フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

タグ:フィレンツェお散歩コース ( 9 ) タグの人気記事

フィレンツェ散歩

f0106597_16000366.jpg
フィレンツェってどんな街ですか?と聞かれたら何と答えれば良いだろう。
フィレンツェの歴史地区には、真ん中にアルノ川がはしり、北と南に分かれた中心部の間にいくつかの橋があります。
f0106597_16015909.jpg
オレンジ色のクーポラが目印のドゥオーモが街のシンボル。
そして、この、ヴェッキオ宮殿は街の中心で、現在も市役所として使われています。ドゥオーモとヴェッキオ宮殿の距離は約500m、徒歩6分。
f0106597_16042980.jpg
表通りには店が沢山並び、賑やかですが、雰囲気のある裏通り散歩も楽しいです。ツーリスト用の馬車が良く通っています。
f0106597_16055318.jpg
ヴェッキオ宮殿を川に向かって10m程進むと、有名なウフィッツィ美術館。月曜日が休館日なので、建物の写真を撮りたい時は月曜日の早朝に行くと、誰も居なくて、素晴らしい外観を撮ることが出来ます。コの字型の建物の上階が展示室です。
f0106597_16075662.jpg
更に川沿いに進むと、すぐにヴェッキオ橋が見えます。フィレンツェで一番古い橋。
f0106597_16083290.jpg
真ん中には、彫刻家であり彫金家でもあったチェッリーニの像。更に橋を渡った先を進むと、ピッティ宮殿があります。
f0106597_16133563.jpg
川向こうは、小さな工房や商店が多く、ツーリストも少なめなので、ゆったりと散歩が出来る楽しい界隈。写真はサントスピリト教会。ここの前の広場も、地元の人たちが夕涼みをしたりと、ノンビリしていてなかなか良い雰囲気です。
f0106597_16124403.jpg

再びドゥオーモに戻り、今度は北側に進むと、メディチ家の住居だったパラッツォ・メディチ・リッカルディ宮殿。保存されているフレスコ画は本当に素晴らしく、見に行く価値ありです。
f0106597_16143338.jpg
そしてその裏手には、メディチ家の教会であるサンロレンツォ聖堂。

f0106597_16154421.jpg
その先にはフィレンツェ中央市場があります。ここの2階はフードコートになっていて結構楽しいんですよ。

f0106597_16222627.jpg
長い年月をかけて大切に残された小さな礼拝堂もまたフィレンツェの魅力の1つ。
f0106597_16261722.jpg
列車でちょっと郊外に出掛けるなら、列車でシエナやルッカ(写真は、塔から見下ろしたルッカの街です)、ピサだって行けちゃう。
ヴェッキオ橋から中央駅まで徒歩20分程の小さな街なので、フィレンツェを起点にして日帰り旅行に行かれる場合でも、宿はどのエリアでも大概便利です。個人的には、駅にこだわらずに、街の中心部に泊まった方が美味しいバールがあったり、レストランやパン屋さんがあったりして楽しいと思う。

ついつい、自分が毎日過ごしている街だから、部分の紹介に偏りがちだけれど、初めてフィレンツェを訪れる方に、「フィレンツェってこんな街」をお伝えすることも大事だなあと、初めてフィレンツェに来て下さるお客様とお話をしながら思ったのでした。
駆け足ではなく、いつかぜひ、ゆっくりとフィレンツェにいらして下さい♩

☆お知らせ
現在、私はプーリアに1週間のプチバカンスに行っています。
リアルタイムでの投稿は、インスタグラム(@chiholacasamia)と、ブログの右横のサイドバーからも見て頂けるTwitter(@lacasamia4)からご覧下さい。ブログでは帰って来てからレポートします♩皆さんも夏休み楽しんで下さい!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-08-06 15:58 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_05582299.jpg
さて、お散歩話の続き。
時間が余った私は、テクテクアルノ河沿いに街を抜け、城壁のあるサンニッコロ地区に行きました。
この城壁の外に出て、坂道を上がった途中、左側に、giardino delle rose (バラ園)の入り口があります。
f0106597_05594813.jpg
ちょっと横の機械が残念ですが、ベルギーのアーチスト、Folonの作品、Partir。公園の中には彼の可愛らしい作品が、10点置かれています。

