フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_02153177.jpg


昨日は久しぶりに、アパートメントホテルピッコロにお邪魔しました。
ここはオーナーさんが日本の方なので、水まわりも館内もとっても清潔で快適なんです(嗚呼・・・この視点、イタリア人に何故浸透しないんだろう)。
イタリア人のアパートの場合、清潔で快適なアパートもあるけれど、値段がグンと上がります。一方、ピッコロは、お値段はリーズナブルなのに、

f0106597_02184159.jpg

ジャーン!バスタブ付き。
そして・・・
f0106597_02174931.jpg
ツインベッド!
フィレンツェのアパート管理会社のスタッフに「ねえねえ、何で日本人は夫婦でもツインベッドを希望するの?」って良く聞かれます。欧米のツーリストは、逆に、ダブルを希望して、しかも、ツインをくっつけてアレンジしたタイプのダブルだと文句が出るそうなんです。だから、ホテルもアパートも1部屋の場合は、離すことが出来ないダブルベッドのアレンジが割と多いのです。

写真には写っていませんが、テーブルと椅子もあり、ソファーもあります。
f0106597_02213771.jpg
勿論、キッチンや冷蔵庫も付いていて、炊飯器まであるのです(嬉)。

今までは、オーナーのKさんが全て仕切っていたのですが、最近、ハーフで息子さんのT君がとても頼もしくなって来て、頑張っています。日本語でとっても丁寧にチェックインをしてくれて、安心。ドゥオーモのすぐそばにあるので、フィレンツェ観光にもとっても便利!

話がそれますが、最近、あちこちで、次の世代の活躍を目にします。
フィレンツェの病院で採血をする看護師も、外科の若先生も、救急車のドライバーも。ちょっと幼い顔立ちが残る若者達ですが、頑張ってる。どうしてもユキと重ねて母親目線で見てしまうのは、歳をとってきたからなんでしょうかねえ・・・。

さ、ご飯作ろう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2017-05-09 02:26 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(7)

f0106597_06392055.jpg

昨日の早朝から急に始まった医療通訳のお仕事で(いつも急ですが)、今朝もフィレンツェに行っていました。
朝からの仕事の時にモチベーションを上げてくれるのが、美味しいカプチーノとブリオッシュのイタリア風朝ご飯。
f0106597_06414438.jpg

フィレンツェ中央市場の近くの、ナポリのコーヒーメーカーと豆を使っているという新しいナポリカフェに行ってみました。
カウンターにはピカピカに磨かれたIZZOというメーカーのエスプレッソマシン(豆も焙煎しているらしい)が置いてありました。カプチーノ、美味しかった♩今度はコーヒーを飲んでみようと思います。
f0106597_06440057.jpg


ふと足元を見ると、誰の犬か判らないのですが、ワンコがピッタリ♩どうやら背中をなでて欲しいらしい。なでてあげると、次のお客さんの所に行ってました(笑)。
働いている人は勿論、お客さんもナポリ人の割合多しで、朝から軽快なお喋りが心地よい、明るくて気持ちの良いバールでした。

MO' SI
Via Nazionale 106, Firenze
フィレンツェ中央駅から、Via Nazionale を進み、右手106番地です。高い天井とモザイク模様の内装が目印。

f0106597_06452550.jpg

昨日から通っているフィレンツェのドゥオーモ近くにある救急病院。
廊下に、アレッサンドロ・アッローリのフレスコ画、「井戸のそばのキリストとサマリアの女」(1577年)。こんな作品のオリジナルが、ピラッと病院の廊下に残されているのが何ともフィレンツェらしいです。

明日からの一週間、頑張りましょう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






# by lacasamia3 | 2017-05-08 06:52 | フィレンツェという町 | Comments(0)

交通事故に遭遇しました

いえいえ、私が事故にあった訳ではないので、ご安心下さい。

今朝、医療通訳の仕事に向かう途中、ちょっと約束の時間よりも早めだったので、ノンビリ歩いていたら、ストロッツィ宮殿の前で、目の前を走っていたマダムのスクーターがバーンと横転しました。私も含め、周辺に居た人が5〜6人がパッと駆けつけました。「痛いっ!」と叫ぶシニョーラの足を見ると、くるぶしから下が、スクーターの下敷きに!皆でスクーターを持ち上げている間に、私が携帯で救急車を呼びました(←結構、得意分野)。イタリアの救急車は118です。
最初に、事故が起こった通りの名前と番地を伝え、状況を伝えて、けが人の性別と年齢を伝えました。意外と早く、7〜8分で救急車が到着したので、ホッ。

どうやら、車を追い越そうとした時に、(マダム曰く)前を走っていた車が横ぶれしたとか。それを避けようとして横転したんだって、激怒していました。車の運転手も、全面的に非を認めた訳ではないけれど、とにかくその場に居て、救急車を一緒に待ってくれました。

救急車を待っている時、怪我をして1人で道に座っているのって、凄く不安で恥ずかしいから、やはり横に一緒に座って話をしてくれる人が居ると少し気持ちが落ち着くと思います。

ようやく救急隊員が来て、テキパキストレッチャーの準備を始めたので、私はそのまま仕事へ。幸い、時間より早めだったので、アポには遅れることなくセーフ。

私も車を運転していて、横をスイスイ抜いて行くスクーターにヒヤリとすることが何度かあります。ホント、車も、スクーターも安全運転が大事ですね。
マダムの怪我が大したことでないと良いけれど・・・

今日のご飯当番は私。一昨日到着されたお客様から三つ葉とごぼうを頂いたので(嬉)今晩は、きんぴらごぼうと親子丼にします♩

# by lacasamia3 | 2017-05-06 01:26 | フィレンツェという町 | Comments(1)
f0106597_04555479.jpg

アイリス庭園で売られていたアイリスの球根を買って来たので、今日植えました。
何色かはお楽しみ♩なんだそうです。楽しみです。

f0106597_04571042.jpg

ラベルが何とも可愛い。アイリスはフィレンツェの花。そんな気負いが感じられる、イタリアアイリス協会のシンボルマークです。
f0106597_04593037.jpg
水車小屋のジョヴァンナさんから分けて頂いたツルニチソウ、イタリア語ではpervinca(ペルヴィンカ)と呼ばれています。
うちの周りには余り咲いていないのですが、水車小屋の周りに沢山咲いているので、分けて下さいとお願いしたら、沢山の苗をちゃんとポットに入れて用意してくれました。
やっと今日、キッチン前の石壁の横に植えました。

f0106597_05050511.jpg
我が家で真っ先咲いてくれた一輪の花。沢山花をつけてくれると良いな。
ツルニチソウは水遣りさえすれば、繁殖力が旺盛なので、一気に増える様です。
f0106597_05101973.jpg
ジョヴァンナさんの寄せ植え。
イマドキのお洒落な寄せ植えではありませんが、良く見ると、今年買って来たばかりの苗を植えているのではなくて、殆どの苗は去年から冬越しをさせたであろう苗。ああ、こんな寄せ植えが出来る様になりたいな、としみじみ思ったのでした。
買って来たお花を寄せるのは簡単だけれど、花が終わっても、大切に冬の間、枯れない様にお手入れをして、春になったら大きな鉢に植えて・・・。そんな花のサイクルが出来たら良いなと思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





# by lacasamia3 | 2017-05-04 05:13 | トスカーナ山暮らし | Comments(5)