギベルティに行きました。
ここはサイトを立ち上げた頃からずっとご紹介しているb&b。変わらないサービスと、年々お洒落になり、設備が充実しているB&Bです。

f0106597_19304699.jpg

水回りも清潔で可愛い。
f0106597_19320667.jpg

気持ちのよい共有のテラスもあります。
館内は完全禁煙なので、おタバコを吸われる方はこちらでどうぞ。
B&Bだけれど、4つ星ホテル並みの設備を誇る、快適な宿です。部屋数が少ないので、ハイシーズンにはすぐに埋まってしまいますが、ありきたりのホテルではなくて、ちょっと落ち着く宿に泊まってみたい方には是非お勧めです♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2014-03-24 19:37 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_02520498.jpg
とっても久しぶりに、フィレンツェのドゥオーモのすぐそばにある,B&B Al Duomoを訪れました。お二人がオーナーのグイドさんとジョコンダさん。グイドさんはちゃきちゃきのフィレンツェっ子です。とっても仲良しのお二人、その様子はいつも見ていて和みます。
f0106597_02590014.jpg
お二人が営むB&Bはドゥオーモとレプッブリカ広場の間、カフェ・ジッリの手前という本当に便利な場所にあります。
f0106597_03015826.jpg
ジョコンダさんがお部屋の窓を開けてくれると・・・
f0106597_03100742.jpg
ジョットーの鐘楼がドーン!
f0106597_03114628.jpg
お部屋は広めで清潔。落ち着いたトーンの色彩です。
f0106597_03134058.jpg
今日はグイドさんが秘密の場所、建物の最上階に連れて行ってくれました。素晴らしい眺め。フィレンツェ人が隠し持っているお宝です。
f0106597_03154832.jpg
実はこの建物は、フィレンツェがイタリアの首都であった1865年から1871年の間、フィレンツェで一番高い建物として建造されたのだそうです。エレベーターもクラシック。
f0106597_03195529.jpg
機能的なホテルも良いけれど、フィレンツェでは、こんな小さな宿に泊まっているのも楽しいかも。それぞれの宿にストーリーがあるのです。


人気blogランキングへ 気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2013-11-20 03:25 | フィレンツェのお薦めB&B | Comments(3)
f0106597_17134966.jpg



フィレンツェのB&Bカスティリオーネに泊まってくださったお客様から「朝ごはんが結構美味しいよ♪」という感想を頂き、それを、オーナーのクリスティアンに伝えたら、「食べにおいでよ」と招待されました。


f0106597_171429100.jpg



大きなホテルと違い、オーナーさん自身が朝食を出してくれるような小さ目のB&Bって、やっぱり落ち着きます。


f0106597_1715054.jpg



イタリアの朝ごはんは割りと簡単。甘いパンとカプチーノ位ですが、ここはちゃんとヨーグルト、コーンフレーク、ハムやチーズなども用意してくれています。
コーヒーやカプチーノなどの温かい飲み物は、お願いすると、ちゃんとバーカウンターで淹れてくれます。


f0106597_17152159.jpg



この右横のホットサンド用の機械がとっても便利。
麦芽パンにチーズやハムを挟んで、これで焼いたら、とっても美味しかったです♪


f0106597_1716217.jpg



イタリアの朝食に欠かせないブリオッシュ。


f0106597_17162310.jpg



ヨーグルトも優しい味でとても美味しかったです。


f0106597_17165310.jpg



朝の定番、カプチーノ&ブリオッシュ。


f0106597_17264521.jpg



一方、各部屋には、好きなときにお茶が淹れられる様に、ティーパックセットと電気湯沸しが置いてあります。

B&Bカスティリオーネでの朝食は朝8時から10時の間に、レセプション&ダイニングスペースでサーブされます。
もし、朝早くに朝食を食べて、すぐに活動をしたい時、またフィレンツェからの出発が早いときは、前日の夕方までにお伝えいただければ、お部屋に翌朝の朝食を用意してくれます。こんな気遣いも嬉しいB&Bです。


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2013-04-04 18:01 | フィレンツェのお勧めB&B | Comments(14)
f0106597_41041100.jpg



