フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

プーリアと象

f0106597_0253436.jpg
f0106597_0262100.jpg

オリーブの木の上で昼寝をするライオン、車の中を覗き込むラクダ・・・

ここは、プーリア州のFasano(ファサーノ)という場所にある、イタリア最大のサファリパークです(というか唯一かも)。
この日、私たちは、アントネッロの妹ステファーニア家族と一緒にサファリパークに行きました。ユキちゃんにとって、野生動物を実際のは初めての経験。普段は、ヤギや羊と慣れ親しんでいるユキちゃんですが、やっぱり象やシマウマを間近で観察する機会に大興奮です。いつか、アフリカで自然環境に生息する象を見せてあげたいなあ(というか見てみたい)。


f0106597_0355481.jpg
f0106597_0362747.jpg


このサファリパークが出来たのは30年以上前。アントネッロも小さい頃、お父さんに連れて来てもらったそうです。その頃は、サル山もこうして車で見学をしていたそうで、サル達に取り囲まれて、車のアンテナやバックミラーを分解されてしまったそうです(笑)。今では、サル山は別の場所に移され、厳重な網で防御されたバスに乗って見学をします。


f0106597_040651.jpg
f0106597_0404013.jpg


ミョーにマッチするオリーブの木とラクダ。サファリパークの中にも、樹齢100年以上の巨大なオリーブの木が沢山残っています。


f0106597_043699.jpg
私はシマウマの鮮やかなシマに感激。シマシマでした(笑)。
ファサーノからアルベロベッロの一帯は、ローマ時代にチュニジアから象を引き連れて進軍しローマ人に脅威を与えたハンニバル将軍が駐留した場所でもあります。当時、80頭の像を引き連れたカルタゴ軍が20年間、このあたりに駐留していたとのこと。アルプス越えをした後で、温暖で平らなプーリアの平原にたどり着き、象たちもさぞほっとしたことでしょう。


f0106597_0512317.jpg
f0106597_052382.jpg


そしてプーリアといえば、食用のダチョウの飼育が最近盛んです。平らな大地で、土地代も安く、温暖な気候がダチョウの飼育に向いているとのこと。「大きいから、盗まれる心配もないしね」(義父さん談)
ちなみに写真右のダチョウは、脱走を図っていました(笑)。
そして、私たちはこの後、隣の遊園地へ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-08-22 00:57 | ユキちゃんと海2006 | Comments(4)
f0106597_5541096.jpg
<お知らせ>
baby mammoth (ベイビーマンモス)という雑誌の8月10日発売号内、「フォトログ ブログで綴る子育ての日々」という特集の中で、本ブログが紹介されました。
情報や商品紹介だけの子育て本が多い中で、この雑誌では、色々な子育てのスタイルや自然体での子供との付き合い方が丁寧に紹介されています。

このブログを始めて1年以上が経ちますが、ブログを通じて、日本または海外で子育てをされているお父さんやお母さん方との交流の機会が増え、とても光栄です。メインサイト「ラ・カーサ・ミーア」を立ち上げも、フィレンツェで出産をした経験をまとめて、イタリアで出産をされる方への情報提供のサイトを立ち上げようと思い、HTMLを解説した本を購入したのがきっかけです。

子育ては、こうでなくてはいけないということはなく、子供の性格や周りの環境、自分のライフスタイルに合わせて変化をしていくものだと思います。私の子育ては、試行錯誤の連続ですが、これからも、どうかユキちゃんの成長を見守ってやってください。

マンモス編集部様、素敵な雑誌に当ブログをご紹介していただき有難うございました。
いつも応援してくださる皆様、皆様の温かいコメントが励みです。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-08-21 05:30 | お知らせ | Comments(22)

夜のガッリーポリ

f0106597_21213578.jpg
f0106597_2122332.jpg

Gallipoli(ガッリーポリ)は南イタリアプーリア州のイオニア海側の町です。ギリシャ語のCalipolis(cali=美しい+polis=町)という言葉から由来している通り、イオニア海にせり出した、プーリアでも有数の美しい町です。


f0106597_21273534.jpg
f0106597_2128826.jpg


ギリシャ風の白壁の建物。2~3階建ての平らな屋根の建物が並んでいます。


f0106597_2132861.jpg
f0106597_21333874.jpg



どの小道も海に突き当たります。迷路のように伸びる小道は殆どが住宅。皆、椅子を外に出して夕涼みをしながら、おしゃべりに夢中です。
私たちが入ったトラットリーアは、海沿いにある、"pescatore"、その名もずばり「漁師」という名のトラットリーア。まず、おじさんに、"Vino ?" (ワイン?)と聞かれ、"Si"と答えると、いきなりこのカラッファと呼ばれるテラコッタのワイン入れにたっぷり入った白ワインが出てきました。そっか~、フィレンツェだと、「ワイン」と言うと、キャンティの赤ワインですが、プーリアではロゼか白ワインです。程よく冷えた白ワインは、地元産malvasia(マルバズィーア)旨っ!
ユキちゃんは、前菜でダウン。爆睡です(笑)。


