フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
11月14日チェックインでポデーレベッチの空室状況をお問い合わせくださったお客様(1名様)、ご送信いただいたアドレスにお返事を送信した所、戻ってきてしまいました。
お手数ですが、もう一度、正しいメールアドレスまたは別のアドレスで再度ご連絡をいただけますよう宜しくお願いいたします。

また、12月のアパートメントホテルピッコロの空室状況をお問い合わせくださったお客様も、大変お手数ですが、お問い合わせメールを再送していただけますようお願いいたします。
# by lacasamia3 | 2006-10-24 22:11 | お知らせ

お山に帰りたい・・・

f0106597_17342148.jpg
毎日イベント続きで楽しい日本滞在もあと残すところ6日。ここ数日は、寝る前などにチラッと、「ママ、バッボ(パパ)の所に帰りたいなあ」とか、「叔母ちゃんの家は楽しいけれど、山のおうちに帰りたいよう。」と言う様になりました。まだ、何日間という時間の感覚がわからないために、「後いくつ寝たらね」と言ってもあまり判らず、「クリスマスは山のおうちだよね」と私に確認したりします。2日おきにアントネッロに電話をしているユキちゃん、ミッキーに会ったことや沢山のプレゼントを頂いたことなどを電話で伝えています。

さて、ユキちゃんにとって日本で珍しかったことは・・・
玄関で靴を脱ぐこと。はじめに泊った叔父の家では、気がつくと廊下を靴のまま上がりこんでいました(笑)。それから数日は、玄関で靴を脱いだことを忘れてしまうのか、たまに思い出したように、「くつは何処だっけ?」と探します。

あとはお風呂。後炊きできるから、いつもホカホカの日本のお風呂はたいそう気に入ったようで、一日に3回もお風呂に入っていました(笑)。

それからキャラクター物。工事現場の囲いにもウサギの絵が描いてあったり、看板にも色々な動物やキャラクターの絵が描いてあって大喜びです。

NHKのおかあさんと一緒も毎日見ています。「夕方クインテット」や「ラーメンの歌」は歌えるようになりました。一番好きなのは「でこぼこフレンズ」なんですって。「日本語で遊ぼう」も真剣に見ています。


私が久しぶりに戻ってきて驚いたのは、ニュースステーションが報道ステーションになって、メインキャスターが久米宏から古舘伊知郎なったことかなあ?


f0106597_17495753.jpg
夕食は、母の手作り和食ごはん。コレが一番美味しいです。ユキちゃんも和食大好き♪わかめとキュウリの酢の物が大好きなんですよ。

秋の美食を満喫しています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-10-23 17:52 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(24)

子供の未来

f0106597_11105847.jpg
日本に戻ってきてびっくりしたのは、子供たちにかかわる悲しい事件が沢山起こっていること、小学生でも塾通いをしていることです。色々複雑な要因があるのだと思います。
驚いたのは、電車の吊り広告として掲げられていたある雑誌の見出し。「子供を元気にする生活習慣、テレビのないリビング作り」と書いてあり、それを読んだ時点では、「ふ~ん、最近はこんな新しい考え方も出てきたんだ~、良いことだなあ」と思っていたのですが、その隣に書いてある別の記事の見出し(同じ雑誌です)には「偏差値アップ、有名私立校に入るテクニック」などと書いてあります。結局そこなのか・・・。どんなに情操教育、子供の持っている力を伸ばそう!と言っても、最後は大学進学→会社就職という系図が立ちそびえているようです。そのレールに乗りたくない子はどうしたらよいのでしょう?


f0106597_11114818.jpg
イタリアにも子供たちの教育現場ではさまざまな問題はありますし、いじめだってまったくないわけではありません。ただ、イタリアには決められた人生のレールの様なものがないというのが大きな違いだと思います。大学進学をする子供はごく一部で、他の子は家業を継いだり、専門職を学んだりします。就く職業も様々、小さな自動車の修理工場で働いたり、一生お店の店員をしている人だっているし、ウェートレスだって、皆職業として誇りを持って働いています。イタリアの平均的家庭の殆どは貯金なんかないけれど、不思議とハッピーなんです。毎日の生活は決して豊かでなくても、家族との時間を大事にしながら、穏やかに生きて一生を終える幸せがイタリアにはあります。日本でもこうした小さな幸せはあるのだと思いたいのですが、難しいのかなあ?