今日は朝から仕事でフィレンツェに行っていました。ちょっと近くを通ったので、お世話になっているB&Bカーサ・ヌオーヴァにも、挨拶がてらに寄りました。
いつもお洒落なインテリアのB&Bです。


f0106597_4235523.jpgf0106597_4253887.jpg


カーサ・ヌオーヴァはCASANOVAという名前に由来しています。オーナーさんのお婆さんはもともとヴェネツィアの出身で、CASANOVAという苗字だったそうです。ご先祖の中にはヴェネツィアの総督になった人が2人もいるという由緒ある家柄。だから、入り口に歴代の総督の肖像画が掛けてあるんですね。


f0106597_412950.jpgf0106597_4135063.jpg


朝、早めに伺ったので、まだ朝食がサーブされていました。普通のお宅に滞在しているような雰囲気のある素敵なダイニング。滞在されたお客様から「朝食が美味しかった!」というメッセージを頂くことが多々あります。カプチーノだけでなく、オレンジジュースや紅茶なども揃えてあり、ヨーグルトやフルーツ、ハムも置いてあります。イタリアの朝食にしてはかなりボリュームがあるかも。


f0106597_4152171.jpgオーナーのマッシミリアーノが嬉しそうにゲストブックを持ってきてくれました。沢山のメッセージの中には日本語で書いてあるものもあったので、訳してあげるととても喜んでいました。


f0106597_41765.jpgf0106597_4175988.jpg


更に、イラストでどんな滞在だったかを描いて下さった方も(嬉)。Tさん、有難うございました。オーナーさんがとっても喜んでいましたよ。
近くのサンタンブロージョ市場の中にある食堂、ダ・ロッコのおじいちゃんも似てます~(笑)


f0106597_4185524.jpg



私もカプチーノを頂きました。


f0106597_420122.jpgf0106597_422592.jpg


朝ごはんは食べてきたのですが、ついつい美味しそうなブリオッシュをつまんでしまいました。一口サイズですごくしっとりとしていて美味しいんです。

あっ、とっ撮られた~。はい、私です。皆さんのご想像通り、モサッとしています(笑)。フィレンツェの街中でモサッと歩いていたら声を掛けてください♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-11-26 06:00 | フィレンツェのお薦めB&B | Comments(27)
f0106597_2153620.jpg
先日、あるフィレンツェのB&Bからメールが届きました。
いつもブログをみてくださっていて、このB&Bに宿泊されたFumikoさんが、メインサイト、ラ・カーサ・ミーアをB&Bのオーナーさんに紹介してくださったんです。
メインサイトのためにB&Bやアグリツーリズモを選ぶとき、私にとっては、B&Bの設備や内装、清潔度は勿論のこと、オーナーさんの人柄がとても重要なポイントです。なかなかピンと来るアグリツーリズモやB&Bがなくて、なかなか数が増えない厳選リストなのですが、今回は、かなりのオススメ。
一人旅がお好きなFumikoさんが、このB&Bに滞在されてとても楽しくて、まるでホームステイをしているような安心感があったそうです。
Fumikoさんとは、今回はすれ違いでお会いできませんでしたが、B&Bに↑こんなに可愛い絵葉書とメッセージを残してくれました。


f0106597_2114579.jpgf0106597_21163431.jpg


メールとB&Bの写真を拝見し、ピピピッ、ココは良いかも!ときた私(笑)。早速、アポイントをとり、訪問することになりました。
場所は、私が大好きなサンタンブロージョ市場やチブレオのすぐそばです。シニョリーア広場までは活気のある商店街を冷やかしながらのんびり歩いて徒歩15分、ドゥオーモまでも徒歩10分ほどで、閑静な住宅地にあり、観光を終えてこのあたりに戻ると何だか「あ~家に戻ってきた!」と感じるようなエリアです。
エレベーター付きなのもツーリストには嬉しいですよね。


f0106597_21253159.jpg
f0106597_21244682.jpg


猫を抱いている彼女がベアトリーチェさん、そしてお隣がマッシミリアーノさんです。二人ともここに住んでいるので安心感があります。とても気さくで、フィレンツェの観光について、細かくアドバイスしてくれますよ。この日はどのジェラート屋さんが美味しい?という話題で盛り上がりました(笑)。

写真右は、宿泊者が自由に利用できるサロンです。


f0106597_2133774.jpg



この建物は1800年代、フィレンツェがイタリアの首都になった時代に建てられました。もともと、お婆さんが大切に住んでいたアパートを、間取りも余り変えずに上手にリフォームされ、B&Bとして活用されています。
この暖炉も、もともとそこにあったもの。とても綺麗に保存されています。
最近、フィレンツェのB&Bはこういったタイプが増えてきています。思い出が残ったアパートだけれど、二人や1人で住むには広すぎるというときに、こうして上手にB&Bにリフォームするのです。
エントランスやサロン、廊下には家族の写真や思い出の品々が素敵に飾られていて、まるでお友達の家にお邪魔しているような感じがします。