f0106597_21482311.jpg
f0106597_21498100.jpg

私たちは、魚介の前菜の盛り合わせと、セコンドを頼みました。
前菜は、赤ピーマンの細切とイカのマリネ、タコとジャガイモと玉ねぎのマリネ、一口芋コロッケと肉団子、ムール貝のフリッタータ)でした。タコもイカも柔らかくてとても美味しかったです。ムール貝のフリットは、卵とパン粉、パセリを混ぜたものを、殻を片側取り除いたムール貝の貝の上に流し込み、パン粉とニンニクのすりおろしを上にかけたものをオーブンでカリッと焼き上げたものです)
セコンドには、アントネッロは魚介のフリット、私はサラゴと呼ばれる鯛を薄くしたようなお魚の網焼きを頼みました。フリットも美味しかったけれど、特に身がしまったサラゴは絶品でした。
洗練されたレストランではないのですが、新鮮な魚を食べるのならお勧めのトラットリーアです。この後、レモンのソルべとコーヒーを頼んで、料金は二人で45ユーロ(一人あたり23ユーロ)でした。観光地なので、格安!というわけではないけれど、フィレンツェのレストランの相場からすると半額です。


f0106597_2232320.jpg
f0106597_224877.jpg



生ムール貝を売る魚屋さんは夜遅くまで繁盛。
アントネッロも、来年は、是非、ガッリーポリに2泊くらいして、ゆっくりとこの周辺を周りたいねと言っていました。
プーリア編はまだまだ続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-08-20 22:07 | ユキちゃんと海2006 | Comments(4)

ガッリーポリの夕陽

f0106597_16181393.jpg
昨日、夏休みを終え、フィレンツェに戻ってきました。
(ここ3日間に、メインサイト「ラ・カーサ・ミーア」へお問い合わせを頂いたお客様へ:回答が遅れておりますが、今日明日で、順次ご回答をお送りいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。お問い合わせ有難うございました。)

まだまだ、プーリアで撮りためた写真があるので、しばらくはプーリア編を続行します。
今回の旅行は、アントネッロの家族と海の家でのんびりすごすのが目的だったのですが、1日くらいは、3人でどこかに行こうということで、イオニア海沿いの小さな町、"Gallipoli"(ガッリーポリ)に夕陽を見に行きました。
ガッリーポリは海に突き出た半島で、徒歩30分程で1周できてしまう小さな町ですが、夏場は観光客で一杯になります。


f0106597_1625560.jpg
f0106597_16253451.jpg


このように、海側に沿って、夕陽を見ながら散歩をすることが出来ます。
漁港なのですが、そのすぐ隣には、無料海水浴場もあります。船の間から見える水の透明度はかなりのもの。上から、海底が見えます。


f0106597_16283092.jpg
f0106597_16304447.jpg



ユキちゃんとアントネッロが見ているのは・・・
イオニア海に沈む夕陽。皆で、見ることが出来て良かったなあ。


f0106597_16325379.jpg
f0106597_16332875.jpg


漁港の近くには魚市場があります。午前中は、とても賑やかです。
午後は、生のムール貝を食べさせてくれる魚屋さんが繁盛しています。レモンをかけてツルッと食べるムール貝、美味しい~。


f0106597_1636585.jpg
f0106597_17392769.jpg



ガッリーポリの町並みをちょっとご紹介。
写真右は要塞です。


f0106597_1638678.jpg
f0106597_1639655.jpg


こんなカラフルな教会が、小さな町のわりに、たくさん建っています。皆、海に向かって建てられているのは、漁船の無事の帰りを祈ってのことなのでしょうか。


f0106597_1641166.jpg
f0106597_16415785.jpg

これは、伊勢海老を釣るためのワナ。餌につられて籠の下部から入った伊勢海老は中から外に出ることが出来ない仕組みになっています。それにしてもこんな巨大な籠で、どんな大きな伊勢海老が獲れるのでしょう(笑)。家の入り口で、この籠や、漁船の網を繕う漁師を見かけ、観光地化されたこの町が、まだまだ漁港としても成立っている様子を垣間見ることができます。

お散歩を終えた私たちは、ガッリーポリのトラットリーアで夕食を食べることにしました。
何を食べたかというと・・・
次回のアップをお楽しみに(引きずるっ)♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-08-20 16:55 | ユキちゃんと海2006 | Comments(16)