以前、アントネッロが私に言った言葉があります。「子供は無限の可能性を持っているんだ。誰も子供の将来の夢を邪魔しちゃいけないんだ」って。日本のこうした大学進学の系図は子供の将来の選択肢をすごく狭いものにしてしまっているのではないでしょうか?

最近、ユキちゃんを連れて近くの公園に行きました。ここはかなりの広さがあり、アスレチックもあるので、近くの幼稚園の子供たちも大勢、先生に連れられて、遊びに来ていました。元気はつらつで遊ぶ子供たちを見ながら、大人がこの子たちの自由な未来を守ってあげなきゃって思いました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-10-23 11:13 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(22)
f0106597_1134370.jpg
九州で父の七回忌を済ませた後は、飛行機で東京へと移動しました。私たちはそのまま私の実家へと帰らず、向かった先は浦安。私の実家は東京の近郊にあるのですが、今回、母からユキちゃんへのお誕生日プレゼントとして、ディズニーランド1泊2日が用意されていたのです。
まずは、ホテルに車と荷物を置いて、ミッキー型の窓が付いた電車に乗って夢の国へgo!
いや~平日にも関わらずすごい人でした。プーリアのサファリパーク付属の遊園地しか体験したことがなかったユキちゃんにとって、東京ディズニーランドはまさに夢の国でした。


f0106597_1193779.jpg
f0106597_1201571.jpg



いつも、夢見ていた世界が現実に!ユキちゃん大興奮です。やっぱり4歳くらいになると、こうした遊園地の楽しさが判るようですね。


f0106597_1222754.jpg
f0106597_1224925.jpg



人気のアトラクションは皆100分待ち!ユキちゃんは、まあまあ空いていた「空飛ぶダンボ」や、「アリスのティーパーティ」などで楽しんでくれたので、ちょっと安心。「プーさんのハニーハント」にはとりあえず予約を入れ、なるべく混んでいないアトラクションを探しました。


f0106597_1274029.jpg
f0106597_1313123.jpg



写真左:ユキちゃんがとっても気に入ったのがコレ、シンデレラ城の中のモザイク。誰も見ていない中、じ~っと観察していました。とっても綺麗なんですよ。

写真右:かなり待った割には、私たちにとってはちょっと期待はずれだったのは「ミッキーの家」。でもユキちゃんは、「ミッキーの家に遊びに行った」と信じていて、夢にまで見たミッキーに会えてとても嬉しかったようです。毎日、寝る前にミッキーの漫画を読んでいるから、本物に会えるということは、ユキちゃんにとってすごいことだったんでしょうね。ユキちゃんがミッキーのホッペに熱~いチューをしたら、ミッキーがクラクラしてくれました(笑)。


f0106597_145107.jpg
f0106597_1453456.jpg



今回、一番ユキちゃんが気に入ったのが、パレード。ハロウィーンの季節だったので、ハロウィーンパレードがありました。ユキちゃんは、叫ぶ、手を振る、踊りまくる・・・母も私もユキちゃんの喜びようにただ唖然としていました。


f0106597_147545.jpg
f0106597_1552383.jpg



そして、エレクトリカル・パレードも。馬車に乗ったシンデレラは、やっぱり女の子の憧れですね。


f0106597_1501429.jpg
たっぷりと楽しんだディズニーランド。私と母は、ド~ンと疲れましたが、ユキちゃんが喜んでくれたので良しとしましょう。今回、アントネッロがいないときに連れて来ておいて良かったと思いました。混雑と人工的な空間が苦手な野生動物のような人なので(笑)。
夢のような2日間をプレゼントしてくれたおばあちゃんに感謝して、ユキちゃん、次回は自力でいけるようになったらね♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
# by lacasamia3 | 2006-10-22 01:21 | ドキドキ日本滞在記 | Comments(35)