フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

f0106597_06194133.jpg


昨日は、アパートのチェックインの前に時間があったので、ミケランジェロ広場のそばにあるアイリス庭園を訪れました。
毎年、4月半ば〜5月半ばまで開園しています。今年は5月20日まで。

ここは、イタリア・アイリス協会が運営していて、毎年、アイリスの品評会として、この庭園を無料で解放しているのです。

f0106597_06211024.jpg
昨日はメーデー(イタリアは祝日なんです)だった為に、多くのフィレンツェ人が家族で訪れて、とても賑わっていました。
余談ですが、日本はメーデーは祝日じゃないんですね。すっかり日本も休みかと思っていました。

f0106597_06231871.jpg

さて、ここの庭園の楽しい所は、美しいアイリスをオリーブの木の下で愛でることができるという所だと思います。

f0106597_06265030.jpg
アイリスはフィレンツェのシンボルである花。ジーリオ(百合)とも呼ばれるフィレンツェのシンボルですが、実際には、フィレンツェ周辺に自生しているジャーマンアイリスのことなのだそうです。
市の警察から、市役所など、あらゆる市の施設や団体のマークとして使われています。

f0106597_06310338.jpg
品評会なので、世界中から集められた珍しいアイリスが並んでいました。
このアイリス、ちょっとあせた感じの色合いが素敵でした。

f0106597_06342548.jpg

花菖蒲も植えてあるようで、これからが楽しみです。

帰る時には是非、募金箱に有り難うの気持ちを込めて、数ユーロ入れてあげて下さい。
殆どボランティアによって管理されているので、なかなか大変な様ですが、「今年も綺麗なアイリスを見せて頂いて有り難う」の気持ちを込めて、私も少し寄付をして来ました。

アイリス庭園
Piazzale Michelangelo (ミケランジェロ広場の右横に入り口があります)
10:00-12:20 / 15:00-19:00 お昼休みがあるのでご注意下さい。
入場無料ですが、入り口に募金箱があります。
5月20日まで開催されています。


たびねすで、以下の記事をアップしました。
宜しかったら読んでください。写真は、去年、母と、母のお友達Tさんと一緒にチンクエテッレの遊覧船に乗った時のものです。楽しかったなー。





気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2017-05-03 04:11 | フィレンツェという町 | Comments(0)
昨日の「相談事」への沢山のアドバイス有り難うございました!!
ブログって顔は見えないけれど、こうして皆さんに親身になって頂けて、ほっくりと温かい気持ちになりました。感謝です。

結構同じ悩みを抱えていた方の体験談や、色々解決しながら折り合いをつけながら、立派に大人になられているお話を読んで、どんなアドバイスが出来るかちょっと判った様な気がします。彼の周りは、ガッチリ仲の良い友達が固めていて、あーでもない、こーでもないって、かなり良い意味でおせっかいに(笑)アドバイスしている様です。

入学式の翌日にすぐ仲良くなったE君とユキは、毎朝、他の友達とも一緒に、フィレンツェの中央駅で待ち合わせをして、同じバスで学校に通っています。たまに私が仕事で学校の近くに車で行く時、「車で直接学校まで送って行くよ」って言っても、「友達と待ち合わせがあるから」ってわざわざいつもの列車でフィレンツェに行く程、彼女にとって、行きと帰りの通学路での友達との時間は楽しいものみたい。「彼氏?」って冷やかしたら、真面目な顔して「ううん、大事な友達」って言ってました。


f0106597_02142431.jpg
昨日はピカーンとこんなお天気でした。
私はワシワシと畑。一日中外に居て、かなり光合成したと思います(笑)

ベンチの上ではユキも光合成中。

f0106597_02090337.jpg
キッチンの横のモッコウバラの花が咲きました。
毎年花の数が増えるので、これからが更に楽しみです。

f0106597_02202409.jpg

夜はアントネッロ作のラビオリ。
ラビオリにはリコッタチーズとほうれん草が入っています。そして、見て、見て!余ったパスタは長く伸ばしてタリアテッレにしちゃった。そして一緒に茹でて、ラビオリと一緒にソースに絡めて、盛りつける!
えー、こんなことして良いの?邪道じゃないの?って思いますが、イタリア人がやっているので、これもアリなのでしょう。

レストランでは絶対出て来ない一皿(笑)。美味しかったです♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2017-05-02 02:29 | 山の食卓 | Comments(0)

相談事

我が家では夕食時に結構色んな話をするのですが、昨晩、晩ご飯の時に、ユキが私たちに、あることを聞いて来ました。
親友のE君のこと。

凄く勉強が出来て、友達同士でも明るく何でも話せるE君なのですが、先生に指されて、皆の前で口頭試問をさせられると、全く答えられなくなっちゃうんだそうです。後で聞くと、バッチリ正解を言えるのに。
友人同士だと、普通に喋られるのに、先生の前だと(特定の先生ではなく誰でも)、もしくは大勢の人の前だと、緊張して何も言えなくなってしまうとか。イタリアの高校の場合、筆記試験だけでなく、口頭試問も半分の割合を占めているので、何も答えないと落第点を付けられ、筆記でかなり頑張って挽回をしないといけなくなります。

ユキは、何とかE君の力になってあげたくて、もう1人の親友Cちゃんと、色々緊張しない方法を調べているらしいのです。
私もユキも、人前で余り緊張する方ではないので、何とも良いアドバイスが出来ず・・・。

人前で緊張しない方法。
もし何か良いアイデアがあったら教えて下さい♩

# by lacasamia3 | 2017-05-01 05:33 | イタリア高校生日記 | Comments(36)

田舎と都会

f0106597_05330969.jpg

今朝は、水車小屋でのパン焼き当番でした。
シルヴィアと二人でお喋りをしながらパンを捏ね、窯に火を入れるのは楽しい♩

f0106597_05355214.jpg

最近は真冬と違って、パンの発酵のスピードが速いので、作業がはかどります。早めに終わって休憩していたら、丁度良いタイミングで、水車小屋のジョヴァンナさんが、「今日はお昼食べて行く時間あるでしょ?」と声をかけてくれて、暖かいお豆のパスタを持って来てくれました。ローズマリーが香り、心に沁みる美味しさの一皿でした。

この後、バスで学校から帰ってくるユキを迎えに村に戻って、家に連れて帰り、今度はフィレンツェにアパートのチェックインへ。


f0106597_05370617.jpg
今日はアルノ河沿いのアパート、バルディにハネムーンでいらしたお客様が到着されました。
それにしても今日は久しぶりのまとまった雨。田舎的には、恵みの雨ですが、観光でいらしたお客様にはちょっと残念。でも明日からはやっと晴れる様です。

フィレンツェを楽しんで頂けたら嬉しいな。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2017-04-28 05:40 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(2)