フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_1873662.jpg
先日、友人アンジェリカから電話がかかってきました。アンジェリカは、何度かこのブログでもご紹介したギタリストであるミーノの彼女で、実はアントネッロの中学時代の同級生でもあります。プーリア出身の彼女は、大学時代にフィレンツェに移り住み、現在はフィレンツェの南側の小さな町で建築家として活躍しています。いつも遊びに行くと、洗濯バサミはレインボーカラーに並べてあったり、スーパーの袋は三角にたたんであったりとイタリア人のイメージからは程遠い、几帳面な性格ですが、とても大らかで、真面目な顔をして連発するジョークで、いつも私の笑いのツボを刺激してくれるのです。

「お~、アンジェリカ、元気?」
「う~ん、あんまり元気じゃないの。悲しいお知らせがあって、金曜日の夜に皆に集まって欲しいんだ。」
(この時点でかなり心配した私)

「実はさ、今週の金曜日で私、40歳になるのよ・・・」
(この時点で、私は大爆笑)

「5年前から覚悟はしてたんだけどさ、いつかこの日が来るだろうって」
(そりゃ、だれにでも来るだろうねえ)

「軽くアペリティーヴォスタイルにするからさあ、気軽にアントネッロとユキちゃん連れて遊びに来てよ。」
(この時点で、アンジェリカへのプレゼントは、保湿フェイスクリームにしようと決めた私)

イタリア語でaperitivo(アペリティーヴォ)と言うとは、食前酒のことを指しますが、バールで5時~8時くらいまでの間、おつまみを食べながら、カクテルを楽しむこともアペリティーヴォと呼びます。
さて、金曜日の夜、アントネッロとユキちゃんを連れて、ミーノ&アンジェリカの家へ行くと、友人達が既に沢山集まっていました。キッチンには、沢山のお酒が並んでいて、壁には大きく張り出された沢山のカクテルのレシピ。シェーカーや氷、カクテルグラス、レモンやオレンジの薄切りなど、材料は全部揃えてあって、皆、セルフサービスで好きなカクテルを作っていました。私が、アントネッロに作ってもらったのが、このnegroni(ネグローニ)。

材料は、
1/3 ジン
1/3 イタリアン・レッド・ヴェルムット
1/3 ビター・カンパリ
オレンジの輪切り

皆、楽しそうにカクテルを作っていました。
おつまみは、一口サンドイッチ各種、肉団子、鰯のマリネ、具入りフォカッチャ各種、角切りピザ、チーズ各種、サラミ各種、ライスサラダ等など。
こうして立食式にすれば、アパートでも大人数呼べるし、皆気楽に楽しめてよいですよね。
そして、ケーキは・・・


f0106597_18401069.jpg
ミーノが、お盆に並べたチョコレートの盛り合わせを持ってきました。ちゃんとキャンドルを立てて(笑)。コレだと一口で食べられるし、カクテルにも合います。

カクテル好きのアンジェリカのためにミーノが企画したこのお誕生日。ナイスアイデアです♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-09-17 18:49 | フィレンツェという町 | Comments(15)

幼稚園が始まりました

f0106597_1741850.jpg

前回の記事でお伝えしたとおり、イタリアでは、今週から殆どの学校が新学期スタートをしました。殆どの欧米諸国と同じく、イタリアも9月に学年が始まり、6月に終了します。始まるといっても、しまりのないイタリアの学校では(それともユキちゃんの幼稚園だけなのか?)入園式などありません。なんとなく始まってなんとなく終わります。もちろん、たまに保護者会はあり、学校の今年のカリキュラムや、設備の変更事項などの連絡はあるのですが、「~式」というのはまったくなく、ちょっと物足りない反面、入園式用に洋服をそろえたりする必要がないために、親としては助かっています。

さて、毎朝朝食時間に聞いている、全国放送のラジオでも今週の話題は「学校」。局長であり、有名なジャーナリストでもあるヴィットーリオ・ズッコーニへリスナーが留守電メッセージを残すコーナーでも、子供を小学校に送り出した親のコメントがいくつかありました。それによると、イタリアの公立の小学校では、トイレットペーパーなどが不足しているために、トイレットペーパーと手洗い用の石鹸は各児童が自分の分を持っていくそうです。今のイタリアの、「昔のソビエト連合なみ」な状況を皆嘆いていました。


f0106597_1792832.jpg
ユキちゃんはまだ幼稚園なので、実際の小学校の状況は判らないけれど、周りにも聞く限り、イタリアの学校の設備的な状況はかなり深刻なようです。かといって、私立の学校が近くにあるわけでもないし、地元の子供達と楽しくたくましく育って欲しい私としては、村の公立の小学校に送りたいなあと思っています。まだまだあと2年あるんですけどね。

