フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_0484926.jpg
左はイタリアの畑やお庭で嫌われ者の"ortica"(オルティーカ)です。日本でもイラクサと呼ばれ、同じまたは似たような種類の植物があるそうです。この葉っぱは触るととっても痛痒いので要注意!何でも食べてしまう隣のおじさんの山羊たちもこの植物だけは食べないので、オルティーカの茂みが残っています。でも実はすご~く鉄分があり、食べると健康に良いんですよ。なにせ、育てなくても勝手に生えてくるのでかなり便利。茹でたり、炒めたりすると、触ってもかぶれません。


f0106597_17597.jpg
f0106597_181535.jpg


昨日はオルティーカで、リゾットを作りました。触らないように注意しながら、チョンチョンとハサミでボールに切り落とします。下ごしらえとして、お吸い物程の塩をしたお湯で牛骨や、お肉の塊を茹でてスープを取っておきます。オルティーカをザザッと洗い(お箸とザルを駆使して触らないように要注意)、ニンニクで香り付けしたオリーブオイルで炒めます。そこにリゾット用のお米を加えサッと炒めたら、用意しておいたスープ(ぐらぐらと沸かしながら)をおたま1杯ずつ加えます。加えてはグルッと混ぜて、蓋をしてしばらく火にかけ、水気がなくなってきたら、再びスープを加えます。お米が煮えたら出来上がり♪摩り下ろしたパルメザンチーズとバターを上にのせ、蓋をして1分間、「美味しくな~れ~」と念じます(笑)。


f0106597_192853.jpg
f0106597_1112399.jpg


葉っぱの形からすると苦そうですが、全然苦くないんですよ。とってもデリケートな味です。
ユキちゃんは相変わらず、大盛りリゾットをモリモリと食べています。


f0106597_113228.jpg
昨日、日曜日もアントネッロとユキちゃんは一日中畑で遊んで畑仕事をしていました。これは丸いユキちゃんの畑。何の種を撒いたのかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-04-04 01:21 | トスカーナ山暮らし | Comments(28)

週末は皆で畑♪

f0106597_11946.jpg
昨日、今日のトスカーナは上出来のお天気♪やっと春が来たという感じです。これからはぐんぐんと日が長くなり、植物の成長スピードがアップするシーズンです。土も大分乾いてきたようだし、昨日と今日は家族総出で畑仕事をすることにしました。まだまだ夜間の気温は下がる我が家では、トマトやカボチャ、ズッキーニの種の直播きにはちょっと早いのですが、アントネッロが即席温室を作ってくれました。


f0106597_0563371.jpg
f0106597_0574396.jpg

写真左:電ノコの音に驚いて逃げるユキちゃん(笑)
写真右:コレが完成した温室。片側が開き、中にタネを植えたポットを保管します。


f0106597_10211.jpg
f0106597_111161.jpg


今回は、日本のカボチャの種とズッキーニ、プーリアの義父さんが送ってきたトマトの種をポットに撒き、温室に入れました。土は、おがくずを混ぜた腐葉土です。おがくずは撒き割り場から、腐葉土は森からとってきたものです。


f0106597_122475.jpg
f0106597_131768.jpg

写真左:この前買ってきたトロペア玉ねぎの苗
写真右:同じく、サラダの苗


f0106597_143759.jpg
f0106597_162557.jpg

写真左:苺の苗も、春が来て嬉しそうです。苺の苗達が大好きな生ごみコンポストを根元の近くに置いてあげました。今年も沢山実をつけてね♪
写真右:私達が畑にいるとき、ユキちゃんは何だか楽しそうに一人遊びをしています。地べたに座り込んで、穴を掘ったり、お花を摘んだり。ユキちゃん、頭に葉っぱがついてるよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-04-03 01:16 | フィレンツェで畑 | Comments(14)
f0106597_4343970.jpg
メインサイト、ラ・カーサ・ミーアでご紹介しているアグリツーリズモポデーレ・ベッチでは、コンドミニアムタイプのアパートへご宿泊のお客様には、必ずミネラルウォーター、オリジナルワイン1本、オレンジジュースなどの差し入れが用意されます。そして、アパートに必ず用意されているのがコレ、オーナー夫妻の姪御さんでお菓子と手打ちパスタ担当のバレーリアさん手作りの"ciambellone"(チャンベッローネ=ドーナッツ型ケーキ)です。ふんわりしっとりした素朴なお菓子で、軽いのでパクパクとついつまんでしまいます。

何度か、ご滞在されたお客様からレシピを頼まれていたので、皆さんにご紹介します。

チャンベッローネ
全卵 3個
バター 50g(湯せんで溶かしておきます)
砂糖 250g
小麦粉 350g
サラダ油 大さじ1
牛乳 コップ半分
レモンの皮すりおろし 少々
ベーキングパウダー 1袋

これらの材料をぐるりと混ぜ、ドーナッツ型のケーキ型に流し込みます。
上面をキッチンペーパーで覆い、180度のオーブンに入れて焼き上げます。
キッチンペーパーをめくってみて色づきはじめたら、紙を取り除きます。

と、簡単に説明されましたが、さて?実際に簡単に出来るのかなあ?


f0106597_4352728.jpg
彼女がバレリアです。自宅でも家庭菜園をやっていて、有機栽培にとても詳しい彼女。まだ知り合って1年しか経っていないのですが、素朴で落ち着いた性格の彼女と話すとき、昔からの友人と話しているような感じがします。バレリアには、ユキちゃんと同じ年のニーナちゃんという可愛い娘さんがいます。ユキちゃんとニーナちゃんは大の仲良し。ユキちゃんが黒髪なのに対して、ニーナちゃんは色白、金髪です。対照的な二人ですが、背丈も同じくらいで、やることなすこと全く同じ。これから、一緒に成長してくれるかな。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-04-02 04:43 | フィレンツェのアグリツーリズモ | Comments(13)