f0106597_06021919.jpg
ポカポカと暖かくて気持ちの良い午後でした。
f0106597_06040823.jpg
クンクン、何か臭う・・・と靴の裏をチェックしたり(笑)していたら、どうやらバラに肥やしを与えたばかりだった様です。うちもやらなきゃ。
来週、こうして根元を綺麗にしてあげて、牛糞をすき込んであげようと思います。
f0106597_06055357.jpg
おおー巨大猫!
この猫、春に来た時には、周りの見事なバラに隠れてしまって気づきませんでした。
冬にしか会えない猫。
f0106597_06065225.jpg
おじさんも冬は髪の毛がチョロチョロです。春夏にはモサモサして凄い状態になります。

f0106597_06071158.jpg
晴れるかな?
・・・と期待していたのですが、残念ながら今日は大雨でした(涙)。


GIARDINO DELLE ROSE バラ園
Viale Giuseppe Poggi, 2, 50125 Firenze FI
開館 毎日(12月25日、1月1日は休園) 9:30-日没まで

地図付きで以下のページでアップしました。保存版です。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-02-26 06:13 | フィレンツェという町 | Comments(9)

5月のフィレンツェ散歩

もう1ヶ月も前になってしまいますが、5月の初旬の写真がまだ残っていたので・・・
f0106597_05222747.gif
ゴールデンウィークで、日本から到着される方が多かったこの日は、朝からフィレンツェに行っていました。
お昼を食べる時間がないかもと思い、時間があるうちに、IL SANTO FORNOという新しく出来たパン屋さんにパニーノを買いに行きました。
f0106597_05250852.gif
カルミネ教会の手前にあり、IL SANTO BEVITOREという有名なリストランテがオープンしたパン屋さんです。
内装も素敵だし、何よりトスカーナパンがとっても美味しいんです。甘いペストリーも、シリアルパンも美味しいです。
f0106597_05264273.gif
アパート管理会社に書類を取りに寄って、その後は、ヴェッキオ橋のすぐそばにあるアパートで1件チェックイン。
大好きな路地で1枚パチリ。
f0106597_05281289.gif
時間が変更になり、サンタクローチェエリアの次のチェックインまで2時間程時間が空いたので、散歩がてらにサンニッコロ地区へ。
アルノ河沿いから1本入ったVia de' Bardiを進むと、大好きな古い記念碑があります。これは、1211年に聖フランチェスコがここからフィレンツェに到着したことを記したもの。
f0106597_05305381.gif
ミケランジェロ広場の手前左手にあるバラ園に行きました。
f0106597_05313027.gif
凄い偶然!B&Bカスティリオーネのご予約を下さったバラ好きのお客様とここで偶然お会いしました(お心遣い有り難うございました♩)
f0106597_05330668.gif
うちの方は3週間程遅いけれど、フィレンツェのバラの見頃はやはり5月上旬から下旬だと思います。
f0106597_05335301.gif
別名、フォロンの庭園とも呼ばれているこのバラ園には、ベルギーのアーチスト、ジャン・ミッシェル・フォロンの作品が何点か展示されています。
この作品大好き。Partir 2002
f0106597_05424752.gif
彼にも会えます(笑)。25ème Pensée 1999
f0106597_05434793.gif
GIARDINO DELLE ROSE
Viale Giuseppe Poggi, 2, 50125 Firenze
(入り口はVia delle Croci )

5月から9月まで 9時〜20時
10月、3月、4月 9時〜18時
11月から3月 9時〜17時
入場無料

この日通った道は、
Via Santa Monaca(パン屋さん)
Piazza Santo Spirito, Pontevecchio
Costa dei Magnoli(を覗く)
Via de' Bardi
San Niccolo'
Via delle Croci

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2015-06-05 05:49 | フィレンツェという町 | Comments(3)

花のフィレンツェ散歩

f0106597_19312048.jpg
ここ数日、フィレンツェでは、爽やかで、とても気持ちのよい天気が続いています。
先日、ちょっと仕事の間に時間があったので、ポンテヴェッキオからお散歩。河を挟んで向かいに見えるのはウフィッツィ美術館。でに橋のこちら側はとってものんびりしています。
f0106597_19333617.jpg
大好きなVia de Bardi。日陰はひんやりと涼しいです。
f0106597_19371131.jpg

