フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

マリオ、再び現る

f0106597_18101252.jpg
一昨日、突然、友人のマリオから携帯にメールが入りました。「今晩、イタリア戦が終わったら、ミケーラと一緒に、そっちに遊びに行く。泊まるからね」だって(笑)。南イタリアで有機農業をしながらジュエリーデザイナーでもあるマリオとフィレンツェで仕事をしているミケーラ。マリオは何ヶ月も音信不通なのに、こうして突然現れたりします。私達としては、我が家が、彼にとって、いつでも泊まりに来ることができる場所であることがとても嬉しいんです(何と表現してよいのか判りませんが)。マリオとミケーラは買い物をしてきて、夕食の準備をしてくれて、私が帰宅した頃には、美味しそうな手打ちパスタが出来ていました。彼らのように気を使わなくて良いゲストは大歓迎です。


f0106597_18191922.jpg
f0106597_18195424.jpg

ユキちゃんは、大好きなミケーラとシャボン玉遊びで大はしゃぎ。先週から我が家では蛍が沢山出てきました。余りに沢山いるので、ネオンサインのようで、あまり情緒はありませんが、とってもきれいですよ。

この日は、夕焼けを見ながら、再会を祝して白ワインで乾杯しました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-06-28 18:24 | トスカーナ山暮らし | Comments(10)

ユキちゃんの勝ち!

f0106597_21575675.jpg
今朝起きたら、桃のジャムが出来ていました(笑)。
皮も入っているので、ジャムの色は赤いのですが、"pesca gialla(ペスカ・ジャッラ)と呼ばれる黄桃です。今の季節、我が家では一年分のジャムを作ります。

さて、ユキちゃんはお陰さまで昨晩は発熱もなく、今朝は完全に回復したようです。大事をとって、今日は自宅で安静にしていますが、明日からは外で遊べるかな。
今回は、幸いなことに何とか抗生物質の必要もなく、自力で治ってくれました。今日、お隣さんに遊びに来ていた、友人のローランドとその話をしていたら、自然療法のお医者さんである彼曰く、お酢の湿布が効くそうです。冷たい水1リットルにお酢を大匙1杯入れ、その水にタオルや布を浸して、それで足に湿布します。これを1時間ごとに繰り返すことで、体の新陳代謝が良くなり、早く熱が下がるそうですよ。先にローランドに相談しておけば、熱さましも与えなくて良かったのに~!!次回はこの療法を実践してみたいと思います。

ともかく、ユキちゃん、小さな体で頑張ったね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-06-26 22:05 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(22)
f0106597_18573531.jpg
去年も同じような記事をアップしたような気がしますが・・・夏の定番ということで、今年も”pappa al pomodoro"(パッパ・アル・ポモドーロ=フィレンツェ風パンスープ)を作りました!って、アントネッロが作ったんですが(笑)
フィレンツェの夏の定番料理、パッパ・アル・ポモドーロに欠かせないのが、固くなったトスカーナパン。カチカチに固くなってしまったパンを上手く利用することができる便利料理です。パンスープと言えども、パンがトマトスープを吸ってしまうので、パン粥といった感じです。

材料は:
固くなったトスカーナパン(塩なし)、トマト(フレッシュでもトマト缶でもOK)、玉ねぎやセロリや人参などお好みの野菜、フレッシュバジル、お好みで最後にトッピングとして使うニンニク、オリーブオイル


f0106597_1945919.jpg
f0106597_199248.jpg


まず、たっぷりのオリーブオイルで、玉ねぎ、セロリ、人参などを炒めます。上の写真は、「炒めているアントネッロ」。どうやらこの工程で気合を入れて炒めるのが美味しさの秘密のようです。眉毛にしわ寄ってるヨ(笑)。

固くなったトスカーナパンをボールに入れて水に漬けておきます。トスカーナパンだと水を吸ってもベチャベチャにならないのがポイント。日本から来ていた母も、日本でこのお料理を作りたいがために、わざわざトスカーナパンを買って帰りました。日本で手に入るパンで作られるのであれば、固くなったカンパーニュなどで作られてみては如何でしょう?


f0106597_19105655.jpg
f0106597_1912396.jpg


炒めた野菜に、トマトを加えます。写真はトマト缶1個を加えたところ。この後、フレッシュトマトを3個分ほど加えていました。アントネッロは湯剥きせずにそのまま加えていますが、皮が苦手な方は湯剥きしてから加えるとよいでしょう。
これでしばらくグツグツと煮込みます。

水を吸ったパンを、しっかりと絞り、トマトソースに加えます。これで弱火でグツグツと煮込みます。たまにパンをつぶしながらグルッと混ぜるのですがこのとき大切なのが木のスプーンやへらを使うこと。イタリアでスープ類を作る時によく聞きますが、木のスプーンを使うと美味しく出来るんですって。なんだかおまじないの様です。


f0106597_19173312.jpg
f0106597_19191272.jpg


パンとソースがしっかりとなじんだら、手でちぎったフレッシュバジルを加えます。
今回はそのままでしたが、滑らかな舌触りが好きな方は、ハンドミキサーで更にぐるりと混ぜるとよいですよ。

最後に、オリーブオイルをたっぷりかけ、お好みでニンニクのみじん切りを加えて出来上がり♪

これを食べると「夏が来たなあ」と感じます。ユキちゃんも大好きな1品。熱にも負けずモリモリと食べていました。お陰さまで、発熱の間隔も大分長くなり、回復に向かっているようです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-06-25 19:24 | 山の食卓 | Comments(20)
f0106597_17574171.jpg
今朝起きたら、苺ジャムが出来ていました。「いよっ、豆オット」。
アントネッロが、畑の苺を少しずつ収穫して冷凍していたなあと思っていたら、ジャムを作りたかったんですね。
さて、ユキちゃんはここ3日間、お熱で自宅謹慎(=私も自宅謹慎)です(涙)。原因はどうやら幼稚園で流行っているウイルス性の風邪。39度ほどの熱が出て、熱さましのシロップを飲ませると一旦下がるのですが、また、数時間すると熱がぶり返します。機嫌は良く、食欲もあるのですぐに回復すると思うのですが・・・とりあえず、ビタミンCを沢山とらせて、安静にするのみ。小児科の先生も、来週まで様子を見てまだ下がらないようであれば、抗生物質を投与しましょうと言っていました。
昨日、下の村の新聞屋さんに寄ったら、村の子供のほぼ全員がこの風邪にかかって寝込んでいるとのこと。そういえば、公園ががらんとしていました。

早く治ると良いなあ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-06-24 18:06 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(10)