さて、午前中だけとはいえ幼稚園が始まって嬉しいユキちゃん。毎朝、早起きをして、洋服を選んでいます。お友達と再び遊べるのが嬉しいらしい。そして、ユキちゃんが一番喜んでいるのは、今年は、「年少組」ではなくて、「年中組」になったこと。
今年も新しいお友達がたくさんできると良いね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-09-15 17:18 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(12)

パパの仕事場

f0106597_0525870.jpg
今日は午後から、近くの村にあるアントネッロの工房に来ています。なぜかというと・・・
今年の春、電話回線でのインターネット通信では余りにも速度が遅く(26kbps)、途中で切れることも多かったので、携帯電話によるインターネット通信に切り替えたのですが(GPRS)、昨日の昼頃から携帯電話の電波がプツッと切れてしまったのです(涙)。近所の人にも聞くと同じ状況で、どうやら山の斜面エリア全体、かなり広範囲に渡って携帯電話がつかえない状態になっています。このため、インターネット通信が出来ずお手上げ状態(号泣)。このため、ラップトップにデータを移行し、携帯電話が通じるアントネッロの工房へと来ています。
ユキちゃんは、幼稚園が始まったものの、今週一杯は午前中のみなので、一緒に工房について来ました。暇をもてあまして、アントネッロの邪魔をするかな?と心配していたのですが、気が付くと、一人前にアントネッロの横に座って、ワックスでジュエリーを作り始めました。


f0106597_13289.jpg
f0106597_13372.jpg


ブログで一度ご紹介したとおり、アントネッロはジュエリーのデザインと生産の仕事をしていて、この工房を友人と2人で運営しています。彼が作るジュエリーは、指輪で1個1500ユーロ以上するかなりゴツイもの。お客さんはアメリカやドイツ、イタリアのショップです。不況といわれているイタリアでも、こうした高めのジュエリーの市場は逆に活発なんだそうです。不思議だなあ。
さて、私が仕事をしている間、ユキちゃんは、じっとワックスで自分のジュエリーを作っていました。


f0106597_1115966.jpg
f0106597_112325.jpg



ユキちゃんも、ごついジュエリーを作るようになるのかな(笑)。
じゃ~ん。コレがユキちゃんが、最初から最後まで、自分で作ったオリジナルジュエリー!グルグルも自分で考えて作ったようです。
特に、アントネッロの仕事をついでもらおうとは思わないけれど、たまにこうして働く父親の姿を見せるのも良いかな。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-09-15 01:23 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(18)

優しい心

f0106597_4334273.jpg
最近、ユキちゃんがはまっているDVDがコレ、"ALLA RICERTA DELLA VALLE INCANTATA"というアニメです。原題は"Land before time"というそうで、スティーブン・スピルバーグが監修に関わっています。内容は恐竜の子供たちの冒険物語で、特に凝ったストーリーではないのですが、ユキちゃんはコレに完全にはまっています。
主人公は、ディノザウルスの子供、ピエディーノ。ピエディーノのお母さんが、凶暴なティラノザウルスに噛まれて、死んでしまうシーンでは、毎回「ピエディーノが可哀相」と号泣します。ほろっと涙ぐむのではなく、オイオイと号泣するので、毎回、慰めるのが大変です(苦笑)。


f0106597_446261.jpg
このように、ストーリーを把握して、物語の登場人物に感情移入をし、感激したり一緒に悲しんだりして泣くという行動は、ユキちゃんが3歳半を過ぎてから取るようになった気がします。物語をしっかりと把握が出来るようになったことが、一番の要因なんでしょうね。
このような、優しい気持ちは大事にして欲しいなあと、母である私は思います。何度もこのブログに書いてきましたが、私もアントネッロも、特にユキちゃんに「大人になったらこうなって欲しい」という希望はありません。勉強好きだったら大学に行けばよいし、勉強が苦手だったら行かなくても良い、他に好きで打ち込めることがあるのであれば、それを好きなだけやれば良いと思っています。唯一の私達の希望は、「優しい大人になって欲しい」ということ。

ユキちゃん、その気持ちを大切にね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-09-11 04:57 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(33)