聖フランチェスコにちなんだ石碑にもご挨拶。
この先の右手に、Giardino Bardini(バルディーニ庭園)の入り口の建物があります。
ボーボリも良いけれど、こちらの方が静かで眺めが良いと思うお勧めの穴場。
f0106597_19375184.jpg
犬に反応(笑)。

f0106597_19391658.jpg
丁度バラが咲いていて、素晴らしい香りでした。
f0106597_19415860.jpg
バルディーニ庭園の大体のお花の見頃は・・・

バラ 5月から9月
ダリア 6月から9月
シャクナゲ 3月
アザレア 4月
あじさい 5月から7月
藤 4月半ばから5月半ば
アイリス 4月、6月から8月、11月

f0106597_19464138.jpg
この藤のトンネルも花が咲いていたら綺麗だろうなー。
f0106597_19480076.jpg
足元のアジサイが咲き始めていました。
f0106597_19501336.jpg

一番上にはロッジャがあり、そこにカフェがあります。
凄くシンプルだけど、そこからの眺めは、素晴らしいです。

f0106597_19504808.jpg
カプチーノを飲みながら、ここで暫くボーっとしました。
f0106597_19520752.jpg
ボーボリ庭園よりも静かで、こじんまりしているので、疲れないです。
f0106597_19535330.jpg
Giardino Bardini(バルディーニ庭園)
Via dei Bardi 1
11月から2月 8時15分〜16時30分
3月 8時15分〜17時30分
4月〜5月、9月〜10月 8時15分〜18時30分
6月から8月 8時15分〜19時30分

フィレンツェお散歩話、あとちょっと続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2014-05-25 20:01 | フィレンツェという町 | Comments(5)
f0106597_02045216.jpg
今朝は朝早くから仕事でフィレンツェに行っていました。
久しぶりに晴れっ!でもアルノ河はかなり増水していました。警戒水位ではないけれど、かなり水位が高く、ゴウゴウと流れていました。
f0106597_02082935.jpg
今日は久しぶりにサンニッコロ地区へ。
ミケランジェロ広場の真下にある、なかなか活気のある可愛いエリアです。

f0106597_02105685.jpg
雰囲気のある路地@Via San Niccolo'

f0106597_02145180.jpg

前から行ってみたいと思っていたパン屋さんピエルグイーディに寄りました。
f0106597_02165215.jpg
ここは、焼きたてパンだけでなく、ちょっとしたお惣菜もあり、テーブルもあるので店内で食べる事が出来ます。
f0106597_02181090.jpg
今日の私の狙いはこちら。今の季節だけのお菓子、スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ。
今の季節はどのお菓子屋さんやパン屋さんにも置かれていて、切り売りされています。
f0106597_02192875.jpg
お姉さんが切り分ける時に、「真ん中がいい?端っこがいい?」と聞いてくれたので、迷わず端っこを(←端っこ好き)
他のお店ではクリームを挟んだバージョンもありますが、ここはシンプル。フワフワ加減がクセになります。本当に美味しいっ!美味しさの秘密は、オリーブオイルやバターの代わりにラードを使っている所なのだそうです。確かに、伝統的なレシピではラードかも。とっても軽くて、もう一切れ食べられちゃいそうでした。
f0106597_02230652.jpg
ここの界隈って、地元の人が通うお店ばかりで、お値段もとっても庶民的。そして美味しいです。
f0106597_02235861.jpg