f0106597_21375381.jpgf0106597_21384650.jpg


お部屋もとても清潔で素敵です。各部屋には浴室兼トイレ、テレビ、ミニバー、冷暖房、直通電話が完備していて、インターネットの接続も無料です。
この他、セミダブルベッドがあるシングルのお部屋もあります。こちらもシャワータイプの浴室兼トイレ付きで、同様にテレビ、インターネット、ミニバー、冷暖房、直通電話完備です。


f0106597_21431689.jpgf0106597_214421.jpg


そして、B&Bには珍しく、3部屋ある2名様用のお部屋のうち、2部屋にはバスタブも付いているんですよ。どのお部屋も浴室はピカピカです。


f0106597_2147260.jpgf0106597_21481531.jpg


そして気持ちの良いテラスも魅力的です。観光に疲れたら、ここに戻ってきてテラスで本を読むのも良いかも。

設備、オーナーさんの人柄、インテリア、ロケーション、どれをとっても申し分のないオススメB&Bです。
以下のページでご紹介しています。
B&Bカーサ・ヌオーヴァ

Fumikoさん、本当に有難うございました。お陰さまで、とても良いB&Bが見つかりました。
次回フィレンツェにいらっしゃるときには、是非連絡してくださいね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-06-01 21:54 | フィレンツェのお薦めB&B | Comments(18)
f0106597_6113686.jpg
メインサイトでは、フィレンツェ市内のB&Bをいくつかご紹介しています。その中でも、良心価格と家庭的なサービスで一番人気なのが、フィレンツェのB&Bカーサ・チマブーエです。
今日は、丁度用事で近くまで行ったので、久しぶりにカーサ・チマブーエに寄りました。左は、このB&Bの「おっかさん」、フローラさんです。彼女はB&Bのある建物から徒歩10分のところに住んでいて、毎日朝から夕方まではB&B内にいます。そしてB&Bの上の階にはフローラさんのお姉さん家族が住んでいらっしゃるので、何かと安心感があります。
メインサイトで、この全4部屋しかない小さなB&Bカーサ・チマブーエを紹介し始めて、まだ3年ですが、もう既にリピーターとして再度ご利用してくださったお客様も沢山いらっしゃいます。それは、ひとえに、フローラさん一家の温かい接客によるものだと思います。


f0106597_6203434.jpg
f0106597_6215121.jpg



写真左: 小さいけれど何だかホッとするレセプション
写真右: お部屋はどれも広めでとても清潔です。


f0106597_624729.jpg
f0106597_6251558.jpg



フローラさんはとっても働き者。いつ行っても、お部屋のお掃除をしたり、リネンを取り替えたりしています。


f0106597_627388.jpg
フィレンツェ情報 ラ・カーサ・ミーアのサイトを通じて、日本からのお客様がいらしてくださるようになり、お湯をリクエストされることが増えたので、わざわざ各部屋に湯沸しをつけてくれました。
このB&Bには、朝食用のラウンジはないのですが、毎日、配られる朝食クーポンで、お隣のバールでカプチーノとブリオッシュを食べることが出来ます。バールは一日中開いているので、特に時間制限はなく、好きな時間に行って朝食を食べることができます。


f0106597_6322652.jpg
f0106597_633114.jpg



そしてフローラさんが誇らしげに見せてくれるのが、各部屋の浴室。4部屋の客室には、それぞれにシャワータイプの浴室がついています。ホントにピッカピカ。イタリア人マンマってお掃除上手なんですよね。


f0106597_636677.jpg
f0106597_6373272.jpg

写真左: 浴室のアメニティー。タオルの交換は、特別にリクエストがなければ、3日に1度です。浴室のスチームラジエーターに掛けておくとすぐに乾きますよ。
写真右: タバコを召し上がられる方は、ベランダで吸っていただけます。


f0106597_6385664.jpg
f0106597_6441671.jpg



エレベーターはないのですが、階段は1階分、数えてみたら25段でした。頑張れば、トランクを上げられます。でもなるべくお荷物は軽めに(笑)。


f0106597_6462438.jpg
f0106597_653132.jpg



アパートの扉を出て左に進むと、Via Giovertiという商店街に突き当たります。ここにはスーパー、一杯飲み屋(笑)、トラットリーア、お菓子屋さん、ピザ屋さん、地元のブティックなどが並び、なかなか楽しい通りです。
左にある門をくぐった先はベッカリーア広場。この門は、城壁があった頃の出入り口であった門です。この門をくぐって、その先の商店街をずっとまっすぐ行くと、徒歩20分程で、町の中心部レプッブリカ広場に出ます。

定宿にしたくなるような、魅力のあるB&Bですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-01-10 07:01 | フィレンツェのお薦めB&B | Comments(18)