フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_05453515.jpg

今年のカーニバルは2月26日。2月に入り、フィレンツェの街中のバールやお菓子屋さんでは、カーニバルの時期にしか食べられないお菓子、スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナを見かける様になりました。
今年は、ちょっとあちこちのスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナを、食べ歩いてみたいと思います♩
f0106597_05490141.jpg
フワフワに焼き上げたオリーブオイル入りのスポンジにパウダーシュガーが降りかけられたシンプルなお菓子です。クリーム入りとクリームなしがあって、ここはクリームなし。普通に美味しい。
斜めにすると一気にパウダーシュガーが落ちるので、水平にしながら食べる必要があります(笑)

Pasticceria Querci Vieusseux
Piazza Vieusseux 2R, Firenze

f0106597_05553202.jpg

ココは、スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナの「高さチャンピオン」に選ばれた、お店、ルアーナ。フィレンツェの市内と空港の間にあります。
いや、この高さ、口に入らないですから(爆)。クリームも濃厚で甘過ぎず、生地はフワフワ。砂糖まみれになりながら食べる価値アリです。クリームなしは既に売り切れていました。両方食べたい人は、昼前に行くべきだと思います。
f0106597_05581309.jpg
お洒落系のバールが増えている中で、ココは頑固に昔ながらの店構え。
f0106597_06003410.jpg

サッカーチーム、フィオレンティーナの選手の写真がベタベタ貼ってあって、お客さんの話題も勿論、サッカー。
テーブル席なんて言う素敵なものはなくて、カウンターに張り付いて食べるのですが、ここのスキアッチャータは、やはり別格だと思います。お菓子好きの方、コテコテのバールの雰囲気を味わってみたい方は是非ここまで足を伸ばしてみて下さい♩(私は、娘の高校の保護者会の前に寄ったのでした)

Bar Luana
Via Benedetto Dei 4, Firenze

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2017-02-04 06:05 | フィレンツェの美味しいお菓子 | Comments(1)

元気でーす

f0106597_05124555.jpg
ギャッ!

我が家の14歳は、毎日元気で学校に行っています。
高校一年って、結構、微妙で、それぞれかなりの専門に分かれたから、この4ヶ月程で自分にとって果たしてこの分野が合っているだろうか?と悩む子もいるようです。合わないと思ったら早めに変えるのが得策。理数系の高校のユキのクラスでも1人、数学が苦痛になり、美術アカデミーに転校した子が居ました。それぞれ本人次第ですが、見ていると、途中でやめても、途中で入って来ても、それ程、その後には余り影響はないようです。大事なのは自分が何をしたくて、自分にとって一番良い環境は何なのか・・・。
そういう意味では、数学が毎日ある今の高校のカリキュラムは、ユキには合っている様です。

友達も沢山出来て、毎日が楽しそう。
最初の数ヶ月は、帰りの電車やバスを間違えちゃったりしていたけれど、最近はそんな通学にも少しずつ慣れたようで、ちゃんと帰って来る様になりました(笑)。

引続き、頑張って下さい!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





# by lacasamia3 | 2017-02-03 05:33 | イタリア中学生日記 | Comments(0)
f0106597_16295146.jpg

昔、イタリアに住み始めて数年間「イタリアのカボチャって不味い」と言っていました。今思いかえすと、美味しく食べる調理法をしらなったんだなあ〜と反省します。確かにイタリアのカボチャって、甘くないし、水っぽくて筋っぽくて、日本の様に煮るとべちゃべちゃして美味しくない。ホックリ煮えません。でも、イタリアにはこのカボチャを美味しく食べる調理法があるのです。
1個買うと巨大なカボチャ。一度切ってしまうと冷蔵庫に入れていても、早く悪くなってしまうので、欲しい分だけ八百屋さんで切ってもらいます。

f0106597_16333719.jpg
ローシーズンに7泊以上でアパート滞在をして下さるお客様へ、無料で、市場にご案内していて、先日、ご家族で来てくださったお客様とサンタンブロージョの市場に行って来ました。楽しかったー。小さいお子さんが居ると、周りの市場の人たちが、お店の人もお客さんもやいやい声をかけてくれるので、温かい気持ちになります。
ぐっすり寝ていた子を見て「あ、寝てる♩」、「あ、起きた♩」とか(笑)

八百屋さんのおじさんに、カボチャ、切ってもらいました。
f0106597_16363170.jpg
さて、このカボチャ、皮は食べられないので切り落とします。見た目メロンみたい!
味は、甘みはなくて、どちらかと言うと少しだけ塩気があるので、調理する時には塩加減を注意しなくてはいけません。

f0106597_16381446.jpg

作ったのは、プーリアの義母さんから頂いたレシピ。
パンチェッタを小さめに切って、別のフライパンでカリッと炒めて、皿にあけておきます。同じフライパンで、角切りにしたカボチャをじっくりと炒めます。
途中水を加えて、煮崩れするくらい煮込みます。パンチェッタも途中で加えます。
最後に、茹でたパスタに絡めて出来上がり♩

今回は全粒粉パスタのペンネで作りましたが、このパスタを作るとき、義母さんは、ピーペというグルンとカーブしたパスタを使います。
パンチェッタとカボチャが結構合うんですよねー。日本のカボチャだと甘くなり過ぎそう。でも甘くない、美味しくない水カボチャに当たってしまったら、ベーコンを使ってこのパスタにすると良いと思いますよ。

今朝はこれから久しぶりに水車小屋のパン焼きに行ってきます!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2017-02-01 16:43 | トスカーナの美味しい食材 | Comments(3)
火曜日の午後、学校帰りのユキと、ユキのお友達Aちゃんを連れて、フィレンツェの映画館で「君の名は」を見て来ました。イタリア名は、Your Nameです。午後の早めの時間だったのに、満席!イタリアでは3日間限定上映だったからかも知れませんが、凄い人気でした。映画館のすぐそばにフィレンツェ大学があるからか、殆ど大学生。男女半々位でした。
冒頭、新海誠監督自らのメッセージがあり、いきなり「イタリアの皆さん、こんにちは!」と吹き替えではなく肉声+字幕でのメッセージがあり、ちょっと感激。
内容は、甘酸っぱい淡い懐かしい気持ちにさせてくれる、不思議な物語です。東京の様々な懐かしい街角が沢山描写されていて、見覚えのある場所も。(あ、でも「バスタ新宿」は初めて見ました・笑)
ユキは、東京も飛騨も、両方の風景描写が素晴らしかったと言っていました。あと、「キスシーンがなかった」(苦笑)と。
イタリアは吹き替えが一般的なので、この映画もイタリア語吹き替えになっていました。普通は、映画の途中でブチッて切られて、休憩が入るのですが、今回は休憩なしで一気に見られたのが良かったです。

「アニメ」と一言ではくくれない、総合的な素晴らしい作品だと思います。音楽も良かった。挿入歌は全部日本語でした。
最後、エンディングが全部流れきるまで誰も席を立たなくて、全て終わったら、映画館中、大拍手でした。

新海監督、イタリアでも好評でした。少なくともフィレンツェでは。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2017-01-30 06:25 | イタリア中学生日記 | Comments(1)