アイラブ・サンニッコロ♩

Forno Pierguidi
Via di San Niccolò, 43, Firenze


人気blogランキングへ 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2014-02-13 02:27 | フィレンツェの美味しいお菓子 | Comments(12)
f0106597_01402497.jpg
昨日は山を降りて、ガールズ二人とフィレンツェのクリスマスツリーを見に行きました。
レプッブリカ広場のリナシェンテの前でお友達のジャコモさん発見!
f0106597_01420797.jpg
この方、他の馬車とはひと味違い、とっても立派な馬車を持っています。
馬車はルーマニア製なんだそうです。世界中の馬車の90%はルーマニアで作られていて、馬車メーカーがいくつかあるそうです。馬達は、仕事が終わると、馬車を市内のガレージに返し(笑)、空港の先の牧場に帰ります。
f0106597_01473187.jpg
馬は他の馬車はサラブレッドが多いのに比べて、彼の馬はペルシェロンという馬車用の力の強い馬、2頭で引っ張っています。フランス、ノルマンディー原種の馬で、サラブレッドの2倍の体重なんですよ。でも凄く大人しくて従順。まるで上手に馬車を引っ張る事に誇りを持っているようにさえ見えます。

「乗る?」

f0106597_01510592.jpg
「さ、行きましょうか」

f0106597_01515399.jpg
大喜びの二人。
f0106597_01531581.jpg
なかなかイケメンのジャコモさん。クラシックなお帽子と上等なコートがとってもお似合いです。正面からの写真撮るの忘れたー!とても優しいです。
f0106597_01562456.jpg
二人が座っているのは一番高い位置にある席。最大8人まで乗る事が出来ます。
石畳を歩く馬の蹄の音と、頭上に広がるフィレンツェの石造りの建物。何とも言えない独特の雰囲気です。歩いて周るのも楽しいけれど、フィレンツェの街をこうして馬車で周るのも本当に格別な体験です。
f0106597_01574609.jpg
アルノ河を沿いも。タクシーや一般の車はこうした馬車をリスペクトしているようで、クラクションを鳴らす車は全く居ません。沿道では、ジャコモさんのお友達がお店やレストランから出て来て挨拶したり手を振ったり。
f0106597_02021661.jpg
今回は、サンタクローチェ、ポンテヴェッキオ、ウフィッツィ美術館、シニョリーア広場等をまわってくれました。
ドゥオーモ広場やシニョリーア広場にはもっとシンプルな高さの低い馬車が居ますが、ジャコモさんはいつも、レプッブリカ広場のリナシェンテの前に居ます。
彼の良い所は明瞭会計。ちゃんと料金が表示されています。30分あたり50ユーロ、1時間あたり100ユーロ。どちらも馬車1台分の値段なので、4人で乗ったら30分一人当たり12.50ユーロ。
大体、毎日昼の12時から夕方16時くらいまで居ます。12月31日はやっていますが、1月1日はお休みです(馬達もお休み♩)

もしご予約希望の方は、ラ・カーサ・ミーアのメールアドレスまで、ご希望の日時、フィレンツェのご宿泊先、人数を書いてお知らせ下さい。
こちらで、手数料無料で手配します。

「ジャコモさんの馬車でグルグルフィレンツェ」ご予約お問い合わせ先
info.lacasamia@gmail.com

馬君達、引っ張ってくれてありがとねー!
お疲れっ!

人気blogランキングへ 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2013-12-23 02:13 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_522299.jpg



フィレンツェの街はアルノ河を挟んでこっち側と向こう側、という風に2つに分かれています。
上の写真では、向かってアルノ河の左側が駅側、シニョリーア広場側、右側はピッティ宮殿、ミケランジェロ広場側。
河の反対側、ピッティ宮殿側のことを、親しみを込めてOltrarno(オルトラルノ)、または、Diladdarno(ディッラッダルノ)と呼びます。


f0106597_541134.jpg



フェラガモ本店の前の橋、サンタトリニタ橋を渡ると、そこはもうオルトラルノ。
美味しいトラットリーアや小さな工房、そして最近は可愛らしいオリジナルブランドの小さなブティックなどが見つかるエリアです。


f0106597_544782.jpg



橋の袂には高校があります。


f0106597_56576.jpg



そして高校の向かいにはジェラート屋さん。
高校の向かいにあるジェラート屋さんって他のお店よりもやや値段が安いような気がします。きっと高校生たちがお小遣いでも買える値段設定なんでしょうね。


f0106597_573259.jpg



店構えはお洒落ですが、大盛りのジェラート(それでも小、ピッコロです)で1.5ユーロ、2フレーバーまで選べます。私はイチヂク&リコッタチーズと、コーヒー味を食べてみましたが、どちらも美味しかったです。


f0106597_5312548.jpg



この日は、夜チェックインされるお客様のアパートの最終チェックでした。
長期で借りると結構安くなるアパート、マッジョアンティーコです(ちょっと宣伝・笑)。
同じ建物の下の階に大家さんが住んでいるので、何かと安心です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2012-03-27 05:22 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(7)
f0106597_19221476.jpg



昨日は一日仕事でフィレンツェをグルグルして、夜は、ユキちゃんの同級生のD君宅にお夕食に呼ばれました。
フィレンツェは、昨日は曇りでしたが、今日は快晴です。
駅について、サンタマリアノヴェッラ教会の前を通り・・・


f0106597_1922507.jpg



Via de' Fossiをまっすぐ直進してアルノ河に出ます。


f0106597_19245118.jpg



カッライア橋を渡り、Via Santo Spiritoを左折し、Via de' Coverelliをゴニョゴニョっと入って(笑)、サントスピリト広場へ。

時間があったので、久しぶりにサントスピリト教会の中に入りました。
改めて、この教会の良さを感じました。また次回、この教会についてはゆっくり書きたいと思います。


f0106597_1923524.jpg



広場には小さな朝市が毎日出ています。


f0106597_1926628.jpg



広場沿いにある種屋さん。可愛い籠や、お土産になりそうな小物も売られています。珍しい種も揃うので、私も必ず寄るお店です。ここでルバーブの種を見つけました。今年初めて蒔いてみようと思います。


f0106597_19263515.jpg



帰りはまた駅の周辺に戻り、Via Porcellana にあるCentopoveriでランチをしました。
ランチメニューはお水、プリモ、セコンド、コペルト込みで10ユーロ!
かなりボリュームがありますが、ガッツリ座って食べたい人にはお勧め。サービスもとても良いです。

Centopoveri
Via Porcellana 41/r Firenze

フィレンツェは本格的に春ですよ~!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-21 19:41 | フィレンツェお薦め処 | Comments(11)
f0106597_348102.jpg



今日は、ユキちゃんをスクールバスの停留所に送った後、その足でフィレンツェに行きました。
暖かかった~!今、フィレンツェに滞在されている方は本当にラッキーです。2月とは思えない暖かさ。そして快晴が続いています。
①↑はいつも私が写真を撮るカッライア橋から見たチェステッロ教会。


f0106597_349855.jpgf0106597_3492671.jpg


②③今朝は。ピッティ宮殿のすぐそば、マッジョ通りにある新しいアパートを7軒見てきました。天井のフレスコ画が素晴らしく、見事に修復されていました。またゆっくりとご紹介します。


f0106597_3514165.jpg



④ちょっと時間が余ったので、サントスピリト教会を見学しました。ピエトラセレーナと呼ばれるフィレンツェ周辺で採れる自然石を使った建築空間は、窓から入る朝の光を浴びてとても美しく、心を落ち着けてくれます。


f0106597_3522474.jpg



⑤前から行きたかったピザ屋さんGUSTAPIZZA。安くてとっても美味しかった!後日、ご紹介します。


f0106597_3532424.jpg



⑥アルノ川沿いで可愛い文房具屋さんを見つけました。ここで、ポストカードを2枚購入♪(←自称葉書コレクター)


f0106597_3535627.jpg



⑦今日は空気が澄んでいたからか、周りの山が良く見えます。つくづくフィレンツェって盆地なんだなあと思いました。


f0106597_3545167.jpg



⑧最後の仕事に向かう途中、サンタクローチェ広場でみかけたチョコレート市。
ヘトヘトだったので、チョコレートは購入せずに、チョコレートをほおばる人たちを観察。その後、管理会社のスタッフと合流したら、彼が購入したチョコレートを少し分けてくれました。美味しかった!


f0106597_3552367.jpg



今日、周った場所を地図で見るとこんな感じ。
本当は、携帯電話のお店に行ったり、チェックインに行ったりと、他にも用事はあったのですが、大体こんなルートで周りました。全て徒歩です。

つ、つかれた~。でもとっても楽しい1日でした。
明日は、お魚係りとして、GASの魚の受け取りに行ってきます!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-02-05 04:13 | フィレンツェという町 | Comments(20)